2008 2008年4月18日

Три встречи

Опубликовал: | рубрики: Новости , Проза , Творчество |

1。

春の夜に起こりました。 その春は破壊的な地球全体が濡れたため、そのうちの豪雨と、乾燥に時間がない、浸軟次の土砂降りではなかったし、その後外に出ることなく、数週間のために自宅で座ってする必要があります。 春春のすべての美しさと、存在していた:多くの年ぶりの木は、時間が芽が登場し、人々が冬服を手放すために急いでいませんでしたが、暖かい風が、時間に吹いた:霜の恐れを。 鳥は無形のものの心に希望を浸透させるかのように、歌が、非常に美しいです。 このごろ、私は頻繁に家の近くのホステルの前に歩きました。
この建物は言うことではありません。 誰もが彼の入り口が符号が装備されていたという事実にもかかわらず、ホステルに呼ば: "。" "ホテル"フライト ホテルでは、主に科学的な従業員が住んでいました:私は前にそれが起こったことがない知っています。 建物自体は特別なものだったので、しかし、最近私は、彼の裁判所に頻繁に訪問者となっています。 はい、それは本当にホテルでした。 入り口、入り口、まだ輝くガラスと金属でレリーフで。 この家はロビーが部屋、ガラス壁の入り口に分けた他の類似の運命、超えていました。 ドアが開いて、それがあるべきように、ここでの順序を維持するため、閉じられています。 庭にはいつも花やベンチは清潔だったと成長しています。 要するに、ここに滞在の喜びでした。 多分理由松の木が植えられた小さな公共の庭のために、それは、日本庭園のように見えたが、実際には常に冷静でした。
その日私は時々公園で成長している松に飛んだcrossbillsやキツツキを、参照することを望んで、そこに出て行きました。 突然、私は40年前のファッション雑誌のページから降りたかのように私を満たすために道は、美しい女の子があることに気づきました。 片手で彼女は彼女の財布のストラップを開催し、他はスーツケースを運んでいたことはないが、バッグではありません。 そのようなパッケージたらポータブルプレーヤーとレコーダーを作りました。 彼女は私に来て、尋ねました:
- ホテルは「飛行」のどこにあるか、あなたは知ってください、教えてください?
- それはここだ - 私は答えました。 - この家こと。
- ありがとう - 彼女は言った、と微笑みました。
- すべてではない、レディ、 - 私は言いました。
彼女はホテルの建物に行き、私は入り口近くのベンチに座っていました。 私は、私たちの時代に誰かがそうなりますと思ったことはありません。 しかし、それはホテルに行く場合は、すべてが可能です...運、それを聞かせて、私は思いました。
そして、ドアが開いて、若い女性が出てきて、私の隣に(距離ではあるが)ベンチに座っていました。 彼女は非常に健康的な女の子、運動ビルドがあり、罰金はありませんでした。 しかし、それは非常に細いと優雅です。 白い手袋で手が、彼女は彼女の袋を開け、カバーの上に大きな碑文で本を出した: "。スタニスワフ・レム」 私はまだ古典的なマスターと考えられているが、長い、時代遅れになったこの立派なライターを読んで女の子の種類を思っていました。 私はこの本を見て始め、その後、彼女は私が彼女の好奇心を示すことに気づきました。 彼女はとがめるような私を見ましたが、陽気な表情。
- こんにちは、 - 私は言いました。
- こんにちは - と彼女は言いました。 - あなたは何をしたいですか?
- 私はあなたにもレムを読むかと思いました。 これは私の好きな​​作家の一人です。
- あまりに鉱山。 あなたは、おそらくフィクション、若い男が好きですか?
- 私は好きです。 特にだけでなく、フィクションが、フィクション。
それから私は行動することを決めました。
- すみません、愛する女性、そして、それはあなたを満たすために可能ですか?
- 喜んで! - 女性は言いました。 - そして、あなたも "あなた"に行くことができます。 私の名前のエール。 そして、あなたの名前は何ですか?
