2012 2012年10月23日

同僚Prul。 パイドパイパー(フィクションの物語)の伝説

発行: |カテゴリー: ニュース散文その他創造性 |

銀河kosmozoologovフェスターのXXVII議会は、地球上に保持されました。 私たちは休憩を取るための作業の最初の3日後、私たちは、世界の観光スポットを見ることができました。 ほとんどの外国人科学者がすぐにツアーバスに乗り込んだが、私の友人、私はすでに満たしていた地元の海洋学者·テンは、別の場所に彼と一緒に飛ぶために私を招待しました。
- 通常、 - 彼は言った - 私たちは観光客につながりません。 しかし、私はあなたがこれを見るべきだと思います。
私たちは、乗客の大陸間ミサイルに座って、2時間は北半球ウェスターに別の大陸でした。 チラシを取って、私たちは、砂漠の海岸に飛んだその上に孤独な荒廃した塔が立っていました。 塔は、その産業性質について示唆している、高かったです。
- それは北の風の塔だ - と彼は言いました。 パイドパイパー市の残ったすべてのこと。
- パイドパイパー? - 私は尋ねました。 - 私たちは、曲を再生したラットの街を取り除くパイドパイパーの伝説があるの世界を持っています。 しかし、町民は彼を支払うことを拒否しました。 その後、彼は再び彼のパイプを取り、すべての子供たちから脱退しました。
- どのようにそれについて知っていますか? - タンは言いました。
- 私は言う:これは私たちの伝説である - 私は言いました。
- 面白いです! - タンは言いました。 - 多くの文明が同じような伝説を持っています。 しかし、我々はそれが実際に起きているという事実。 いずれの場合も、これらのイベントのメモリは、何世紀にもわたって住んで...
私たちは、塔の足に歩きました。 第二の男の子の肩に彼の挙手ランタン休憩で開催されたインテリジェントな高額で高貴に見える男:そう遠くない古代の壁からブロンズの記念碑が立っていました。 少年は颯爽と足離れて、非常に長い管に吹聴します。 ランタンキャンドルを燃やしました。
- この男はパイドパイパーある - タンは言いました。 - 実際に、それは彼の敵に呼ばれました。 と彼の友人や同僚であった子どもたちは、彼は別の名前で呼ばれました。 それは「リーダー」または「コマンダー」を意味する古代死語からの翻訳。 しかし、伝説は、彼はまだパイドパイパーとして来ました。 だから私は彼に電話するつもりです。
とタンは私にパイドパイパーvesterskuyuの伝説を語りました。

