2013 2013年2月14日

夜のパスで...

|カテゴリー:ニュース、散文、創造性|

- あなたは誰を求めていますか?
- 裏切らないだろう誰か。

この会話は5月に開催されました。 ローマが何かを言うために衝動に抵抗しても、答えを聞いて - と衝動的にはるかに言います。 しかし、最後の瞬間に彼はすぐに一緒に彼の唇を押すとアイビーで投げ、自分自身を抑制し、通常はパーソナル意地や他の人々への敬意の頑固さとの間の合意の冠であるこれらの簡単な、迅速な態度の一つです。 しかし、個人的なスタンスをすべてこれを呼ばれます。
- あなたは疲れています。 でも真夜中過ぎ。 彼に移動し、いくつかの残りの部分を取得。
不確かなローマは彼の強力な肩を導きました。 黄色の電球ダストキッチンが暗く彼のきちんとしたハーフサイズの光茶色の髪のスタイルを金色が、額の両側に2つの湾曲ロックが日陰ルックメッセンジャーの中に隠れて、暗くしました。
- 彼はかつての人気曲を言い換え冗談、私を削除していない: - 私は彼女がヒントには、戻って見ていないかどうかを確認するために周りを見回しました。 アイビーは静かに笑って、彼の頬を撫でました。 小説は彼女が言っていますが、それは誰もがそれを正しく理解していない可能性があるため、誰にも言うことは不可能でした。 男は、あるいは単に知覚する人間としての愛や尊敬、友情の任意の感情を体験することができます - しかし、後者の場合は、あなたの性別の代表として男が考慮されていない:以前は、アイビーはそう思いました。 ローマも、この細い分類に否定できない個々の補正をし静かに静かに、彼女の人生に非常に自信を持って行きました。 父アイビー・ジュニアのもともと友人や仲間、彼は徐々にこの概念は18歳の少女にどのように適用されるか、彼女の介護者として働くように志願しました。 お父さんはいつも忙しかったし、最近では海外事業の一般的な展開に従事なった - 言い換えれば、家族のための時間はほとんど選択の余地がなかったです。 ドライバ、情報担体、家庭の古い友人であり、メンターアイビー:小説は正常に直接プロの責任中央テレビ局の一つでだけでなく、非公式でサウンド・エンジニアにも対応。 彼は必要に応じて労働力と私生活と時間の自由、当然のことながら、これをしませんでした。 私の父は彼を信頼できます。 彼はかろうじてそれぞれと娘を知ったときは、アイビーは、ローマ教皇からの彼の印象についての質問に応答して、言った: "我々は両方の子供だったら、私は彼と友達になりたいです!」。 そしてそれは起こりました。 今、先生は、要求に到着 - アイビーに関する彼の父からのいくつかのディスパッチをもたらしました。 機会を使用しない場合、一般的に通信手段を受け入れ:父が、成功と友人は、情報の傍受を介して情報を受信多くの敵を持っていました。 そして、個人的な好みのセキュリティを確保するためには機会が与えられたときに提供することに与えられました。