私は彼女に言った、と私は次の通りに住んでいることを付け加えました。 アレスは何とか笑いました。 彼女はビジネスのための私たちの街に来て、私たちは長い間遅れているが、それは地元の人々と友達を作るためにいいだろうと述べました。 私は彼女の信頼を正当化するアレスを保証しました。 それから私はアレスが親切に同意したもの、電話番号や他の通信手段を交換することを申し出ました。 私は彼女がレムによって発現されたヒト開発の二つの概念を指し、どのように彼女に尋ねました。 楽観と悲観的 - - 計算ではなく、単なる感情に基づいており、深刻な彼の記事レムは、異なる見解を持っていたということではない彼女は、レム、両方の概念があると述べました。 「私は自分で追加されます、 - アレスは言った - パンスタニスラフが本当に悲観主義者を装って隠れているが、最高のを信じていることを。 " 私はアレスが実際にそれが一目で見えたよりも年下であることに気づいたように、私は微笑みました。 ほぼ正確な女の子。
この時点で、ホテルの建物はベージュの車を減速 - "ノミ"と呼ばれている者の一人。 我々は2つ​​のビープ音が鳴りました。 車の外アンドレイ・ミロノフような距離から、眼鏡をかけた背の高い男が来ました。 彼はホテルの玄関に立って、時計を見ました。
- ごめんなさい - アレス言った - 私が行かなければなりません。 これは、と話をする素敵でした。
- さようなら、アレス! - 私は言いました。
- さようなら! 頑張ってください! - サイードアレスと左。
- そして、あなたに幸運、アレス! - 私は彼女の後に叫びました。
アレスはなって、私に手を振りました。 ちょうど映画のように、私は思いました。 彼らは、ビジネスミーティングを持っている必要があります。 アレスが去ったとき、私は家に行き、私の両親は私が15分間通りに滞在する勇気という事実を華やかに口論しました。
次の日、私は未完の仕事をかき集め、自宅で座っていた - 私は罰せられました。 仕事はしたくありませんでした。 しかし、左は何もありませんでしたすべて同じことをします。 計画のほとんどが行われた夜、で、私は私のポケットにAlesinaページャ番号と一枚の紙であることを思い出しました。 私はそれを取り、この数は実際にあることを発見し、それを携帯電話にインストールされています。 しかし、現在アレスは忙しいと利用できませんでした。 しかし、彼女の答えの夜になりました。
「こんにちは、アレスは、「 - 私が書いています。 - 「私は今日来ることができませんでした申し訳ありません。 今日、私は起動しません。 "
「心配しないで、すべてが正常です。 あなたは間違って何もしていません。 私たちは今、あなたを扱います。 そして、私はまだ街ではありませんでした。」
"、アレス、ありがとうございました。 あなたが知っている、私が出会ったあなたは私に何のためにあなたに感謝したいと思います。 私の前に、いくつかの嘲笑、彼らはフリークと呼ばれ、逃げました。 "
「たぶん、あなたは正しく振る舞っ?」
「ほとんどの場合。 しかし、私の母もそう思いました。」
"あなたは正常です。 必要に応じて、我々は明日会いますか? 一緒に散歩を取る、私はちょうど日間無料で、必要はどこにも行かないしなければなりません。」
"、アレスをありがとうございます! そして、あなたはどこに行きました?」
「私は、生物学的な駅にありました。 あなたはどこにイルカを知っていますか?」
「私は知っています。 そして、あなたはイルカと一緒に何をしていますか? 本当に辞書イルカの言語でしたか?」
それがユーモアで私の試みでした。
「ほとんど、 " - と彼女は言いました。 - 「長いと不明瞭を教えてください。 私たちは、その組成が仕事ヤブロコフとBelkovichので、どのように変化したか確認するために、海洋住民の信号を分析しました。」
"私は理解しています。」
「まあ、我々は明日満たしていることを?」
「もちろん!」
私たちは会話を続けました。 もっと時間半に相当しました。 この時間の間に私はアレスは、私と同じように、パソコンやデジタル・シンセサイザーの初期の頃から音楽を愛することを見つけることができました。 これは、何か一つに限定されるものではなく、彼女がどのように複雑な楽器の組成物を好きで、フォームのディスコヒットでシンプルな - もちろん、すべてではありません。 私は彼のコレクションについての彼女に言った、そこから何かを記録するために提供されたときアレスは喜んでいました。 半日のプログラム中にコンパイルされたと私は私の新しい友人との出会いのために苦しんでディスクに書き込ま。