...この街と呼ばれるどのようにして、すでに誰も覚えていません。 そして、何世紀も前に、長い宇宙飛行前に、それは非常に大規模で賑やかな港でした。 それは、地元の人々が理解していませんでした時には、このようなすべての海やポートからの船が来ました。 その住民最初の惑星はもっと早く、それが地球の概念であることになっていたよりも、と、電気の秘密を発見した - 明るい輝くライトがあるため市は、海から上がって掃引しました。 そこでも鉄道ではありませんでした、と市は風の塔の四方を見た - 電気で街を供給巨大風車。 これらの塔の上にこれまで4光の海の星座に見えたビーコンを設置しました。 市は、最初のフェスターのトラムに行ったとさえ都市sluhoprovodいた - 有線ラジオを。 風にあまりにも大きな依存度を - しかし、彼らは学んでいない電気自動車を構築します。 十分なこの都市の風、および任意の瞬間に4のいずれかを吹きました。 ウィンディシティ、最初の失われた - そのため、市は第二の名前が登場しました。
ウィンディシティは活発な取引を行ったでは、ポートのブロックはフェスターのために知られているすべての肌の色の人々に会うことができます。 素晴らしい富は、地元の商人や貸金業者の宝庫で沈降、街を流れました。 街の端にある伝説的だった見事な豪華されるの素晴らしい宮殿を、成長しました。 科学と芸術の繁栄、そして科学者や芸術家は、世界中からここに急ぎました。 しかし、1日の満腹感と富は終わりが来ます。
北風のタワーの向かいにあった港では、かつて私は、未知の国の大きな船に入りました。 彼は港の深さが彼のために不十分な証明していることをとても素晴らしかった、と彼は座礁しました。 チームには保存されましたが、誰が彼らのすべてのスピーチの一言を理解していません。 また、救助者は、船員を救出することにしたくないと思いました。 次に、これらの奇妙な人々、そして消えた場所を知っているローカル言語を学んでいません。 市は興奮していました。 船が浅瀬に付着した、港の入り口を遮断しました。 展覧会は困難になったと前年同期比で減少しました。 年々ローカルsybaritesのすべての豊かさを持つ都市の宝庫で船を清掃に取り組むためにお金はありませんでした。 と市は徐々に埃や貧困にシンクしている、唯一の電灯は、かつての栄光の姿に加えました。
それは数十年を要しました。 このような状況を我慢し、港を入力することはできません解放する必要があります減少は、市内の父親が決めたように明らかになりました。 沈没船で彼を調べて、あなたは船を作ることができる方法を決定するためにマスターに送られました。 マスターズは非常にすぐに戻ってきました。 彼らは船が彼らを見て誰であるかのように感じて助けることができないことが主な不満。 そしてチーフは、船のホールドにマスターとダウンのある場所に船で仕事に行きました。 それは「従う者は、「船の死と、過去に大量に存在掛けしながらラットのみであったことが判明しました。 しかし、それは通常よりも大きい2倍と非常にエキゾチックなラットおよび半分であった、と疑いの巧妙な表情で。 も不思議ではマスターが自分のために、この外観を立つことができませんでした。 チーフは、何も特別なことを言って、作業を続けるよう命じ、彼はラットキャッチャーを呼び出すために海岸に行くつもりでした。 ただし、ホールドから出てくる、彼は航海した船を、見つけることができませんでした:係留がperegryzuました。 すぐに彼は海に船を見た:それは岸の上に行ってきた、それはラットの観客で満たされたトップまででした。
市は、ラットの侵略を開始して以来。 誰もが同じまたは異なるが、ラットであることを確認しなかったため、その数は、説明を超えていました。 彼らは、市内のほぼすべての部分において見られました。 それらのほとんどは、一般市民が常に近くに得ることができなかった豊かな宮殿や別荘から保護されています。 それは都市の最も貧しい地域の一つであり、ラットを襲撃しました。
ラットからの脱出はありませんでした。 ラットは、人間の心に恵まれ、彼らは人々に対してやっていたすべてを解決している場合:パイド·パイパーは、それらに対して彼らのトラップや毒を使用幻滅しました。 そして、彼ら自身があまりにも人間でした。 人々が食べたときに、ラットは、あっさりとテーブルの上に登ることができ、彼女は食べ物を入れて待ちます。 あるいは待って、ちょうど他の誰かのの一部をかじる起動しないでください。 誰もがネズミを追いかけてあえて場合は、彼女が男をビット、および彼が発熱で死亡しました。
だから十年でした。 人々はラットの間で生き、死ぬために使用されます。 彼らがいた人のために、もちろん - 彼らも、ラットだけでなく、食品、それでもお金、結婚指輪などの装飾品を運ぶようになったことに驚きはありません。 しかし、貿易が復元されません。 古い船の骨格は長い時間のために焼かれたが、より多くの外国船は、ラットに乗って登っていないことはしなかった風の街に入ります。 市内各地溝を掘った - 街へと土地のアクセスがブロックされました。 さて、船は道路に滞在し、風船を飛んで、それらを強化します。 カーゴフックでボールをピックアップすると、都市に飛びました。 しかし、この方法の多くは、持ち運びができなかったため、市は貧困に沈むし続けました。 電灯は最終的に出て行って、私たちはもはやラットケーブルperegryzennye置き換え、新しいものを作るための力と手段を持っていないので、いつまでも静かsluhoprovod。
その時、彼は街の少年に住んでいました。 彼が記念碑に描かれていること。 ゆうゆうこれは一切れのパンのためのお金を見つけることができませんでした皆と同じように、ラットに苦しむ、彼の両親と住んでいて、取り出した - その完全な名前は当時、貧困層は完全な名前を知らなかったので、知られており、少年はショートと呼ばれていないとして、彼の怒りのイチイ。 父は時折黒で彼に仕事を与えた、とゆうはお金のために受け取ったときに、そのワインzverelを離れて飲みました。 彼は泥酔が橋から落ちたまでこれが続きました。 ゆうさんの母親は泣きました。 獲得したラットとサイレント視線掘削がシェアを要求したすべての周りそこには食べ物がなかった家の中で何もなかった、と。 女性はポーカーを開始しました。 ラットは、その上にジャンプして、生きて食べ。 死亡した、とゆうが、彼はちょうど家に彼の最も好きなもの取って、怒っているパックから脱出しているだろう - 本物の銅管、奇跡的に彼女の父の店starёvschikaを運びました。 金で、その重量の価値が、その後風の街中の銅。
