2006 2006年6月22日

アリスと宇宙の王子

| カテゴリー:ニュース、散文、創造性|

著者:アンドリュー・別名孤独のファイター

***

第1章

拉致

夕日が緋色のすべての色合いで空を描い差し迫った闇を歓迎しているかのように、雲は、淡い紫色の光を破りました。 近くの山々の鋭い尖塔を背景に画用紙から切り出したシルエットが見えました。


レイズの夕日の光は、溶融金属の床滴にはね、部屋に入って、銀は厚いパイルカーペットに絡まっ。 彼らは黒高担保椅子を照射し、その少年に座って。

小さなテーブルの上には、空気中にハングアップしたように見えました。 それは厳密に定義された角度の光の下に落ちたときにゴーストビッグアルクトゥルスと結晶の単一片から機械加工、それが唯一それらの瞬間に見られました。 大きい程度少なく度 - とカウンターが再び見えなくなります。 今夕日は、火災のエアリングにぶら下がっての印象を与え、1ふたを照射しました。 卓上で、チェス盤を築く姿が立っていました。 暗く半球マーチングコンピュータ端末の端に。 部屋の残りの部分は、広大な闇が落ちる隠しました。

少年の顔に疎外のスタンプを産みました。 彼は精神的にどこか別の場所だったように。 彫像のように動きません。 しかし、瞬間後に、すべてが変わりました。 ファイン手はE2でB5に電光石火の速黒司教で移動し、ボードの上に飛びました。 私は凍りつきました。 nalilsya激しい黄色の前にF3緑色の光に白のポーンの上。 議事。 そして、ソフト電子音声は言いました:
- マタイ2に移動すると、殿下を通じ。

彼はかつてスペクトルシフトインジケータを観察し、その前にそれを知っていました。 構築していますだけでは因果関係の連鎖を脳を訓練し、結論を出します。

少年は椅子の背にもたれかかりました。 彼の顔は感情のわずかな痕跡はありませんでしたが、12、地球の歳でストア派のようなビットが存在することになります。 彼は秘密を望んでいます。 必要があります。 そして、彼はそれを解決します。

タッチセンサーを指。 影は静かに部屋の係員にマテリアライズド。
- すべてが準備ができていますか?
- はい、殿下。 グリッド上の船、チームがあなたの命令を待っています。
- 始めましょう。

他の誰かが王子の最後の言葉を聞いていた場合、私は彼らが発話された驚きのトーンをしています。 老人が言ったようにそれは疲れて慎重に隠されたと言葉で表せない憧れを感じました。

係員は、お辞儀をし、すぐに左に。

サニーバニーは慎重に、偏光のカーテンの間に亀裂を通ってはった毛布を駆け抜けた、彼の頬を滑り落ちて、最終的には鼻の上に落ち着きました。 アリスは、くしゃみや目が覚めました。

バケーション。 そことして、古い子供の歌で - 世界の8番目の不思議。 誰がより良いが、彼女の休暇のため - Kosmozoo、古生代と時間の研究所内のケースのバックログに対処する能力。 それは、すべての後、フリーランス美和、(特に冒険のための)経験を持つ生物学者です。

体操の複雑な、さわやかなイオン化されたシャワー、朝食。 フリップ色の「海の波は、「窓の外にぶら下げました。 暖かい夏の空に軽快なマシンねじ、ああ、若者、そして、快適な椅子に座って - ア​​リスは首を横に振った家事フィールドをやって、敷居を飛び越えました。

半日はあっという間に過ぎ。

王子は夜が好きではなかったです。 闇がアウトラインを隠蔽すると、すべての周りに彼らの暗い天蓋を隠し、思い出を復活させました。 むしろ、漠然とした断片は、彼自身注意深く隠し恐怖と混合。 王子は無関係な思考に気を取られないようにしようと、懸命に動作するように。

王子はスリープせずに長い時間を持つことができます。 だから、彼の部屋の窓は常に明るく輝きます。 その洗練された脳はほとんど残りを要求しました。 しかし、たまにあっても、このような完璧な脳が疲れて時間が来ます。 そして毎回恐怖はこの瞬間を待っていると王子。 彼は、水のように眠りに切断をダイビングしたかったです。
彼らが来たとしてしかし、それは強大なセルフコントロールを弱めるには十分でした。 ビジョン。
太い、物理的に目に見える青色の光はすべてを浸水、輪郭を隠し、すべてのものに浸透。 ライト運ぶ痛み。