2。

私たちは、ホテル自体の前の午後に会いました。 16:30予定をアレスが、彼女は左の前に10分を待たなければなりませんでした。 再びアレスは彼のドレスで私を襲った:彼女はレーザープレーヤーを掛けられた幅広のスカート、ベルト、と、80年代半ばの典型的なドレスを着ていました。 そして、彼女の足に、彼女は暗いタイツとブーツを持っていました。
- さて、行きましょうか? - 彼女は言った、と微笑みました。
- さあ、 - 私は答えました。
そして、私たちは行きました。 私たちは海に行ってきました。 ソ連時代に建てられたヘルスリゾートやビーチ、 - 私は自分の好きな場所Alesyaを表示するために計画しました。 今それらの多くは荒廃になってきました。 それらが機能し続けているが、なく、修復、および修復場合、それらは、認識を超えて変化しました。 しかし、ビーチはビーチに残りました。 部門は、ドア、ランプで、手入れの行き届いたエントランスを見守り、さらに小さなボートステーション。 彼は非常にスタイリッシュな金属がバーに囲まれていたと路上で、ビーチへの入り口だった休館遊歩道、でスイートの階段を降りて歩くことができます。 ゲートウェイスイートは通常開いていた、ビーチへの入り口は、それ自体だけでパスしました。
そして今日は、あまりにも、ドアが城でロックされていたもの:水泳は、実際にはまだ早いんでした。 ここだけアレスはこのことについて非常に残念です。
- 私は水で泳ぐのが大好き、ホットとコールド。 子供の頃以来、私は教えられてきました。 そして、私はモスクワで生まれたからです。
- 明らかに、 - 私は言いました。 - あなたがしたい場合は、まあ、私たちは公共のビーチに行くことができ、そこにロックされていません。
- 私はここで面白いよ - アレスは微笑みました。 - すべてがあるかを参照してください。 これらの柱、柱...彼らは何を意味するのですか?
- 私は知らない - 私は答えました。 - ただ、設計要素。
- 健康は、 - エールを言って周りのすべてを撮影し始めました。 なぜスピーカーのようなものではなかったんけれども、それのいくつかは、音楽プレーヤーでした。 音楽の印象は古いミュージックビデオと漠然とした団体を生じさせること、海、遊歩道、ビーチのフォームに課しました。 いくつかのロタンダに達したアレスは、彼女の心に上昇し、それはオペレータのDHを削除するかのように、このようなエネルギーで踊り始めました。 私は唖然としました。
- アレス - 私は言いました。 - あなたは本当の芸術家のように踊ります。 あなたオルガZarubinaかのように。
- ダヌータBuklyaryavichyute、 - 彼女は言いました。
- まあ、 - 私は言いました。 - 興味深いあなたは人、アレスです。
彼女は共演移動中の彼のプロセニアムとダンスで、彼はさらに行くために彼女を招待し、離れて遊歩道に沿って行ってきました。 私が参加しました。 私にささやいたダンスアレスを停止せずに:
- 振り返ります。 いや、そこまで。
私が見上げました。 ビーチに沿って走る通りに、黒のジープが立っていました。 ジープの2人の乗客は、黒革のコートや帽子で、私の方向に見えました。 双眼鏡で、それが可能であり、武器のおそらくいくつかの種類:手に1人は、私は理解していなかったものでした。 それらの両方は、それらの一つが少し薄いとし、その他は少し高く、顕著な腹を有し、確実にギャングの外観でした。 私は以前に装飾し、関連する歴史的真実と思っ暴力団の古典的なイメージ、のような一般的に、彼らは両方。
- 、アレスそれは誰ですか?
アレスは答えませんでした。
- ここに来ます。 あなたは、別の方法を知っていますか?
私は知りません終了します。
- 見つけるのをしてみましょう - 私は答えました。 ここでは保護が長い間削除された、恐れることはありません。
アレスは、私は低いレベルにジャンプ助けました。 最初に私は怖がっていたが、それでも飛び降り:それは私にはあまりにも多くの危険の予感でした。 キャノピーのビーチの下で我々が見られることがあります。 幸いなことに、私がよく落ち、傷がなくても存在しました。 我々は、彼がボートやウィンドサーフィンのボードを保持小屋を流しに行ってきました。 それはまだ閉鎖されたとき、私は、閉じられた機関で働いていた女性を知っています。 彼女は、このボードブック作曲Tariverdievになったのか私に言いました。 前、私は何の関係もなかったので、私は、自分の目でこの場所を見たのは初めて。