ラットは地元の伝説のバックによると、人を殺した家は危険でした。 このためにあっても処罰される可能性があります。 その後、Yuはストリートミュージシャンになりました。 彼は街を歩いて、彼のトランペットを演奏し、それが実行されたことが多いが、時には食べて飲むことを与えられました。 Yuは、時には他の場所があり、暖かいパイプだった、または屋根裏部屋で、橋の下で時々どこでスリープ状態にあります。 一つは、彼に話を起こりました。
ゆう熟睡、彼はチューブが消滅したことを感じたとき、彼の胸に彼の不可分のパイプを、クラッチ。 彼の目を開くと、彼はパイプがどこかで二つの大きな脂肪ラットをドラッグすることを見ました。 ラットは危険なその攻撃を知って、Yuは彼らが消えるまで待ってから、それに従うことにしました。 チューブは十分な大きさで、Yuはラットは、ラットの巣穴にそれを運ぶことができなくなりますことを決めました。 ラットを簡単にジャンプし、大人ができ下水道、にドラッグ獲物。 Yuは公聴会で、ラットで見つけ、それらに続いて、地下に3時間probluzhdav、むしろ奇妙な場所を得ました。 重ねパイプ、銅線のコイル、異なるメカニズム、お金と宝石がありました。 これは、これらすべての年のラットが盗まれた良いがここにあるドラッグようです。
しかし、ゆうができませんでした。この奇妙な部屋から抜け出す方法​​を見つけることができます。 ドアはしっかりと外からロックされていました。 彼はパイプを取り、いくつかのコインをピックアップしようとしていたが、私はラットのきしみを聞いて、すぐに安全に街に降りた地下通路へと姿を消しました。 だから、Yuはもっとあった長い時間何のためにそれ彼の信頼性の低い収益にこの神秘的な場合について返さ。
ある日、彼は彼の家に彼を招待人に近づきました。 「あなたは誰?」 - ゆう "私は - パイパー」、言った、 - 男は言いました。 - "だから、私は反対派と呼ばれます。 私に来て、あなたはすべてのものが表示されます。 "
任命の時間に、優は人を訪問するようになりました。 8男の子と二人の女の子 - 彼はパイドパイパーはゆうと同じ子供たちが座っていたその周りに、ラウンドテーブルに座って見ました。 そして、それらのすべてがゆう声真鍮パイプと同じでした。
「こんにちは、Yuは、「 - 男の子の一つと述べました。 「私たちはあなたを探していました。」
"どのようにあなたは私を知っていますか?" - 尋ねゆいます
少年たちは、長い時間のためにそれに気づき、彼が演奏方法を愛していることを彼に告げました。 しかし、それ以外の、ラットは妙に彼の存在下で挙動しました。 彼がプレイしたとき、ラットはそれを避けました。 パイドパイパーは、このゲームを学びたい人の少年を選びました。
「おそらくこれは、後の場合は「 - ゆう言って、彼はラットの宝物を発見した方法を語りました。 誰もが驚いたがパイパーでした。 "私はそれがそうである必要があります知っていた、" - と彼は言った、と紙を取りました。 それは街のダンジョンの計画でした。 「どのように得るか、私たちを表示する」 - パイドパイパーは言いました。 Yuはほとんど覚えていませんでしたが、何とかおおよその道計画に表示することができました。 「それはそれを説明し、「 - パイドパイパーは言いました。 - 「あなたは道がただの人間に閉鎖され、町の豊かな部分でした。 その宮殿の壁の後ろに、彼らは、ラットから保存した後、彼らと交渉する方法がわかりません。 それは彼ら、宮殿や別荘の所有者、ラットに私たちのお金や持ち物をドラッグです。 この豊かな背景には市内各地を略奪するために、ラットを与え、我々は彼らに私たちのテーブルから食べて、大手を振って私たちを殺す権利を与えました。」
「それはあってはならない! " - 叫んだゆう - 「人々はラットを取り除く必要があります!"
「ラットをドライブするのが困難である、 " - 一人の女の子が言いました。 - "ラットは狡猾であるが、政府は、私たちは、それらを保護しないことを最悪。 結局、風の街で誰も販売していない、と彼らはより多くの富を取得する必要があります。 それが私たちの財布を引き出すために、ラットを教えてくれました。」
「人々があまりにも異なっている」 - パイドパイパーは言いました。 - 「あなた、若いトランペッター、あなたは恐れることはしないように誰に連絡することができます。 私たちはあなたが私たちのために別の友人になりたいと私たちは、ラットを克服する助けました。 我々はラットに運転し、彼らの宝物を押収した後、あなたは何をしますか?」
「私は何をしますか? " - ゆうは尋ねた、「豊かな彼らは街の再建に彼らの富のすべてを与えるように、もはや人々を略奪することができなかったし、次に普通の人のような生活をするように、私が行っているだろう。」
"あなたは私たちに来る"、 - パイドパイパーは言いました。 そして、彼は多くの子供たち、でも女の子は、ラットの勝利の後、彼らは最大の船、または最も美しい城を購入したり、それ自体が都市の支配者を宣言すると発表したと述べました。 しかし、都市のこれらの支配者は必要ありません - 彼らは自分自身だけを考えると、人のことを忘れるために慣れているので、彼らは、ラットよりも良いことはないだろうとき。 したがって、パイドパイパーは分隊でそれらを取ることはありませんでした。 Yuは、試験に合格し、今トランペットの一つとなって。 彼は石鹸とゆうが前に経験したことのないものを栄養供給されると浴び。 これは、すべての子どもたちが自分のハンモックで​​、注文から住んでいた大きな部屋にスリープ状態に置かれました。 そして、午前中に、彼はそれらのすべてと同じ代わった、訴訟とは、Yuは王室のページボーイ昔のようでした。 彼は彼のパイプに演奏し始めたとき、すべては彼を賞賛します。
Yuはトランペットを演奏男の子を教えだけでなく、彼がやりました。 最初は、誰も出てますが、徐々にすべてを学びました。 日中は彼らがプレーすることを学んだし、その後行進し、二人の女の子と1少年が彼らのドラマーでした。 そして夜に彼らは、ラットのための狩りに行ってきました。 ラットは、トランペットの音を許容し、パニックに彼女から急いません。 少年たちは、彼らのパイプラットネットワークを運転し、海に投げ込ま。 がなされて、これらのラットは非常に悪いです。 彼らは船ではなく、水泳によって船を降りた理由です。
