2007 2007年1月7日

メインキャラクター- 2

公開: |カテゴリー: 俳優未来からのゲストインタビューニュース |
Щелкните для увеличения メインキャラクター(会議の後半)..ナターシャ:それは不可能です」...私も時々、言うことを開始しています "..."。 "ママ:私はAleskaは答えは何がありますか! それは映画です!」
...そして当然のように! "

----------------
- F:予期しない質問。 あなたの演技のキャリアにクラスメートを飲みますか?

- M:。(笑)私が最初に私のクラスメートは笑って、嘲笑信じなかったことを覚えておいてください。 映画が出てきたときに、その後、それはもう少しを開始しました。 しかし、私たちは教室には興奮がありませんでしたしていないことを言わなければなりません。 第八、第九年生:私たちみんなはすでに成人しました。 しかし、それでもまだ、私は態度をあざけるいくつかの皮肉があった、と言うでしょう。 それは、何の演技のキャリアがなかったことが明らかになった、厳密に言えば。 ただ、どこか彼が主演しました。 したがって、私は俳優としてのキャリアに名前が付けられていないだろう。

しかし、私たちは学校で持っているような一少年です。 彼も私の友人でした。 私の上のクラスで。 彼の名前はシリルPoltevskiyました。 彼は子供の映画の猛烈な量を撃ちました。 ...私たちは近隣の家に住んでいた「ラスマス·トランプ」、そこにどのようなものです。 そして、このシリルは、それが撮影された、もちろん、非常に怖いので、狩り。 各男はキリル顔を与えるべきであると感じました。 あなたは、参照してくださいさて、Thの」、と言います。 ここラスムス。 そして、私は今、与えられた顔で彼に言いました! ここであなたとラスムス! HA-HA-haです。」 ここでは、この巨大なソ連のサブカルチャーのティーンは、私は正直、その後ひどい嫌って、私も、それをトラブルのすべての種類を提供しました。

- H:私は何とかすべてが大丈夫でした。 私にはわからない、非常に長いクラスメートは私が撃たれたということでした持っています。 私はそれについて話をしようとしませんでした。 親しい友人はもちろん、知っていました。 あなたも撮影何、知っていることはありません。 私はちょうどので、私たちは映画、ドキュメンタリーであったことが起こった(エド:「危険なナンセンス」)、一緒に私の親しい友人と。 そして、それらは「ジブ」に連れて行ってくれましたが、そうではありません。 そして、私は、率直に言って、私はそれはそれはとてもクールであるとして、私たちはそこに興味深いパビリオンを持っているものをやって、どこそこに私を運ぶためだに耳を傾けることは非常に容易ではないことを理解しています。

- M:はい。 私も恥ずかしいです。

- H:クラスメートは、フィルム週間前にそれについて学んだのでリリースされている必要があります。 彼らはただの先生に言った: "ナターシャはその後だった見て。」 彼らは見て、それは春休みだった、と私は学校に行ったときと...私はクラスに行き、私が育った、またはホーン、または私は緑の皮で覆われている、または何かが私に起こっていたことに気づきました。 人々は誰と私は6年間勉強しているので、彼らは非常に奇妙な顔をしています。 上から下にちょうどこちらをご覧ください。 誰かがハッハッハ」、などのクスクス笑いしようとしています。 彼女はブーストが必要でした。 それは必要なものをブースト - 磁器の青? どう思いますか。 しかし、3日後、彼らは家に私を取ると、私のブリーフケース(笑い)を取ることを申し出ました。 そして、それは一種の厄介でした。 私は考えた: "私の神! 私は彼らと何をすべきか? これは、プッシュについてよりよく笑いになります。 それは容易になるだろう。」 しかし、その後、彼らは理解し始めました。 多くの人々は私と一緒に学校に来て、いくつかの知人を打つ過ごすことを試みたので...そしてクラスメートは、特定の義務を設定して、彼らは私を家に護衛しました。

- M:私は、彼らが前に見たことがないものを、子どもたちがキャリアを求めていなかった、と彼らはそのような何かに触れることを望んでいた当時と思います。 そのため、彼らはこのことによってタッチされた人たちに直面している、私たちは「このコンセントに接続します。「何とか自分自身に試してみました

- A:いいえ、映画は謎だった直前に。

- M:はい、はい、はい。 正確に!