- それがある - 私は言った - 路上で開催されます。 むしろ、トラックの入り口。 しかし、彼らはおそらくすでにそこに私たちを待って...私は外を見ます。
私は外を見るために登ったが、アレス私odёrnula。
- いいえ、 - と彼女は言いました。 私自身。
- アレス! - 私は思い出しました。 - ライフガードのための塔があります。 まあ、観察のために。 しかし、そこにロックすることができます...
彼女は同意しました。 いくつかの2分アレシアは登って戻ってくるのに十分でした。
- 彼らは出口にあります。 彼らはここで第二の出口がないことを知っています。 私たちが出てくるときに、待ちます。
- アレス、彼らは誰ですか? なぜ彼らは彼らが望むもの、あなたを追いかけていますか?
- 「Kuは「彼らが欲しい - アレスは言いました。 これは、これは知っている想定されていない私には明らかでした。 - 来る時は、私はあなたのすべてを教えてあげましょう。 ここでは反対側の出口はあるのでしょうか?
- いいえ。 グリッドがブロックされました。 グリルは、perelezeshないを通じて、大規模な、より高い成長です。
- 明らかに、 - アレスは言いました。 - さあ。
そして、私たちは散歩を装って、全体のビーチを通り抜けました。 途中アレスは言いました:
- 出口を通過します。 私は一人で行きますよ。 ウォーターフロントのもう一方の端で私を満たしています。
- アレス、私が進むことはできません。
- 、間抜けなゴー! - 彼女は笑顔でそれを言いました。 私は、アレッシィは、いくつかの独自の計画を持っていることを実現し、提出することを決めました。 私は大胆に、離れて歩いたトラックのための出口を通って出て行きました。 黒で不審な種類が欄干に寄りかかって、スイートに立って、海面を企図するふりをしました。 実際に、彼らはそれを明確にエールだったと考えました。 ここでは、ここにあるビーチの上を歩いて、ある...そして、私の頭には、何かを打ちます。 私は静かに、ノイズをしないようにしようと、ゲート翼をシャットと結び目が私の側に落ちたように、ループワイヤにぶら下がって、それらを締めます。 黒は何も気付きませんでした。 そして、私は無関心の顔をさらに行っても見下さ。
アレスは、格子に近づいさらに部門、さらに閉じ、他の部門の浜ビーチから柵。 彼女は古いアラームの草2室でスタックしているもう一方の側に、2年半メートルの格子の高さを評価し、見上げました。 突然、場所から巨大なジャンプはフェンスを飛び越えとsanatorskogo超高層ビル、コミュニティの後ろに姿を消しました。
「ブラック」はゲートに駆けつけたが、閉じられた出口に走りました。 彼らはゲートをつぶす、無我夢中で考えて、他の方法を介して、通りに走ったが、私はアレスを待っていた岸壁のもう一方の端に走りました。 ビュー、彼女は一つの場所に引き裂か少し​​汚い、「ダヌータ・スーツ」だったが、彼女の顔は晴れやかでした。
- さあ! - 彼女はプレイヤーと彼女のハンドバッグを振って、言いました。
私たちはホテルに着いたとき、私はアレスを訴えました。
- アレスとどのように私は家に帰るのですか? 私はあなたを殺す可能性がありました。
- 必要に応じて一緒に来ます。
- おかげで、アレス、 - 私は言いました。 - それはスーツあなたが非常にではないというのは本当です...
アレスは笑いました。 ドレスは本当に汚れていました。
- ええ、実際には非常に便利ではありません。 さて、あなたは望むように。
私たちは別れを言うと、私は心配そうに家に帰りました。 私はいくつかの理由で、厳格な母を返したとき、私は私に言葉を言いませんでした。
- しかし、私は時間を遡っていないよ - 私は答えました。
- それは時間に返されないように? - 激怒母。 - あなたは通りにちょうど三〇から五分でした!