より多くの子どもたちが分隊にパイドパイパーました。 不思議な話だが、何らかの理由で、大人は気にしませんでした。 彼らの多くは、ラットを恐れました。 しかし、彼らを助けた人たちもいました。 それは、若いトランペット奏者は眠りに落ちた、誰かが常にアラームを鳴らして、ラットは再び逃げた期待して、パイドパイパーの家のネズミに襲われていることが起こりました。 軍はパイドパイパー、トランペットの音を充填する時間ごとの街をパトロール。 やっとの思いでが、市はゆっくりとしたラットを取り除くようになりました。 そして、それは最も卑劣が起こりました。 市長は、都市の豊富な書かれ、チューブに公共平和の違反をゲームを発表し、苦情の長いリストを提示しました。 さて、誰もがラットと共謀で、政府を疑うありません。 蜂起が始まりました。 とパイドパイパーの剥離が強力で、裕福な非人間に対して立ち上がった人たちと並んで戦いました。 しかし、力が不均等でした。 ラットは、パイプ恐れていたが、敵が銃を持っていたし、彼らの前にパイプが無力でした。 - それは子供を持っていたかを見るために誰も、彼は戦いを停止し、永遠の街を残し、または彼の全体のチームが捕獲され、絞首刑にされます、次のいずれかパイパーは最後通告を発表しました。
しかし、パイドパイパーは、子どもの死を防ぐことができませんでした。 そして、彼は行くことに合意しました。
彼は風の街を去ったときに、彼の全分隊、トランペットは、彼に従いました。 そして、その時までに、ほとんどすべての町の男の子と女の子の多くが参加しました。 街全体が子供なしで残っていました。 市は永久に悲しみと混乱を解決しました。 ラットの誰も他の人の家を略奪する気はありません。 誰がやってなかった科学と芸術ように教師と学生は、外国放置せずに放置しました。 彼の家は永遠に空にしたときの街徐々に貧困、そして日が来ました。 彼らはそこに何もなかったためであっても、ラットには、人々がなかった場合には、死亡しています。
数世紀の都市は、かつてラットの侵略から逃れた人々の子孫に来たとき、彼らは廃墟の都市のサイトを参照。 そして孤独な塔は北風が崩壊し...
テンは一時停止しました。
- それはすべてではない - と彼は言いました。 - 都市の住民の子孫がここに戻ってきたとき、彼らは遺跡から街を復活しませんでした。 彼らは話と今日の彼の呼び出しになったとしてパイドパイパーの街について覚えておくことが好きではありません。 しかし、彼らの子孫に話を与えた人たちがいました。 もちろん、物事が装飾されている...そして、彼らはパイドパイパーに記念碑を建立することを。 彼らは彼の提灯にろうそく​​を点灯しました。 とゆうの名前は、私たちの男の子の好きな名前になりました。
- 私は思う - 私は、言った - 港に捕まってしまった船からの人々は、それが外国人であることができること。 彼らは帆の下にあった理由、それはまた伝説に起因することができますが、もう一つの問題は、あります。 、したがって、あまりにも、ラットは他の惑星から記録しました。
- 彼らは心を持っていたならば、なぜ彼らは人々を攻撃するのですか? — спросил Тэн.
— Разум тоже, к сожалению, бывает разным. У нас на Земле даже среди людей существовало несколько видов разума, полностью враждебного жизни — фашизм, бюрократия…
— Вот именно. Поэтому богачам легче было сотрудничать с крысами, чем со своими же согражданами. Богатство лишило их человечности. — Тэн вздохнул. — Вы знаете, а ведь в легенде не говорится, куда ушли дети за Крысоловом. Не уплыли на корабле и не улетели на воздушном шаре, а именно ушли — но никто даже не видел, чтобы они перешли ров, который ограждал Город Ветров в дни нашествия крыс. Одни считают, что они ушли через подземный ход, известный одному Крысолову. А другие — что они просто ушли в другое измерение. В параллельное пространство. Так, как сегодня уходят в него наши звездолёты… И у нас ещё много лет люди верили, что когда приходят опасные времена, Крысолов и его мальчишки снова вернутся, чтобы протрубить сигнал к бою…
— Всё может быть, — сказал я. — Тэн, я даже мог бы сказать, что ваш Крысолов побывал и у нас на Земле, в России. Это было в эпоху первых полётов в космос… Он тоже не смог победить тех «крыс», которые завладели умами землян в это время. Но мы их всё же сумели прогнать, и его заслуга в этом тоже есть.
Тэн молча пожал мне руку.
Как раз в это время мы увидели, что свеча в фонаре Крысолова гаснет. Откуда-то появился мальчик — почти такой же, как на памятнике. Он взял моток верёвки, сделал петлю и забросил её на фонарь. Затем он влез по этой верёвке и заменил в фонаре свечу. Сняв верёвку, он спрыгнул на землю и подбежал к нам, протягивая мне огарок свечи на память.
— Спасибо! — сказал я, взяв огарок. — Я обязательно подарю его своей дочке. Её зовут Алиса. А как тебя зовут?
— Ю! — ответил мальчишка, улыбаясь.