- A:私も自分を覚えています。 私はVolodyaチホノフで学校に行ってきました。 私の学校はまたStrizhenovイゴールStaryginを検討しました。 映画 - しかし、それにもかかわらず、その時の私のためにはまだそれが聖餐式のいくつかの種類だと思いました。 この世界 - 特別な何か。 そして、あなたはまだ発生していました。

- H:それはその後だけでなく、映画の謎があった明らかです。 明らかに、フィルムは - この映画は、彼らが喜んまたは不本意、このイメージは私を運ぶようになった後、私はすべて同じ、非常によく知っている、のようにそれは、私と一緒にいても、それらの人々の6年間を研究するように欺瞞と幻想の特定の芸術であり、 。 私はクラスに来たと言うと、私は完全な見知らぬ人だったように彼らが私を見て。 そして、これは時間がある限り、彼らが再び使用されないように生きることは非常に困難でした。

- F:注意は、すべてのための重要な課題です。 それは、画面上の彼を見て、人を愛することは可能ですか?

- A:ああ、はい! うん! 簡単! (M.&Nで笑います)

- F:それは本当に好きです!

- A:私はあなたを伝えることができます(手を発生させます)。 あなたが知っているので、ポールOganezovichemの夫であり、私はジャン·ギャバンで(彼は私よりもずっと年上のですが、この人がいなくなって久しいされていても、愛にまだ午前)恋をしていました。 私はポールに言った: "私は私の人生で、彼は彼を愛していることになるのか分からないのですか? しかし、特に...若いギャバンが...そして、それはあまりないハンサムな男ですが、心の平安は、内側の魅力、この力である「ポールは言った、「あなたは素晴らしい、コースの味を持っています。 賢いです。 私は、あまりにも - 」を「」。 そして、我々はそれを一度議論していました。 彼は私に尋ねた: "あなたは彼に会った場合、どのように振る舞っでしょうか?」。 そして私も、私が振る舞っていたのか分かりません。 私はそれに住んでいるのが大好きですか! 私はジャン·ギャバンを参照すると画面上に、今まで、私は鳥肌を持っていました。

- M:そして、私はあなたにカウンター質問(ロマン派)をお願いするつもりです。 あなたは文学キャラクターと恋に落ちることができるかどうかを教えてください? プーシキンのタチアナは、例えば。 あなたは、男は、私に言います。

- A:私はいくつかの理由で、恋に、また文献のいずれにもないです。 豊かな想像力が。

- N:私は、一般的に、この場合のメカニズムを理解しています。 私は一度最初のロマンチックな愛はIchthyanderました。

- A:はい、はい。 ルート。

- M:映画の中で。

- H:映画では、もちろん。。 私はおそらく7程度でした。 私は彼を見て、私は、それが示した何...この映画を見ることができます。

- A:全国が彼に恋をしていました。

- H:今、私Aleskaはハリー·ポッターと恋をしていました。 そして、私はこの愛のメカニズムを理解しています。 しかし、その一方で、私は監督、脚本、メイクアップなどを作成した文字が、それははるかにこの人はかもしれないという事実からであることを、もちろん、理解しています。 もちろん、が、人相は何のためにそこにまだありません。 人はこれがとにかく非表示にすることはできませんが、存在する場合、私は、特定のカリスマ、と言うでしょう。 当然、何かが魅了しています。 しかし、誰カリスマ性とにより、大規模な、ないではありませんが、それは唯一の取締役等、作家、メイクアップ、によって作成された非常によくあるケース 例えば、私は内側の魅力があるので、女性の多くは正確に乾く撥人だけの外観を知っています。 そして、それは絶対に物理的な外観に依存しません。 それは他の文学者によって課されている場合や、有能なショットはフィルムが、監督として、その後、国のちょうど半​​分がクレイジー得ることができます本当にあります。

- A:最も重要なことは、失望することはないように。 (笑)

- M:いいえ、実際に、この問題は非常に複雑です。

- F:質問は単純です:yesまたはno? (笑)

- A:私は、言った。「はい。」

- N:私は1つのファンを持っていました。 私は彼に言った。「見て、ここで私たちは偶然に今日会いました。 私はすべての入れ墨で、レザー黒革のジャケットにされているならば、私は耳の行の7リング、鼻の中の1つ(笑)だろう。 私は言う: "ハ!" "あなたはどのように感じますか?"。 彼はまあ、あなたが知っている、もちろん、私は押しつぶさ一瞬ショックを受けたであろう」、と言います。 おそらく、あなたのための私の気持ちが溶けていないだろう、私はちょうど私の神、思っただろう! 彼女が持っていたもの苦しい生活! "私はこの生活からあなたを救うしたかったのです。」 そして、私はそれがすべてです実現しました! それは不治であります! (笑い)

- F:ロマン派...次の質問。 魂の職業? 趣味?