時には青色の壁があるブラックホールだった、と脳王子はまばゆいばかりの白い矢印を刺しました。

ダブル青色光オフから、その後、王子は黒の惑星を見ました。 それは、宇宙の背景を参照することはほとんど不可能だった、星のスペクトルのわずかな歪みが彼女の存在を裏​​切りました。 惑星は小さな、ほとんど消滅茶色の星を中心に展開。 彼女のシステムに加えて、2つのファンブレードのようなガスと塵の雲、そして珍しい小惑星帯でした。

それはゴーゴリ大通りに向かって、他の車の流れの中にスライドさせフリップ。 フル太陽の下ではなく、自動車の室内のローストは、草原の香りで満たされ、活発な風​​を歩きました。 ソフトな音楽を注いだスピーカーから - ラジオ「レトロ」は「地球熱」Artemyevを可決しました。

アリスは事も無げ。 この夏は、彼らパシャGeraskin、Arkasha Sapozhkova姉妹ホワイトは太陽系を超えて、自分の遠征を計画していました。 ゴール - 2番目の惑星イプシロン肥満。 そこでは、スカウトの生物学的探査の報告によれば、サイズではなく、動物「群れ」または「群れ」の共生構造に巨大な遺跡を発見されました。 厳密には、一見意外な何も話していません。 これらのタイプの生物学的構造は、広大な銀河には珍しいことではありませんでした。 例えば、同じ活気のある星雲してください。 しかし、そのような「hyperorganisms」の存在について知っている事、そして全く別 - それらを参照するには..

MIVeでアリスは、ポータブルキャビン授業時間の「マイクロ」(アカデミーペトロフの助けを借りて)同意することができました。 これらのキャビンは200年になっての最大の「深さ」を与えられました。 しかし、この遠征は十分でした。 レポートのスカウトによると、地球上の生命が消えた百年前、120非常に迅速に(もちろん、それは地上の年であった)、と。 遠征の目的は、この謎を解明することで、あなたが幸運なら - Kosmozooにコピーを提供すること。

もうすぐ誕生日であること教授Seleznev、とアリスは父親への異常な贈り物を作りたかったです。

船はほとんど見えませんでした。 唯一の非常に丁寧な目は、空気のわずかな歪みに気づくかもしれないが、それに気づいたことのある人は、暑い6月の日にすべてを帳消しします。

船長は待っていました。 尾部に3回目のトラッキングモジュールは、目標であったが、傍受はまだできませんでした - あまりにも多くが地元の目撃します。 強制遅延ドキッと船長。 古い海賊は個人的にすべてを行うことを好む、Intellectronicsを信頼できます。 そして今、彼は静かに彼の使用人のためのBinkの遅さを呪いました。 Binkのは、より多くのBink - 基本的な知的ニューロコンピュータは、コンピュータ技術の最後の言葉でした。 それは巨大な力 "脳"を形成し、人工ニューロンをベースにしています。 性能面では、すべての既存の電子の量子コンピューティング・システムを超え。

レディ信号は、窮屈なキャビンに発音されます。 シンキャプテン軽快な指はコントロールボタンを駆け抜けました。 船は、空間に静止しホバリングする前に、50度の角度で急降下、ダウン急い。 暖かい夏の空気中にねじ込みます。 地平線上にモスクワの超高層ビルの増加となりました。

シェルフリップは、部分偏光であったので、アリスはすぐに日をカバー影に注意を促したしませんでした。 そして、それは遅すぎました。 急速な輪郭を持つ小さな黒い船が彼女のフリップ上で推移しました。 平底接合フォアグリップ、グラブフリップから、彼らが開いたハッチから彼をドラッグ。

船が右厚いトラフィックに(より多くの無効迷彩フィールド)をマテリアライズドときフリップやチラシを敬遠しました。 リモートコントロールルームに赤い危険信号を光りました。

ブルー "ダンベル"ダブルフリップ警察は船を傍受する急ぎました。 電磁避雷器のショット - 空に明るい虹を勃発しました。 抜け穴の応答では、レーザ光を点滅開かれ、警察はゆっくりと、落下半分にバラバラと銀の泡が緊急着陸をラップ反転し始めました。 船は白っぽい飛行機雲を残して、垂直に立ち上げられました。

過負荷およびコースの急激な変化の開始時に重力シールド省乗組員を装備したすべての近代的な宇宙船。 クルーズの間、画面には重力の垂直力ボードに保ち、重力の発電機として動作します。 そうアリスはわずかしかシート慣性に押圧されます。