3。

その夜、私は驚くほど簡単眠りました。 ほとんど常に起こったように私は不眠症に苦しんでいません。 彼らは私にいくつかのさわやかな薬を飲んでたかのように、カバーは、よかったです。 最後の瞬間に、私は、この危険性が潜んでいる可能性があることと思ったが、私は前にされていません。 私が切断さ...
...列車が駅に引き込まれ、それから、昨日2種類が登場しました。 しかし、この時間は、彼らが黒いコート、そして立派な、しかし珍しい衣装はありませんでした。 彼らは離れて駅に面し、大規模なオフィスビルでアップ見つめて、彼に向かって活発な散歩...
...体にぴったり合ったジャンプスーツseberistomの女性が不慣れな機器の操作をコミットします。 美しい黒い髪は肩の上に横たわっていました。 女性は、彼女が働くのが好き、微笑みました。
ドアはdaveshny見知らぬ人のいずれかにバースト。 サイレンサーとピストルのように見えるもの彼はポケットから取りました。 女性の際に持って来られる、彼女は無意識の崩壊しました。 もう一つは、最初に参加し、部屋をかき回して〜を捜すようになりました。 彼は、テーブルを見秒に何かを叫びました。 第二に部屋を横切って、彼は服の下のテーブルからの最初の文書を押し込んだ、あまりにも、逃げた、ドアに殺到...
...女性は目が覚めた、テーブルを見て - 文書が消えてしまいました。 ブレスレットのボタンを押します。 何かがマイクに向かって話しました...
...誘拐犯はガラス張りトップと小さな空飛ぶ円盤のように特別機、駐車場に達します。 そのうちの一つに座って、空気中に飛びます。 列車が女の子を真っ逆さまにジャンプし、駐車場に到達し、彼らが搭乗したように、その後、別のチラシに座っています。 侵入者に追いつきます。
2ほぼ同等のチラシは、筐体の距離でお互いに従ってください。 突然、誘拐犯の一つは銃を取り出して光を盲目から彼を撃ちます。 女の子はほとんどのショットから車を盗むために管理しますが、盗賊に行きます...
...犯罪者は巨大な建物ではなく、研究室ではなく、オフィスの無限の廊下を介して実行。 彼らは、明るい警告色で塗られ、防護扉の前で停止します。 ボタンをクリックします。 どうやら、何かが一致しません:ライトアラームを。 そして、1はプラズマビームのドアに当たりました。 ドアが開きます。 バンディッツは...そして、何も見られないに実行しています。
同じ部屋で女の子があります。 今、彼女はすでに成熟しています。 彼女は椅子美しいアバンギャルド形状に座って、古いテレビアナウンサー。 白、少しタイトフィットのスーツに身を包みました。 私は人生に精通している古くからの友人のように、それを感じました。 彼女はvzgyalnulaと全宇宙で唯一の女の子を笑顔できるように微笑みました。
「あなたが見たもの、犯罪者、 - と彼女は言った - あなたの時間にありました。 彼らは人類に多くの害を行っています。 あなたはおそらく知っている、あなたの国の主要な工業企業、ヨーロッパの全体の生命の安全を依存しているの正常な動作です。 これらのラスカルズは、旧ソ連のすべてをやっている、最終的な混乱を席巻してから、環境的・社会的災害の波を開始します。 彼らは、我々はそれらを停止したい、私たちの研究を妨害します。」
「私はあなたを信じています。 しかし、私は何ができるのでしょうか? 私の可能性はそれほど重要ではありません。」
「あなたは、他の人よりも少ないことはできません。 理解するための主要な時間。 あなたは理解します。 私たちはあなたを信頼しています。」
「あなたの信頼をありがとう!」
Девочка снова улыбнулась и сделала в своём кресле сложное пластичное движение, чем-то похожее одновременно на потягивание и на танец. Выглядело это на удивление грациозно, и притом без малейшей вульгарности. Она прощалась со мной на языке своего тела. Последний радостный взгляд, и всё исчезло.