- M:あなたが知っている、趣味 - それは、典型的には英国のものです。 ここでは紳士です。 これは、ビジネスに従事しているし、彼は特定のニッチがあり - 趣味。 彼は、最悪の場合にはマッチからスタンプまたは希ステッカーを収集します。 そして、最高の状態で、例えば、ゴルフをします。 リズムを絞っ現代人、...

- H:あなたは時間がありません。

- M:いいえ、私の主な趣味 - 音楽、クラシック音楽。 私は助けることはできません。 可能な限り、私は聞いています。 (A.が彼の手を伸ばし。彼らは挨拶)私はコンサートに行くあなたは、再生することができたとき、私は子供たちが遊ぶ、私は、少しをしたしました。 我々はスコアを理解しています。 しかし、音楽は - これは確かに趣味以上のものです。

- A:これは、第二の「I」です。

- M:はい。

- A:私はすべての良い音楽が好き。 ちょうど古典的ではありません。 時にはあなたがオフに来てどこかにしたいので。 そして、そこ吸うときに...ちょうど悪い、と非常に悪いわけではありません。 だから私は本当にサックスのように、まだ...音楽をオンにします。 私はサックスのすべてのレコードを持っています。 私にとってこれは治療です。 良い音楽 - すべてのムーバー。

- N:私は今、評価しようとしています、私の趣味は何ですか? そして私は、私は趣味を持っていることを理解して - それは、通常の読み出しです。 それは時間ではなく、それはすでにランク趣味に転送されているからです。 私はもはや無効になっているだけの輸送中または夕暮れ時に読み込むことができません。

- M:あなたは笑うだろうが、芸術の散文作品は、今日私は6ヶ月のどこかに1-2お読みください。 ただの魂のための時間を持っていません。 例えば、私はすべてのレスコフを再読み込みすることを決めました。

- A:ああ、あなたは賢いです!

- M:そして今、私はちょうどレスコフを獲得したPDA上で、現在です。 より多くの楽しみを持っているのでしかし、地下鉄で余分な停止を渡します。 もちろん、それは文学を読むために必要があるが、簡単な時間は絶対にありません。 もちろん、これは趣味です。 趣味 - ルーチンから、私たちの専門的な活動から私たちを分離するすべてです。

- A:本と同じように、私は、言いたい "あなたは美しいしている、瞬間を停止します。」 私はガールフレンドと会ってきました。 私たちは近く住んでいるが、まれにお互いを見ません。 私たちは私の家に座って...と私は詩にそのShpalikovゲンナジーを取った点に同意し、彼女シュクシーン。 (私は本で全体の壁の棚を持っています)。 彼女はShukshina私に言った - 私は彼女Shpalikovに言いました。 午前中に5つまで! 彼女は夫と子供を忘れて忘れていた - 彼女の夫は彼女を呼び出します。 だから我々は座って、クロスをお読みください。 それから私は彼女を開催しました。 (彼女は過不足なく夫 - 。有名なホッケー選手アレクサンダーBodunov)彼女は "、呼び出し、次の日レンが私に言いました。 私は詩を読んで、私たちは午前中に最大5つであったことを私の夫に言いました。 彼はとても驚きました!」。

- F:どのようにこのようなエレナMetyolkin、ヴャチェスラフイノセントなどのような他の俳優、で働いていましたか。。?

- M:レナからMetyolkin(編:膜中 - ポーリーン)がいること。最も素晴らしい思い出に残りました。

Щелкните, чтобы увеличить

- A:それは甘いです。

- M:One Oganezovichパウロは楽屋、「Soがに私をドラッグ。 私は彼の髪型が好きではありません。 少年は正常な外観だったかにトリム来ます。」

- Nは:ところで、全体で「ゲスト... "私は自分のポールOganezovichノートを切りました。

- A:はい、彼はポーリング。 写真もあります。

Щелкните, чтобы увеличить romantiki_ru_nm_am_sm.jpg

- M:。そして、私のヘアカットは、私は鏡の中の自分を見たとき - ホラー、悪夢を! と近くの椅子に彼はレナMetyolkinが座っていました。 そして彼女は言った: "まあ、何も。 あなたが知っている、私は常に働いていると私は来週、すべてが良くなることを知っています。 すべてが大丈夫です心配しないでください。