ローマはあまりにも笑いました。 アイビー数秒は何とかなりました濃い緑色であるように見えたし、次に目をそらしたこれ、彼の青い目に見て、離れとげ表面から彼の手を取った:多くの30年のように、3日間のひげを剃っていないサウンドエンジニアは、エレガントな残虐行為の兆候を検討しました。 ローマは今のように微笑んだときアイビーは長く彼の目を見ることができませんでした。 そして、それは、彼らはステレオタイプのスタンパを発明する好きなように、そこにロマンチックな催眠春ではなく、私は恐れていたので、ありませんので、罪悪感のための任意のものではありません。 そして、ちょうどそのような瞬間に、彼女は非常に多くのストリームがこのような長い強度に耐えることができなかった良さと知恵ではなく、年齢、優しさを放射感じました。 長い場合は、私たちが書き込むことができ、あなたが想像するよりももっと良いものの範囲:太陽のように。
彼はため息をついて立ち上がりました。 オットマンのホールの靴は、言いました:
- 夜には、適切に換気する、好ましくは朝に、下書きをしません。 タップからの水は飲んでいません...
- はい、ママローマ - トーンシリアルヒロインは、IVIを宣言しました。 彼女は彼の胸の上に交差させ、彼の手でドア枠に寄りかかって立っていました。
- 取得する - 静かに、彼が息を呑んだとまっすぐに恨みなし。 ただいつもの答えのようなアイビー:「自分自身を取得する」 - としませんでした。 深夜奇妙な強迫観念に触発さかどうかは、友人の暖かい会社の魂の霜取りか - だけすべてのアイビーとの瞬間に突然はっきりとローマが彼女を愛していることを理解していました。 それも、この証拠に窒息少しですが、それをどうするかを知りません。 そして - もう一度、私はそれがこの愛によって不便、さらに暖かくていないことに驚い次の独占をマーク彼の意識の隅のうち。 ローマのアイビーで探索するより多くの愛の複数の宣言のシェアを取る機会がありました。 それが順序であると言うことができなかったが、が、ファンはsverhdostatochno敬意の一夫一婦制と一女の人のすべての種類をイビン与えられました。 彼女が往復移動することができなかったときにはいつも、私は、彼らが唯一の友達になることができます紳士に家を持って来るための方法、および関係のすべての種類を停止することも方法のための苦痛とエネルギー集約型検索になりつつ、このような場合には迷惑感を経験しました。 今では非常に異なった気持ちでいっぱいでした。 非常に特別な種類の同情、隣人のキリスト教の愛の思いやりに似ている - 魂感謝同情の非常に深さからかのように湧き上がります。 賞賛 - 決して、ない単一の単語、単独の行為をさせないため、前に彼は自分自身を与えていない、それは期待を裏切りませんでした。 快適に、助けたいという願望。 一般的には、欲望は少しおむつとRommie、通常、成人および独立を小康状態にします。 臆病な暖かさを圧倒し、彼自身の言葉による無力で混乱アイビーは、ローマに、段差なく、しっかりと彼を開催し、保護毛布やエネルギー分野のすべての病気から身を隠すかのように - そう何があって。 片思いの苦しめるものを知っていたので...
彼は、彼の優れた高さとmoguchest、最初の瞬間に、何が起こっているか理解していなかったし、その後も慎重に彼女の細い図を包み、彼の茶色の髪はそれをふわふわ黒髪に触れているように、彼の頭を下げ。 アイビーは、多くのことを言いたかったが、それは完全に厄介と場違いだろうと感じました。 また、時には小説は必要とせずに言葉を理解する能力を示しました。 アイビーは、彼女の手を開いたとき、彼はうなずき、短い春の夜の闇の中に溶解させ、ドアの後ろに姿を消しました。

放置、アイビーは、当然、それは寝る時間だと思いました。 ミラー渡し、彼を見て拘束しました。 メディア高さと鮮やかなかわいらしい顔の長い髪、貴族折り畳まブルネット。 あなたは顔下の彼の手の中に燃えるろうそくを保持している場合、たとえば、 - - 彼女の髪で、下から照らされ、それは父の非常に連想させます。 昼光の光は - 場合にのみ、適切なメイクアップを作成し、いくつかの顔の動きを習得します。 一般的には、誰もが好きではありません。 自身に - イーヴィーは時々挑戦的想像力で肩をぴくぴくと思ったとして。
一つの生活は良かったが、あなたが考える場合、これはさらに悪くなる原則である、とどのくらい悪化することができます。 あなたは、自分自身をすることができ、その条件に属する感じ、信じられないほどのカラフルな人生を楽しむために、愛し、愛され、希望を感じるように正常な人間社会と比較する場合と、...それは良いではない、一度静かに香りの枕涙の暖かい流れを持っている、考えていません。 そして帰って、それは不可能でした。 少なくとも今のところ。 奇妙なことに、敵から身を守る、と卑劣とブルートフォースは、多くの場合、他の人の犠牲テーブル苦しみに勝利。 今アイビーはいるかのように愛する人から切り離されました。 彼女は勉強し、普通の人として住んでいたのないそれは特に圧迫されていない - とはまだ、永遠の視力​​、監視、コルドン自身が感じた作り、どこに誰とでも破ることここにいないことができなかった事実は確認するために - もちろん、そこにそれらのどこで、誰に私が望んでいました。 永遠の約束は、すべてがうまく、ならびに接近遭遇について月から月へと毎年のヒントに渡すのであろうことと、この悪夢はすぐにオーバーになること、それが長い間信じなくなりました。 悪夢は3年間続き、終了するつもりではなかったです。 憤慨その後、要するに、最初のアイビーは、待っていたと信じてちょうど銀大皿に敵の名前を取得したい - - 勝利は、連続して転送予定や解雇を与えられていなかったが、彼女の隠れからでもということ - そして最後に、経験の疲れ、どのように決定しました私はより良い回まで保存されています。 ただ、私が住んでいました。 むしろ、彼女は誰にも言わ、あるいはこれを意識する権利を有していない、小さな小屋にありました。 だから、必要がありました。 夜に彼女は時々、ろうそくを点灯します。 活発な、暖かい、自身で希望の補完的な精神を行った場合に炎を震えます。 その後、ろうそくを吹き、アイビー眠って。