私たちは外に出なければなりませんでした。 壁のフリップは、暗闇の中をぽっかり丸い穴を売却しました。 アリスは、椅子の下に手を入れた長方形の箱NZを発見しました。 このボックスには、不測の事態が発生した場合の航空機の各ボックスの一部でした。

アリスは、箱を開けて、インストルメントパネルの薄明かりの中で薄い細長い棒を発見しました。 pereschelkivatを持っていなかったスイッチに触れて - ちょうどあなたの指をスワイプ。 明るい光が目を打ちました。 アリス少数のタッチが明るさと分散を調整し、フリップの外に出ました。
、両方向に延伸狭く、高部屋は暗闇の中で迷子に。 ラグド金属壁、引き裂かれた断熱材は、その下に見えるリブです。 そして、それは寒かったです。 アリスが円形にランタンを取った、輝度が増加しています。 光の淡いスポットが、バルクヘッド上をスライドハッチを強調しました。

手順は、部屋全体に響き渡る大声で。 床は、地質調査、標識いくつかの容器が散乱しました。 アリスは、ハッチに来て輝いていました。 リモコンが壊れていました。 それは近距離でのショットのように見えます。 アリスは、緊急時の開放レバーを取り上げた左に引っ張りました。 誰がハッチを開けなければならなかった油圧。 このようなシステムであっても、古い潜水艦に使用されています。 しかし、理解不能plaintively croaked何かのための信頼できるメカニズムは、設計、おそらくおそらくに幸せが、私はできないであろうことを意味します。 その後アリスは微妙なヒスを聞きました。 懐中電灯の光がクラブ密な黄色がかった煙を泳ぎました。 鼻の中に彼の喉にロックされ、甘い香りを打ちます。
- ガス!

アリスは、フリップが立っていた場所からダーツ。 しかし、暗闇の中で、何かが点滅し、その後こもっ爆発をthumped。 炎はほとんどありませんでしたが、圧縮空気ブラストのタイトなクッションは地面に彼女をノックしました。 レイズアリスはできていません。 意識はほぼ瞬時にオフになっています。

第2章

RANGE

最初のアラームがパシャを獲得しました。 彼は生物学的な駅でアリスを待っている時間がありました。 彼の言葉の男としてアリスを知って、彼は彼女がワンダラーズまたはドラゴンの途中で出会ったの痕跡を探すためにオフ冥王星にあったことを信じて準備ができていました。 しかし、その目的の理由。 アリスは忘れることができませんでした。 ていないので、それは人です。

何もすることがなかったので、パシャは、テレビ(音声制御で実際にホログラフィックプロジェクター)がオンし、ニュースを命じました。 彼はゴーゴリ大通りとZnamenkaの驚きパシャ交差点を示し、画面を壊しました。 空には何のフリップはありませんでした。 ホット金属は、夏の空に輝いていた「-layers。」 カメラが下に移動 - 地面に市警察の青い制服を着た男性作業します。 彼らは、解説者の声を聞きました:
- ...未知の船は、ボード上のフリップを取りました。 それ自体が前例のないイベント! 暫定版によると、それは古典的な誘拐しました。 調査はInterGpolに転送される可能性があります...

5秒後Geraskinは彼のチラシに逃げました。 誰が免れるされていないの特定の欠点、下で、パシャはトラブルで友達をスローしませんでした。

委員銀河警察Milodarは6分前にデータパケットを受信しましたが、ビッグブランドの状況の分析に接続されています。 彼、「分散コンピュータは、「第二の二十から八と10分の3で答えを与えた、世界で最も強力です。 応答の確認、長官は眉をひそめと個人的用事の副官中尉Zverevaを求めました。 彼は文書から目を取ったことがない、あきらめました:
- 「スリーパー・エージェント」59から3175411のすべての情報を準備します。 「シャイン。「分析グループを接続するには パッケージには、個人的に得られます。 アクセスレベル - 4ゼロ。 すべて。

中尉は、自身がMilodarを監督し、穏やかにそれを置くために、注文があったにも関わらず、質問をするために非自明な、その「スリーパー・エージェント」を使用していなかったので、挨拶と注文を実行するために行ってきました。

アナリストは、「グリッター」は、通常予備として保持され、その「ナイト」、の観点から分類が意味する場合にのみケースに接続されている「明白な不可解な奇跡を。」 いずれかのイベントとして定義されている奇跡では、の意味は、古典的なスキームの観点から説明することができませんでした。