- N:私は無実の素晴らしい印象を持っています。 まず、彼は人民芸術家でした。 彼はその後、映画、演劇、ラジオを引き裂きました。 一見子供の映画のよう。 しかし、彼はレイアウト! そこで彼は、すべてのこれらのレーン上でそのセーターに走りました! 彼はとても大変でした。 彼はとても暑かったです。 その後、我々は「パープルボール」を撮影します 彼はいくつかのひどい合成毛皮のコート、これらのかつらと化粧(Gromozeka)でした。 彼は子供のためのフィルムという事実にもかかわらず、撮影については非常に良心的な、非常に正直です。 そして、私に - 子供 - 彼は常に完全対応として扱われていました。

Щелкните, чтобы увеличить Щелкните, чтобы увеличить

- M:それはすべてのように扱われています。 そして、子供たちにそれを非常に真剣に。

- H:彼は常にちょうど創造性を欠いていました。 彼はいつもよりやゲームのいくつかの種類に着手:この彼BALDA、あるいは学者で。 すなわち 彼はいつも退屈していたと何か他のものは、さらに検討しました。

- M:私たちは撮影の間の休憩中に再生はい、および博学。 そして、彼はいつも私を救いました。 あなたが言うことを始める場合は、「そのような言葉は! "彼は"いいえ、あります。 "、言わないだろう

- F:そして。 アレックスFomkin? (エド:フィルム中-コリャゲラシモフ。)

- M:そして彼はかつて偉大な拘束に振る舞っ。

- A:それは人生などです。

Щелкните, чтобы увеличить

- N:そのもの自体に対して。 彼はその後、村に隠遁に住んでいました...

- M:私はアンドレイ·都市の暖かい思い出がある(エド:フィルム中 - 臆病なイシューチン。)。 彼は素晴らしい、素晴らしい、楽しかったです。 私は彼がかつての悪い文字のいずれかを表明覚えています。 そして、彼は言った: "ああ、私の神! 私は何をやっているんだろうか? 私の娘は何を言いますか? 私はここに描く悪夢! "

Щелкните, чтобы увеличить Щелкните, чтобы увеличить

- H:そして、私はまだヴャチェスラフバラノフの非常に良い印象を持っていた(エド:映画の中で - エドワード(イリヤMuromets)。)。 それはどのように今しているのですか? (K Arsenova)

- A:撤回。 シリーズのどこか。

- M: "私の最初の役割はひどかった:私は彼が私に言った覚えています。 私は女の子と恋に少年であるかのように。 どのように私はその女の子を嫌って!」。

Щелкните, чтобы увеличить

- H:それはうぬぼれていないので、即時です。

- F:セット上の他の子供と(アクター)の関係。。

- M:。あまりにも一般的な質問。 通常、良好な関係。 ビジネス本当に。

- F:セットで私たちにいくつかの面白いエピソードを教えてください。。 それは、常に標準の質問です。 何思い出?

- M:まあ、vskidku ...私はポールOganezovichは、私たちはアリスに感心なさか覚えています。 状況がこのでした:それは巨大なプラットフォームを示しているセルゲイLeonidovichに - カメラの操作者、およびその背後にある - 交通ライト。 パウロOganezovichは言う:「これは信号機である - それはアリスです。 そして、あなたはそれを見て、言わなければならない "アリス!!!"。 " そして5は、我々は交通信号を見て、言った、とり「アリス!!!」。

----------

Щелкните, чтобы увеличить Щелкните, чтобы увеличить

エド: "!我々は、交通信号を見て - ア​​リスを表す」とは、それが将来alisomaniiを見越しありませんか?