* * *

第二の都市の病院の治療部門の責任者、サイモンR. Morshanskyは、いくつかの混乱でした。 すでに私はアイビーKamelkovaの若い市民がまっすぐ彼女が病気になった通り、から喘息発作を呈する、他の患者の中で、居住の注意深い監督の下で一週間滞在しました。 、短期的なめまい、動悸、わずかヘモグロビンを下げた - しかし、疾患の既往歴のフロントページに記載さ診断の兆候は観察されなかった。しかし、医師の厳重な若い市民で、この期間中にアイビーは、以下のような様々なマイナーな健康問題を、検出しました。 主治医市民Kamelkovoy問い合わせは...ああ、私は申し訳ありませんが、我々は頭uchinyat週一回会合で、予約...もちろんを作り、本案について何も言うことがありませんでした。 患者は少し薄いと外観にあった - それは彼女の元気な高齢者にまでなっていたよりも、もう少し悲しいが、貧しい診断のいずれかの症状のそれ以外の場合は完全に無料で、ふてくされて、黄色がかった紙の上に全面的なラインをlilovevshego。
オフィスのドアをノックします。
- さあ! - 私はドアサイモンR.その低、ローリング・ピアス声で大声で言いました。 ドアが開かれ、修道院の頭はすぐに行って、スムーズに、背の高い大きな、ブルージーンズと控えめな白のニットカーディガンを淡茶色アスレチックステップ。 R・サイモンは彼の席から立ち上がり、丁寧思わず訪問者の靴をちらっと見、彼のゲストの手を横に振りました。 鋭い鼻、赤褐色 - - 靴はいくつかの本当に起こすんでした、なぜ、まったく、サイモンR.と彼は説明できなかったこと。
- 私の名前は、ローマのです - お客様の導入に優しい、不思議な繊細な機能と彼の目に責任悲しみと、korotkostrizhenogoと黒髪の、小さな、スキニー男の形をとった頭を、狙っ。 - 私は氏Kamelkovaの父アイビーの利益代表する - 女の子...
- はい、はい! - R.サイモンは言いました。 - 私は聞いたことがあります。 プライベートツアーは行われませんが、あなたが見ることができるように、私は歴史を勉強。
- そして... - ローマは印象的セミヨンRudolfovichを見て、一時停止しました。 それは医療の意識が混乱し、頭で、認知的不協和の本質を概説しました。
- あなたはそれが適切な苦情やこの立派な施設の壁内の健康の良好な状態の欠如で患者を維持し続けることを検討していますか? - 非常に外交的に頭を聞いて、小説を尋ねました。
- 私を信じて、人として... - サイモンR.は、微笑んで彼の右手の聴診器に手を押した - とは思いません。 しかし、それ以上に医師、など - の...理解ヘッドとして、私たちは私たち自身の手続きを持っています。
ここでローマが彼の場所にでトレンディな心理的なマントラの曲で通例であるように、ヘッドの動きを模倣しているかのように、スパークはずるい、しかし、髪のストランドの目に落ちて下から見分けることは非常に困難である、見て投げた、と、あまりにも、中に手を持っていました胸が、通常の財布を取得している場所に危険があります。
- グッド天! - R.サイモンは言いました。 - 私はかなり深刻です!
- ここでは、深刻な人々である - 親密な、意味のある音インスピレーションを得た代表者が確認されました。
- いいえ、あなたは本当に私を理解していません! - 頭が彼の座席から飛び上がり及びイビン履歴を身ぶり、ウィンドウに歩きました。 - 月曜日に、その後、肺機能、繰り返しテストの結果を来なければならない - 唯一の火曜日までに修復されたデバイスを...はい - 彼は咳。 - そして、私たちは見ています! すべての後、通りを歩くと「速い」の人が持っていないという理由だけで。 症状が突然現れます。 おそらく彼らは、再び自分自身について知っているのだろうか? いいえ、私の愛する、それがあるべきように病院で14日、 - すべてが順序である場合だけにして、あなたは、書き出します。 私は願って - ローマの期待視線を引く、頭を追加しました。
- まあ、 - 彼は同意しました。 - しかし、週末、あなたは彼女を手放すことができますか? 私の責任の下で。 私の目を収縮。
- 今日はちょうど私の一日のバイパスである - サイモンR.スポーツは、オフィスの周りを循環し、彼の腕時計を見て停止する、と述べました。 - 結果によると...まあ、一般的には、アプリケーションを作成...しかし、月曜日の8時から、患者が戻って家でする必要があります!
- 私は約束します! - 彼女は最大のシェアで優しい笑顔の魅力を入れ、小説を保証しました。
それから、彼らは手を振って別れ:ヘッド - バイパスにし、権限のある代表者を - 廊下に。