薄紫色の空は高く、明らかになりました。 小さい、テーパー屈折紫色の太陽が地平線の上でした。 レインボーバブルキノコは時折ひく、その後、その光沢のある帽子に明るい緋色から深い紫までの範囲、火花を光りました。

アリスは彼の肘上に座っていました。 私は周りを見回しました。 それは文明の兆候は処女のジャングルに囲まれています。 頭痛。 アリスは、特定のポイントを押し、彼のこめかみに触れました。 分後に痛みが治まるようになりました。
それはすべての非常に非論理的に見えました。 まず古いのように拉致、あっても二次元のフィルム、安楽死、今この地球。 海賊はそれをしないでください。 彼らは、またはその場で殺され、あるいはダンジョンのどこかに人質を開催しました。 だから、他の誰か。 しかし、誰? 誰が12年モスクワの女子高生アリスSeleznevaが必要? そして、最も重要なのは、なぜですか?

不確実性がおびえ。 しかし、アリスは、このような状況での生存の豊富な経験となりました。

彼女は方向を選択し、もう一度周りを見回しました。 ジャングルの中を切っ西(アリスのように世界の側面と呼ばれる習慣、太陽が沈むと、それは明らかに地平線の後ろにダイブしようとしている)で明らかに天然由来の空き地。 最初のステップでは困難でした。 心理学的に。 十メートルの後、アリスは、光弾力走行に行ってきました。 私は振り返りました。 東の空はほとんど黒でした。

それは暗くなっていたとき、アリスは夜のために停止しました。 彼女は移動し、暗闇ではなく、「猫の目」とは、エネルギーの大量消費を必要とし、地元の食用の果物やベリーか、アリスは知りませんでしたでした。

内蔵klimatizatoromとtetratkaniからオーバーオールは、安定した環境を提供し、ないより。 救急箱もありませんでした。 それでも、spetsskafない、カジュアルな服装でした。 私が飲みたかっ​​たです。

アリスは気づかず眠ってしまいました。 非常に近いが、柔軟性のあるしなやかな影を点滅としてそれはもはや見られません。 月が死ん光であることを点灯雲の後ろから飛び出し。 牙のtridtsatisantimetrovymiとシックス強い脚、厚い銀の髪と醜い顔。

カジュアルな観察者には、多くの見過ごさ。 彼は、この時点でメタン雰囲気でクアンド川はエネルギー軌道プラットフォーム「シリウス-6」を欠い浸漬し、援助の呼び出しが既に採用されており、救助者が救助に急いでいることを知らない、それは今、過去に人間の心を放送する実験を行っているものを知りませんそれはその瞬間であったことを知らない成功した大手術を終了し、医師がお互いを祝福抑制。

何かについて彼は、ニュースからの友人に伝えるために何かを学びました。 しかし、テレビやKosmonetに乗ったことがないような情報があります。 情報の特別なアクセス。

InterGpolフィーバー。 地球上の5つの億人の人々にとっては感知できました。 それはほんの数を見ました。

Milodar担当者は、レポートの追跡サービスに耳を傾けました。 「SS隊員は、「事実上、二キロシールド南極下長官のオフィスに存在していた - ホログラムの形で。
- 私たちは、ベクトル加速度を計算しました。 しかし、解析範囲のジャンプは確率のtridtsatichetyrehprotsentny変化を与えます。 浮動残留磁界のダイナミクスのレベル。 それは彼らが「ノイズメーカーを "落としのように見えます。
- あなたはあなたの心の外にいますか? - Milodarは顔を歪めて尋ねました。 - これらの技術は、私たちのオフィスでのみです。
「ノイズメーカーは「くまのプーさんという曲、およびポータブル発電機重力波証拠追跡システムをノックではありません。
役員外交サイレント。
- 星は確率のゾーンに入って何ですか? - コミッショナーは言いました。
- 十八星。 これらのうち、11は、惑星を持っています...
- リスト!