4。

Утром я проснулся со странным предчувствием, не мог никак отойти от сна. «Меньше надо фантастики читать», – думал я. Всю первую половину дня, чем бы я ни занимался, мои мысли неизменно возвращались к сновидению, которое казалось вещим. Тогда я решил написать Алесе и рассказать, как видел во сне тех самых незнакомцев. Вскоре Алеся вышла на связь и предложила мне срочно встретиться. Обстоятельства у меня сложились удачно, и сразу после обеда я вышел к гостинице «Полёт».
Путь лежал через большой проспект, где было сконцентрировано много разных торговых заведений. Перейдя проспект, я почувствовал, что за мной кто-то наблюдает. Не исключено, что это были те самые «чёрные», которых я видел вчера. Я решил не обращать внимания, однако на всякий случай решил сделать петлю и направился в проход под большим зданием, где помещался универсальный магазин. Насколько мне показалось, за мной никто не следил. И тогда я смело направился к гостинице.
Алеся встретила меня снова в нарядном костюме, на этот раз уже в современном. На ней была расшитая золотистой нитью курточка, брючки до колен и чёрные сапожки со стразами.
– Ты большая модница, Алеся, – сказал я. – Каждый день меняешься.
– Естественно, – ответила она. – Мне приходится встречаться с разными людьми, вот я и стараюсь произвести на них хорошее впечатление.
– Алеся, – сказал я, – спасибо тебе, что пригласила меня. Я очень рад встрече. Так что ты хотела мне сказать?
– Пойдём сегодня в гости к одному человеку. Понимаешь, я боюсь идти одна.
Я понимал Алесю.
– Кто он такой, Алеся? Ты тоже с ним работаешь?
- はい。 Он раньше работал в одном институте и хорошо знает нашу аппаратуру. Я хочу понести ему один прибор. Он не сломался, нет. Но так будет надёжнее, если этот аппарат останется у него.
– Хорошо, Алеся! Я согласен, – сказал я, не особо раздумывая. Я начинал бояться, что с этой замечательной девушкой может что-нибудь случиться. Как будто она была мне родным человеком. Я не умел драться, мне никогда не приходилось себя защищать, но только за Алесю я сейчас был готов даже принять смерть в бою, как бы глупо это не звучало.
Мы вышли на улицу. Дул сильный ветер. Алеся рассказала, что человека, к которому мы несём её прибор (он лежал у Алеси в сумочке), зовут Николай Николаевич, что он живёт в частном доме у берега моря. Я знал это место. Теперь почти все частные строения, расположенные у моря, выкупают люди с длинным долларом, особенно почему-то московские воротилы. Однако в нашем городе ещё существует весьма мужественный посёлок, жильцы которого практически с оружием в руках отстояли своё право на жизненное пространство. Николай Николаевич жил в таком доме, отделённом от «дикого» пляжа лишь улицей и полосой кустарника.
Алеся подошла к двери, на которой было укреплено переговорное устройство, и нажала кнопку звонка. Я смотрел во через изгородь. Было видно, что Николай Николаевич человек трудолюбивый и не лишённый творческой жилки. Во дворе росли огурцы, тыквы, помидоры; аккуратный столик, совмещённый с ложем наподобие достархана, стоял под старой шелковицей. С другой стороны дома был цветник, в котором росли цветы, которых я не разобрал, и мята. На улице была припаркована машина «ЛуАЗ», поэтому можно было подумать, что хозяин дома.
– Не отвечает, – сказала Алеся. – Ждать некогда. Что же делать?
– Не знаю, – сказал я. – Может быть, подложить аппарат ему в машину? И записку написать, мол, не застали дома…
– Эх ты, голова два уха! – улыбнулась Алеся. Ну кто в такой машине будет что-то прятать?
Внедорожник был накрыт тентом и не имел полностью закрывающихся дверей. И вытащить что-либо из кабины можно было просто рукой.
– Знаешь, – сказала Алеся, – я отдам этот прибор тебе. Завтра сам придёшь и отдашь Николаю Николаевичу.
– Приду! Обязательно приду, и отдам, – отрезал я. – Разве я тебя обманывал? Ты знаешь, у меня в жизни ещё такого не было, чтобы мне так доверяли, как ты доверяешь. Не беспокойся, Алеся.
Алеся достала из своей сумочки небольшую коробку и вложила в мою руку. Вдруг у неё в кармане запищал мобильный телефон. Возможно, это был не телефон, а что-то другое, – когда Алеся его достала, он оказался меньше обычных мобильных телефонов. Алеся что-то выслушала и сказала:
– Извини, мне надо бежать. Иди домой и побыстрее, могут быть неприятности. Мы встретимся!
И она побежала в свою сторону. А я – в свою, скорее домой. У меня не было времени, чтобы рассмотреть прибор, который дала Алеся. По величине он был похож на небольшой фотоаппарат. Коробка была запечатана, и я не открывал её.
Глянув на часы, я вспотел: просрочено было уже семь минут, а до дома оставалось двадцать минут ходу. Я понял, что буду неизбежно наказан, и тогда, чтобы отнести злосчастный прибор Николаю Николаевичу, мне завтра придётся либо удирать от мамы, либо лезть через балкон, что было ещё сложнее.
Но решать было некогда. Я вспомнил слышанную где-то фразу: «делай что должен, и будь что будет». С этим настроением я перешёл на бег. Половина пути до дома уже была пройдена.
Бежал я непрофессионально и неумело, но иначе не мог. Дышать было тяжело, но я дышал. Закончился район частных домов, где поражённые курортной лихорадкой домовладельцы застраивали неудобными «курятниками» и «скворечниками» последние сотки своей некогда плодородной земли. Начался проспект, ранее широкий и зелёный, а теперь визуально стеснённый построенными на газонах бесконечными киосками. Вот и большой универсальный магазин, возвышающийся над улицей на своеобразной эспланаде, предназначенной скомпенсировать подъём улицы. Под ним был проход, которым пользовался и я, как многие жители. Туда я и вошёл.
И тут же вышел.
С той стороны прохода меня поджидали вчерашние незнакомцы в чёрном. Солнце светило с их стороны, поэтому я разглядел только их силуэты. Однако не узнать их было нельзя, слишком знакомый был наряд, особенно в сочетании с шляпами. К тому-же «худой» зачем-то опирался на зонтик, хотя погода в эти дни была сухая. Я осторожно, делая вид, что не обратил внимания на «чёрных», вышел из прохода, свернул и что есть мочи рванул в обход магазина. На бегу оглянулся. Так и есть, они бежали за мной. «Вот о чём предупреждала Алеся», – мелькнула у меня в голове запоздалая мысль.
Мне приходилось петлять, пробираться проходами, известными одному лишь мне. Мой собственный дом уже давно был позади, я обходил его с другой стороны – не стану же я приводить бандитов в собственное жильё. Но они не отставали. Время от времени у меня возникала мысль забежать в ближайший подъезд и позвонить в первую попавшуюся квартиру, но что-то подсказывало мне, что это не поможет, а лишь принесёт беду жителям этой квартиры. И тогда я вбежал на территорию авторемонтного хозяйства, надеясь выйти через его второй выход, оставив бандитов путаться. От этого выхода вела почти прямая, через три квартала, дорога домой. Там уже можно было бы и запутать следы.
Решение, показавшееся столь удачным, на деле оказалось роковым. Калитка была заперта на висячий замок. Я выглянул в проход между строениями, по которому дошёл к этой калитке, и увидел своих преследователей. Они, как всегда молча, шли прямо на меня. Пузатый ухмылялся. Худой нацелил на меня пистолет. Выхода не было. Оставалось только пропадать.