5番の家の中で、一方、完全nebolnichnoe気分を勝ちました。 4床の今だけ2によって占められていた。他の人は午前中に排出しました。 窓際の右のベッドでCapitolina Nikolayevnabiletёrshey自身劇場と呼ばれるデューティ朝のドロッパー中年女性が横たわっていました。 彼女は昨日の午後に来て、まだ病院のペナーテースであることをどのように習得していません。 ベッドのドアを左にそれから斜め方向は、アイビーが住んでいました。
- それはあなたが診断を入れて何ですか? - 痛みを伴うのんびりシステムの低下を考え、Capitolina Nikolaevnaを知りたいと思いました。
- はい、私は知らない - 正直アイビーは肩をすくめました。 彼女は軽薄なストライプのTシャツで彼女のベッドの上に座っていた、とほとんどのローマのように同じgolubenky dzhinsikahは:部門でのマナーが自由だったのワードローブ。 - 彼らは、喘息の発作であると言います。 そして実際に、私は路上で意識を失い、すでにここ目が覚めました。
- はい、どのようにそれをやりました! - Biletёrshaは泣き叫ん。 - それはよくあなたがこれらの若いを運ぶ場合、行われ...そして何が起こったのですか?
- 私は知りません。 ディジー、彼の目は暗く、および場合、すべてを失いました。 - アイビーが空気中に足をおしゃべりし、良いベッドが高く、一般的には、車輪の上の快適な担架を表現し、障壁の手すりを低下させます。 彼女は自動的に伝説の内側の発話内容を実行して、問い合わせを促進することであったが、ここでCapitolina Nikolaevnaで薬液ドリップに終わっ準備していました。 病棟のナースコールボタンが機能しなかったとして、アイビーは、ポスト自体に行ってきました。 遠く、彼女は移動することができ:優しい顔と目で看護師オクサナ、静かな湖の水の色を、彼女は彼を満たすために急ぎました。 彼女は今、頭をバイパスしているため、静脈biletёrsheを削除し、左、家に滞在するすべての人に言いました。
バイパスは、迅速かつ陽気に完結します。 R.サイモンは、Capitolina Nikolaevnaとの長い話を持っていた法律の戦いで彼の母親の生活から彼女の魅力的な物語を奨励するが、IVIについてそれを言った - それは喜びです! - それは良い感じている場合ロマノボケアで週末で放出されます。 アイビーは厳粛に良いことを保証しました。