追加の画面には、スターシステムの名前、その銀河座標と簡単な説明を持つテーブルを投げ、光りました。

Milodar InterGpolaは月面基地と呼ばれます。

アリスは、飢餓から目が覚めました。 はい、これらの冒険はそれが起きていません。 5〜4であり、砂漠のウサギ、およびアトランタクリーンで、そしてダンジョンの住民;(愛は)他の誰かを意味する(恐れることです - fobofil - - 哲学恐れる愛をフォボス)はfobofilyクモがありました。 それはたくさんあり​​ました。
- 泣き言を停止! - 精神的に私は自分自身にアリスを命じました。

彼女は夜を過ごした大きな木の根の下に空洞の外に登った、ジャンプスーツを横に振りました。 彼が行かなければなりませんでした。

地球の命を救うKosmoflotの第五 - 検索では37救助船を投げました。 bioiskatelyamiとモーション検出器を搭載し、それらがベクトル、算出された追跡サービスのための世界をransacking始めました。 しかし、それはしばらく時間がかかりました。 それは驚くべきかつ非現実的な規模の検索操作は一人のために配備されているように見えるかもしれないが、二十一世紀に、人々は最終的に他人の痛みを感じ、他人の喜びを感謝することを学びました。 だから、彼らの観点から、そのような行動は正当化し、右側のみです。
すべての情報は、南極に本社InterGpolaに流れました。

Комиссар Милодар с каменным лицом выслушивал очередное стандартное донесение, содержащее столь же стандартную информацию – ничего не найдено. Шел уже третий день поиска. Для тех, кто не был напрямую задействован в операции «Чаша Грааля» придумали соответствующие объяснения.

Сигнал срочного вызова вспыхнул на пульте в три часа семнадцать минут по солнечному времени.

Круглое лицо с обширнейшей лысиной заняло раствор главного экрана.
– Приветствую комиссар, – пророкотал низкий, почти в диапазоне инфра, голос. – Кажется, что-то есть.
Комиссар кивнул и приготовился слушать. Руководитель группы «Блеск» Никанор Петрович Симаков обладал редким даром «упаковывать» обширнейшие темы в несколько предложений.
– Судя по всему, кого-то заинтересовали особые способности объекта. По-видимому, этот кто-то напрямую связан с делом «Черный Дракон».
– Рекомендации? – расцепил зубы Милодар.
– Ближайшие сутки «слушать музыку» по вычисленному вектору. Дальше – как обычно. Честь имею, комиссар.

Экран погас. Милодар откинулся на спинку кресла. Интересное получается кино. Нам кажется, что мы управляем событиями, а на самом деле события правят нами. Или за событиями стоит некая сила. Руководит случайностью. Милодар усмехнулся. Снова эта пресловутая случайность. Но картина вырисовывается очень интересная. Как минимум одна заинтересованная сила, проявившая себя открыто. А могут быть и другие. Могут. Милодар вызвал лейтенанта Зверева.

«Слушать музыку» на жаргоне аналитиков означало регистрацию гравитационных колебаний, неизбежно возникающих при прыжке.

Пить. Как хочется пить. Ирония судьбы, умереть от жажды во влажных джунглях. Танталовы муки в космический век.

Алиса медленно шла, все чаще останавливаясь передохнуть. Голод уже не терзал ее так жестоко как в первую ночь и второй день. Можно было, конечно попытаться утолить его плодами местной фауны, но Алиса слишком хорошо представляла себе возможные последствия такого шага. Хоть планета и земного типа, но солнце здесь другое. Несколько иной состав атмосферы – слишком много кислорода. И, как следствие, синие и лиловые джунгли, иной химический состав, ну и дальше по цепочке.

Высокая влажность вкупе с избытком кислорода высасывали силы лучше любых физических нагрузок. Перед глазами все плыло. Алиса держалась только на упрямстве.

Среди деревьев мелькнул просвет. Алиса сделала еще несколько шагов, тяжело привалилась к дереву. Сил не осталось совсем. Наверное, она впала в забытье. Сознание включилось сразу, «щелчком». Алиса огляделась. И увидела это. Комок белесой слизи, величиной с футбольный мяч медленно катился по направлению к дереву. Справа появился еще один. Он держал то же направление. Еще один.

– Местный аналог перекати-поля, – мелькнула мысль. Но то, что Алиса увидела дальше, заставило ее вздрогнуть. Комки остановились метрах в десяти от дерева, к которому прижималась спиной Алиса. Внезапно они начали резко уменьшаться в размерах. Нет, не так. Они начали растягиваться в ширину, уменьшаясь по высоте. Спустя несколько секунд на траве шевелились полупрозрачные полотнища или очень широкие ленты. Края их начала смыкаться, образовывая единую структуру окружности.

Холодок пополз по спине. Алиса оглянулась, то же самое происходило и с другой стороны дерева.