5。

Вдруг в проходе мелькнуло что-то красное. Раздался звонкий выкрик:
– Эй вы, пускули! Догоняйте!
«Чёрные» обернулись на голос: в проходе мелькнул чей-то красный костюм. И тут я увидел воочию то, что до этого встречал лишь в фантастических фильмах.
Худой бандит обернулся и выстрелил своим пистолетом, но звука не последовало — вместо этого из дула вырвалась ослепительная молния. Скорее всего, это была плазма, хотя я плазмы никогда не видел и судить не берусь. Выстрел пришёлся на ржавевший без дела автобус, который тут же загорелся. Злодеи бросились к выходу, прежде чем я успел опомниться.
Не переведя дух, я сразу бросился почему-то не домой, а за своими преследователями. Они уже вырвались за ворота и догоняли по улице Алесю, на которой почему-то было странное, непривычного покроя красное платье. Смутное чувство зашевелилось во мне. «Но ведь этого не может быть! – закричал мой рассудок. – Такого в жизни не бывает! Это фантастика, сказка, это неправда, неправда!!!»
А девушка в красном комбинезоне существовала на самом деле. Она убегала, её догоняли. Почти так, как было в моём сне, и не только в нём. Погоня уже вышла на проспект, и злоумышленники в чёрном сбивали с ног зазевавшихся прохожих. На бегу я услышал, как кто-то сказал: «Кино снимают». Увы, это было не кино. Погоня свернула в малолюдный двор одного учреждения.
«Чёрные» уже настигали свою жертву, как вдруг из прохода между домами выскочил тот самый бежевый автомобиль, который я видел у гостиницы, и встал на пути между «берегами» тротуара. Открылась дверца, и из машины вышли двое уже знакомых мне внешне людей: мужчина, похожий на Андрея Миронова, и черноволосая женщина-исследователь. На этот раз она была в строгом тёмном костюме, и держала такой же, как и у худого бандита, зонт-трость. Мужчина был в очках. Бандиты остановились в нерешительности, и повернули назад, в мою сторону. Тогда уже пришлось мне сворачивать, но прежде чем они догадались об этом, у тротуара резко остановился «ЛуАЗ», очевидно, принадлежавший Николаю Николаевичу. Очевидно, Николай Николаевич и был тот самый немолодой мужчина, который с пистолетом в руке выпрыгнул из машины и перегородил «чёрным» дорогу. Худой выстрелил в него, однако молния рассеялась, не достигнув цели. Тогда он развернулся на месте и попробовал выстрелить в женщину. Однако та успела раскрыть перед собой зонтик. Молния, достигнув зонтика, рассыпалась искрами, ничего не причинив. Николай Николаевич, или как там его звали на самом деле, подбежал сзади и уложил обоих «чёрных» ударами в затылок. Человек, похожий на Миронова, помог погрузить тела в машину.
В это время к нему подбежала Алеся. Они о чём-то говорили минуты две, пока он протирал свои очки. Когда же я подошёл к ним, он сел в машину к Николаю Николаевичу и уехал. Остались только Алеся, черноволосая женщина и я.
– Здравствуйте, – сказала женщина. – Мы хотели бы принести вам извинения за то беспокойство, которое вам доставили. Можете звать меня Светлана, или просто Света, если вам нравится.
– Спасибо, Светлана! – ответил я. – Знаете, у меня есть к вам один вопрос. Вернее, не столько к вам, сколько к Алесе, точнее, к вам двоим. Вы знаете, у меня было такое подозрение, что имя Алеся ненастоящее.
– Ты верно угадал, – ответила Светлана. – Мы хотели, чтобы в вашем веке нас поняли правильно, поэтому так и сделали. Алеся, – сказала она неразборчиво (мне послышалось «Алиса»), – теперь мы не скрываемся. До старта остаётся семнадцать минут. Можете попрощаться.
Светлана дала Алесе свой зонтик, села в машину и уехала.
А мы пошли к моему дому, и Алеся что-то мне рассказывала, и мы держались за руки, и почему-то всё было так, как до сих пор я видел только в кино, и мы шли, и чувствовали тёплый ветер, и вдруг из-за поворота вышла мама.
От неожиданности меня передёрнуло. Первым моим побуждением было убежать, но Алеся остановила меня.
– Где ты ходил? – крикнула мама. – Ты обманул меня! Ты доказал свою несамостоятельность! Что ты делал? Кто это такая?
Я не знал, что ответить. Но прежде чем я открыл рот, чтобы ответить, что это девушка, которая остановилась в гостях в соседнем доме, а ходили мы по городу собирать пустые бутылки, у Алеси раздался громкий сигнал. Мама невольно повернула голову в её сторону.
Услышав сигнал, Алеся нажала на кнопку на рукоятке зонтика. И тогда в небе над нами появился, словно бы ниоткуда, самый настоящий неопознанный летающий объект. Корабль со шлюзом внизу. Тарелка это была, или не тарелка, снизу было видно плоховато. Во всяком случае, НЛО висел выше самых высоких труб.
Алеся раскрыла свой зонтик над головой, как будто закрываясь от корабля.
– Ну, мне пора, – сказала она и улыбнулась. После этой улыбки мама уже не задавала мне вопроса, кто такая эта девчонка. И я сам тоже не сомневался.
…И тогда что-то пискнуло, и она медленно, как стартующая ракета, начала подниматься в небо на зонтике, набирая скорость, уменьшаясь в вышине, пока не вошла в шлюз своего корабля. И корабль растаял в небесах, оставляя за собой белую полосу, такую привычную в нашем небе…