* * *

静かな6月の夜マイナーチェンジライトを注ぐ、それは木の板に沿って波の厚い襞を流しました。 船外機を備えた単一本マストの船が湾に沿ってスムーズに移動すると、最初の夜offsuit照明は巨大なきらびやかなマーキーの壁に向かってスライドさせて頭の上に浮いている場合は、20分後、彼女の背後に滞在し始めた:ボートは海に出かけます。 前例のない自由を楽しむ、アイビーは、ほとんどの冒険の匂い、エレガントな照明で建物を過ぎてカラフルな照明や空気その夜の花の花束を浮かべ座って、ゆっくりと賞賛します。 ローマは、彼が働いていたスタジオのパビリオンに回し、熱心に若い演奏のコンテストについてナレーション帆を平行に見ました。 おそらく百万回それスリムロマノフ前に聞いたアイビーは、突然言葉「競争は、「彼はフランスのアクセントで言う理由をお聞きしたかったのです。 しかし、それはあまりにも穏やかだった、との調和を破るには何もしたくありません。
クロックは、ローマが必死に彼らの友人のいくつかを見てみたかったウォーターフロント、上のスポーツクラブで停止。 アイビーは、再び輝きない、半分黒ロビーに残っ賞の様々なを見て、スポーツのイメージでポスターをハング - と壁のロックスター。 自分自身のためにアイビーのためのクワスとビール:すぐに、彼女のメンターは、いくつかの瓶を運ぶ戻ってきました。
- そして、次の領域は何ですか? - 彼女は鈍い金はストリート音楽の背景に似たものを形成し、半円弧を輝いていた入り口の右側に示されています。
- セレモニーで開催されている地元のお祭りがあります。 道をリードする...競争に基づいて選択されている - 再び彼は彼の宣告をねじ込むが、質問の一見明白な機会にアイビ​​ーは、より重要なの関心を失うことへの恐怖を強調しませんでした:
- ラム...そして、あなたは、あまりにも、可能性があります。 あなたは素晴らしいホストです。
ローマは何とか額や目の毛を残して、見下ろし、その後、静かに、はっきりと言いました。
– Я некрасивый.
– Чего?? – Иви повернулась к нему вплотную, даже остановилась от изумления.
– Ну ты посмотри на меня.
Она посмотрела. И в который раз не увидела ничего некрасивого. А может, просто привыкла или, что скорее всего, считала Романовы черты лица естественными, потому что он был похож на её родственников по материнской линии, и подобный облик в различных вариациях был для Иви родной средой зрительного восприятия. Она также много раз слышала сетования Романа по поводу длинного носа, чрезмерно кустистых бровей и ещё каких-то, на его взгляд, недостатков внешности, но всегда считала подобные выступления полушутливым кокетством. Сейчас она хотела, привычно перейдя на мальчишеский тон, пообещать дать ему по шее за ненужные самобичевания, но отчего-то почувствовала, что это будет грубым и ненужным излишеством. Пришлось сказать как есть.
– Во-первых, – неторопливо проговорила Иви, тщательно подбирая слова, – ты милый и обаятельный. А сила обаяния сильнее силы красоты. Во-вторых, сложен, как бог. В-третьих, – тут она задумалась, не зная, как правильнее оформить ощущаемое, – в-третьих, на тебя вкусно смотреть. И радостно. Это как ансамбль или готовое блюдо, где важен общий результат. Не глаза, брови, скулы и всё остальное по отдельности, а всё вместе, общее впечатление, та игра облика, которая получается при взаимодействии.
Роман наконец улыбнулся. Иви мельком вспомнила, насколько холодными, бездушными, пустыми и агрессивными бывают обладатели так называемых классических канонов внешней красоты и от души подумала, что все они вместе не стоят и одной такой искренней и обаятельной улыбки существа, неожиданно вздумавшего комплексовать такой ночью. Потом вспомнила ещё одну причину, которая могла вызвать такую реакцию: она сама когда-то неоднократно в открытую заявляла, что красивее папы никого на свете нет, и Роману об этом было прекрасно известно. И штука-то в том, что Иви не лгала о своём отношении ни тогда, ни сейчас. Каким-то непостижимым образом уживались в ней два этих мира, два отношения, и не просто уживались, а, уравновешиваясь, вносили удивительную гармонию, а каким – она и сама не знала и понять не могла. И напоследок скользнула ещё по краешку сознания мысль о том, что Роман сейчас решил нарочно “всплакнуть”, чтоб его согрели вниманием. Пройдоха тот ещё. Но ничего такого Иви вслух говорить не стала, а, взяв у Романа из рук свои две баночки кваса, повлекла его к лодке: ветер стихал, и они могли застрять тут надолго.