Биомасса начала медленно двигаться к Алисе, заливая собой подножие небольшой возвышенности, где она стояла.

От биомассы исходил кислый запах, от которого першило в горле и слезились глаза. Алиса машинально вытерла их.

Страх обострил восприятие. Сознание работало четко. Перепрыгнуть не удастся, полоса биомассы слишком широкая. Может, когда подползет ближе… А если залезть на дерево?

Алиса подняла голову. Большие, похожие на опахала листья, лениво шевелились на высоте четырех метров. Ствол был скользкий, не уцепишься.

Биомасса подползала. До Алисы оставалось чуть менее метра. Она изменилась, стала серебристой и твердой на вид.

Алиса прикрыла глаза, пережидая приступ головокружения. Пять секунд на отдых, и вперед. Без разбега она одолеет метра три. Алиса напряглась, готовясь к броску. Тонкая, почти невидимая в местном сыром и светлом сумраке, нить огня кольнула биомассу.

グループは、ほぼ同時にジャンプから来たradiozaprosamiを交換しました。 Перестроились. Впереди шли «Глубина» и «Туманность», крейсера охраняли фланги. Позицию в центре занимал десантный транспорт и «Севастополь», который хоть и не был патрульным кораблем, но принадлежал СПАС-флоту, что означало высокий уровень защиты и наличие противометиоритных аннигиляторов большой мощности, что давало дополнительный козырь в случае боевого столкновения.

На мостике «Туманности» шло экстренное совещание. Милодар требовал взять планету в кольцо, сбросить десант и начать широкомасштабную акцию. Карл Кром возражал, ссылаясь на неизвестность точных координат базы похитителей и возможные последствия военного демарша. Неизвестно, сколько бы они еще спорили, но чуткие приборы кораблей засекли выход в евклидово пространство группы кораблей.
Приглушенно взвыли сирены, корабли окутывались экранирующим полем, которое поглощало все виды излучения, делая объекты невидимыми во всех диапазонах волн.

Но финишировавшие звездолеты даже не стали проводить обычную процедуру постфинишного сканирования окружающего пространства. Построившись «журавлиным клином» они устремились ко второй планете системы.

– Семь единиц, энерговооруженность три тысячи Кэр. Сфинктура – девятнадцать и шесть, снижается, – оператор следящих систем умолк. На нормальном языке это означало, что из прыжка вышло семь кораблей неидентифицированного типа, не использующие электронную маскировку. Они оставляли за собой сильный энергетический «след», что свидетельствовало о большой мощности корабельных двигателей, и указывало, что они были гравитационные. А термин «сфинктура» означал степень загадочности объекта и, как следствие, уровень непрогнозируемой опасности.

Кром кивнул и произнес:
– Идем «миганием». Десанту – готовность ноль.

Звездолеты Конфедерации увеличили скорость, сотрясая пространство гравитационными импульсами. До планеты им оставалось идти чуть дольше часа.

Метеослужба планировала сегодня небольшой шторм в десятом квадрате Тихого океана, о чем своевременно были предупреждены капитаны судов. И поэтому никто не заметил мелькнувшее в низких облаках темное тело, вонзившееся в воду почти без всплеска.

Метеорит быстро погружался. Гораздо быстрее, чем можно было бы предположить, исходя из его размеров и примерной плотности. Повышение давления его, похоже, не беспокоило.

Дна он коснулся на глубине одиннадцати километров, в точке, называемой людьми Марианская впадина. Замер, уткнувшись в камень. Но не на долго. Цепочка пузырьков рванулась вверх – метеорит, а вернее уже серо-коричневый шар распался на две половинки. Одна тут же ощетинилась сотнями коротких иголок, выстрелила тонкие, почти невидимые щупы, которые тут же зарылись в ил.

Вторая половинка выпустила из себя мелких существ, похожих на крабов. Те шустро разбежались по близлежащим камням, деловито что-то выискивая.

На поверхности бушевал шторм. Конечно, метеорологи могли бы его укротить в течение получаса, но слишком «давить» на природу было чревато. Поэтому они периодически устраивали «сбросы энергии» в безлюдных местах.

Шторм утих к рассвету. Косые лучи солнца пробили поверхность воды. Но на одиннадцать километров они не смогли добраться.

Юркие «крабы» споро работали, собирая нечто, напоминающее по форме голову кита или носовую часть субмарины. Белого цвета…

Обсуждение закрыто.

時間ウィジェットはによってフラッシュを作成したイーストヨークの簿記係