У нас 2 комментария на запись “Коллега Пруль. Легенда о Крысолове (фантастический рассказ)”

あなたも自分の意見を表現することができます。

  1. 1 24.10.2012, Belorus :

    Будь у меня ребёнок, непременно прочёл бы ему этот рассказ.
    В нём нет художественной изысканности, но зато есть нечто, что для меня дороже художественности – героический лиризм . Как он напомнил мне моё детство, когда мы мечтали о подвигах!
    ありがとう!

  2. 2 11.04.2013, Bruno :

    На самом деле Крысолов приходил гораздо раньше первых космических полетов.. А точнее,еще в те времена,когда в воздухе даже и не пахло еще космическими полетами! Он очень подробно объяснил,почему появляются “крысы” и, как этого не допустить.Но,к сожалению,его мало кто понял.И даже сейчас,в наш “просвещенный”век мало кто его понимает.Не потому,что он говорил на инопланетном языке,а просто потому,что для того,чтобы его понять необходимо мыслить категориями несколько иными,чем сквозь призму животных инстинктов.
    Подавляющее большинство людей даже не знает,что в человеческой природе присутствует животно-звериная часть,в лексиконе которого присутствует только одно слово: хочу,хочу,хочу..
    Необходимо удерживать в себе этого “зверя”по имени “я хочу”,все время контролировать его,а кое-кто не только не удерживает,но даже и потакает ему,прислуживает его прихотям и капризам.Становится рабом своего “я хочу”.
    Вот так и появляются “крысы”,вот так и превращались Древние Цивилизации в руины,из-за этих “крыс”.

コメントを残します

Вы должны войти , чтобы оставить комментарий.

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係