Вскоре оказалось, что ветер не просто стихал, а уступал место полному штилю. Пришлось убрать парус и включить мотор. Сидя на комингсе и опустошая баночки, они ещё порассуждали немного “о судьбах России”, как весело отрапортовал Роман, то есть, о том, что волновало Иви более всего: освобождении, доме, радости в кругу своих – но в очередной раз ничего особенно конкретного не прояснилось. Беседа, усыпанная воспоминаниями, вновь растравила тоску, которую Иви тщательно пыталась скрыть, не желая портить этакую дивную ночь. Роман, тем не менее, чутко уловил этот эмоциональный отзвук и примолк. Когда и как стремительно налетело ночное крыло на тот хрупкий радостный мир, воцарившийся в лодочке, никто из них понять не успел. Оба пропустили тот миг, на котором нужно было остановиться. Иви упустила момент, когда тоска по дому и отцу могла быть неправильно истолкована как демонстрация того, что сейчас ей стало скучно и плохо. Роман, хотя и мог понять умом, не сумел сдержаться и найти в себе силы понять сердцем – что, впрочем, нетрудно после волны предыдущего воодушевления. Нет, он ничего не сказал, просто, убедившись, что судно причалило к берегу, заглушил мотор и включил сигнализацию, а затем пошёл спать, велев Иви сделать то же самое (заночевать в лодке они решили ещё до наступления штиля). Она запоздало почуяла, что он обиделся и как легко разрушить то ценное, что только и может представлять ценность в человеческих отношениях, но сделать что-либо было уже поздно: волшебная ночь истаяла, а Роман заснул.
Иви и сама очень хотела спать, и все переживания проходили сквозь неё слегка отстранённо. Проверив ещё разок мотор и сигнализацию, она заглянула к наставнику. В каюте клубился густой полумрак. Роман лежал на правом боку, отвернувшись к стенке. Иви сумела разглядеть, что укрылся он кое-как: одеяло почти сползло со спины в промежуток между Романом и стенкой. Иви, совершенно не задумываясь, перетянула одеяло по всей длине так, чтобы укрыть спящего как следует – она сделала это так же, как привыкла в детстве укрывать всех заснувших в доме. Потом зачем-то прилегла рядом, стараясь понять, спит он или просто делает вид. Может, сейчас внезапным приёмом решит высвободиться из-под покрывала и устроит шутейную борьбу. Но спина молчала. Тогда Иви, всё же чувствуя некую свою вину, решила, что если Рома спит, то он ничего не заметит, а если бодрствует, изображая глубокое забытье, то… Впрочем, справедливости ради следует сказать, что на это-то самое “то” она и надеялась. Осторожно потянувшись, Иви коснулась губами Романова уха – самого верха левой ушной раковины. И замерла на несколько секунд, не выпуская уха изо рта. Ухо было прохладным, зато, как показалось Иви, остальное тело благодарно затеплело. Потом она вспомнила, что Роман дал ей ценное указание – спать – и прекратила мусолить ухо. Неслышно поднялась и ушла к себе.