Когда я вернулся домой, в кармане обнаружил прибор, который она дала мне. Я не удержался от того, чтобы распечатать и взглянуть, что же там было на самом деле. Было там нечто похожее на карманный плейер, и даже с наушниками. Рассказывать о том, что я услышал в наушниках, было бы долго. Впрочем, бояться было нечего, поскольку в коробке находилась записка, которая гласила, что я должен сохранять этот прибор, пока за ним не придёт она сама. Я верю, что она придёт. Записка была подписана именем из пяти букв, которое начиналось на ту же букву, что и заканчивалось.

У нас 4 комментария на запись “Три встречи”

また、自分の意見を表現することができます。

  1. 1 18.04.2008, Pinhead :

    И между прочим, очень хорошо написано!

  2. 2 19.04.2008, Sovyonok :

    Я уже и автору говорила :) , и здесь повторю: понравилось, потому что мне близки сюжеты такого плана, когда чудо приходит в повседневную жизнь. Без всякой помпы, тихо и незаметно. И может привести к самым неожиданным последствиям. Но – чудо. 😉

  3. 3 18.06.2013, Дмитрий Комаров :

    Уважаемый Коллега Пруль , хочу спросить у вас разрешения на размещение текстов ваших фанфиков в группе “Гостья из будущего” http://vk.com/club57428 . Это группа, объединяющая поклонников замечательного советского фильма “Гостья из будущего”.

  4. 4 18.06.2013, Коллега Пруль :

    Уважаемый Дмитрий Комаров! Я разрешаю вам разместить все мои тексты. Не имею ничего против.

コメントを残します

あなたがしなければなりませんログインコメントを残すこと。

時間ウィジェットはによってフラッシュを作成したイーストヨークの簿記係