* * *

Вечером вторника произошло непредвиденное событие. Иви настраивалась на скорую выписку, ни о чём более не помышляя. Капитолина же Николаевна только входила во вкус больничного житья-бытья. Вернувшись в палату после очередного обследования, Иви застала возле женского ложа группу родственников вперемежку с сослуживцами, а так же кого-то из медперсонала. Во всяком случае, в небольшой людской кучке виднелись белый халат салатного цвета медицинская униформа. По интонациям и обрывкам фраз Иви поняла, что ничего худого не случилось. Женщине назначили масштабный курс лечения, подробности которого объясняла ей медсестра Оксана. С посетителями же Капитолина Николаевна делилась впечатлениями, испрашивая у каждого чувствительный отзыв. Иви вежливо поздоровалась и устроилась с книжкой на кровати. Немного погодя визитёры стали расходиться, и возле себя Иви неожиданно увидела Михаила. Это был массажист, в которого она была влюблена более двух лет здешней жизни. С этой драмой было связано немало страданий, из которых, опять-таки справедливости ради следует заметить, выдернул её папа. Он положил конец переживаниям, и хотя рана уже затянулась, Иви не была расположена видеть Мишу сейчас. Она догадалась, что его вызывали из поликлиники делать массаж Капитолине Николаевне, как вызывали многих специалистов. Дружелюбно, однако с известной долей отстранённости, она кивнула Мише в приветствии и хотела снова углубиться в книжку. Он зачем-то остановился рядом, опершись рукой о её кровать.
– Ну чего? Как дела? – спросил с прищуром. Иви отметила, что на сей раз Миша, на удивление, не пьян и не очень-то спешит ни на встречу с приятелями, ни домой к жене.
– Спасибо, хорошо, – ровным тоном ответила она. Этого Миша не ожидал. Он и не говорил ничего, и не уходил, и веяло от него чем-то пристально-невысказанным. Однако Иви не улавливала в себе особого интереса разбираться сейчас. С тех пор, как она его разлюбила, массажист сильно постарел. И дело было даже не в том, что он биологически был на двадцать лет её старше. Бывает, что человек стареет и в само расцвете возраста и сил. Или будто что-то странное сплавляет воедино и заставляет жить внешнюю оболочку.
– Ты вечером свободна? – спросил Михаил – как показалось Иви (возможно, слишком уж избалованной теперь Романовым отношением), чрезмерно по-хозяйски, снисходительно. В ответ она пожала плечами, красноречиво окинув взглядом палату.
– Да понятно, – он махнул рукой. – Может, сходим куда-нибудь? Я устрою… – и побренчал мелочью в кармане. Иви стало совсем неуютно. Видимо, он всё ещё не понимал, что давно прошли те времена, когда она была готова бежать за ним на край света. И что ей теперь было жутко вспоминать все тогдашние унижения. И что ей хотелось бы забыть навсегда даже сам факт существования в жизни того периода. Нет, она была, по привычке, благодарна за всё хорошее, но плохого – слёз и душевных мытарств – было гораздо больше. А Иви хотелось, несмотря ни на что, пребывать в счастии, а не в страданиях. И только сейчас она со всей отчётливостью поняла одну вещь. Но к Михаилу это не имело никакого отношения.
– Нет, – сказала она, отодвигаясь вместе с книжкой.
– Не настаиваю! – немного паясничая, ответил он, но по-прежнему не уходил. Тут в палате проявились (видимо, они находились тут и раньше, просто Иви их не замечала) двое мужчин в сером – девушка решила, что они из числа ещё не отбывших восвояси гостей Капитолины Николаевны.
– Мужик, ну ты что, не понимаешь? Тебе сказали: нет. Не тревожь покой выздоравливающих, – несмотря не простецкое обращение, произнесены эти слова были тихо, внятно и отчётливо. После этого компания почти по-дружески подхватила Мишу под руки и отбыла вместе с ним в неизвестном направлении. Иви ещё раз слегка поморщилась, и уткнулась в книгу.

Через несколько часов медсестра Оксана принялась обходить палаты перед сном – кому-то вручить необходимые лекарства, а кому-то – направления на завтрашние анализы. В пятой палате не хватало Иви Камельковой, хотя вещи её находились тут же. Капитолина Николаевна уже спала и не могла ни развеять Оксанины сомнения, ни удовлетворить её справедливое любопытство. Решив, что Иви до сих пор болтает где-то с такими же представителями беззаботной и не слишком ответственной молодёжи, Оксана решила вначале закончить обход. Выйдя из последней палаты, она случайно бросила взгляд на дальний торец коридора. Ей померещилось там некое движение теней. Медсестра проследовала в том направлении, и взору её открылась следующая картина. Недалеко от коридорного тупика располагался ещё один медицинский пост, на котором давно никто не дежурил: пост перенесли в центр отделения, а стойку не убрали. Напротив стойки помещалась кушетка. На кушетке сидел уполномоченный представитель господина Камелькова по имени Роман. У него на коленях – вернее, тоже на кушетке, но перекинув ноги через Романовы колени и прижавшись к его телу правым боком – сидела пропавшая Иви. Роман и Иви не замечали никого вокруг. Они самозабвенно целовались – целовались с упоением, взахлёб, словно прямо тут же, на посту, стремились не то поскорее друг друга съесть, не то приуготовляли почву для немедленного улучшения в стране демографической ситуации. Оксана, прислушиваясь к тому диалогу, который вели в её сознании душа и чувство служебного долга, подумала и отступила назад.

13-14. февраля 2013 г.

時間ウィジェットはによってフラッシュを作成したイーストヨークの簿記係