----------

- H:いいえ。 実際には、このような状況がありました。 私はすべて以上より若かったです。 これは、注目を集めるしないしようとしました。 プラスこれまで我々は、一度に遊んでいたそこにすべての女の子は、とにかく、アリスの役割のオーディションを受けています。 したがって、状況は私は不安でした。 我々はいくつかの一般的な私を撮影していたときに、最初に、彼らは単に上書き。 私はそれらのすべての(笑)見ることができませんでした。 ポールOganezovich言おうと非常に長い時間:「それは主人公、一般的に同じです。 あなたはそれがまだ消去されません。 "

Щелкните, чтобы увеличить Щелкните, чтобы увеличить Щелкните, чтобы увеличить

彼は映像の最初の作品を見せ始めたまでしかし、それは、無駄になりました。 そして、私のためにいくつかの点では(笑)増加しています。

- F:非常に興味深い質問。 外国人の観客がこの映画を理解することができます。

- N:私も、私の意見では、ブルガリア、ドイツ、アメリカとイスラエル...韓国人、中国からの手紙を送ったという事実から判断します。 私はちょうど導入された1つは、中国の「アリス」、「のNNIのNNI-YUM」(笑)のように聞こえます。 私への手紙は、彼らがほぼ同じで、送信されたため。 しかし、我々は文字を描画、してみてください!

- M:私は実際と思う - がありません。

- A:いいえ、もちろん。

- N:私は私ができると思います。 私は1つのムービーなどの子として気に入っていることを覚えておいているため。 私はそれが呼び出されたものを覚えていない...いくつかの "休暇を...」。 いくつかのマヤがあった、彼女はいくつかの鉄パイプに飛びました。 そして、私は完全にこの映画に引きずら。 まあ、クールな映画! ほぼ同程度。

- A:停止します。 これが私たちの考え方です。 これが私たちの文化です。

- H:それはチェコの膜です。

- A:しかし、それにもかかわらず、私たちはもはや、彼らは私たちを理解するもの、彼らはそこに何をしているか理解できません。。

- M:それはひどく、ほとんどの機能で構成される人を、好きだ理由の現象は、それが私たちのロシアの現実の特異性です。 西では、全く異なる条件。 そこでは、人々は何か他のものに反応します。 外部事件をキャッチすることができます。 と内容が内部キャッチすることはできません。

- A:または画像。

- M:はい。 または誰かの写真をキャッチすることができます。 彼らも私たちのジョークを理解していません。

- M:あなたは私たちがmielofon箱を落として、彼はそこを取り出しなったか覚えていますか? (笑)

- H:はい。 と黒のペンキで塗ら各フレーム前のフィルム、それの終わりに。 彼はまだボロボロです...

- N:私は自宅でそれらのうちの2つを持っています。 大きなものと小さな。 ミニ - Aleskaは学校を解体しました。 その結果、そこに彼女は恐ろしい感覚を作りました。 彼はogonechkamiました。

- M:ナターシャ、あなたはパウロがOganezovichたちを示した元mielofonが無線トランシーバーに似ているいくつかの...他のマシンだったことを覚えておいてください。

- B:はい、実際には、彼は完全に別のフィルムです。 Bulychevaですべてが明らかです。 そこイヤホン...

- M:これは芸術です。

- A:そして自分自身を考えて...。

- M:いいえ。 私たちは科学の観点から、すべてを分析するために開始した場合、それはナンセンスであろう。

- A:と言って、が!

- O:多くは試して...

- A:いいえ、私は申し訳ありません。 これは、まだ結晶の形で行われました。 私たちは、石があるエネルギーであることを知っています...

- M:まあ、超心理学。

- A:それから、あなたは締めることができます...夜の前に。 誰が任意の想像力を持っています。 あなたが科学的に立証しようとすることができます...

- N:いいえ、あまりにも多くの質問を依頼する必要はありません。 私は、例えば、サイエンスフィクションの父が愛したことがなかったと読み取ることができませんでした。 彼は私が、例えば、ベリャーエフを読んで、私は原則的に、このようなデバイスは不可能である、ということを理解 "と言います。 原理的には、このような現象には不可能です。 私はエンジニアリングの観点からそれを想像し、私はそれは不可能であることを理解しています。 " そして、私はまあ、お父さん "、彼に言います! あなたがアプローチを狭めます。 重要な方法はありません。 これは、原則として重要です。」

- M:そして尊敬物語ましょう。 魔法のじゅうたん。 Что же мы будем анализировать его…

– Н.: Правда, я сейчас тоже иногда начинаю говорить: «Это невозможно. Как это они отсюда попали туда?». На что мне уже Алеська отвечает: «Мама! Это же кино!». Я говорю: «Ну ладно, ладно». И правильно! Что задавать глупые вопросы?

– Ф.: Неромантический такой вопрос ко всем. Чем вы сейчас занимаетесь?

– Н.: (берет стакан с вином) А я сижу и пью. (смеется)

– Ф.: Так. Наташа сидит и пьёт, а Вы чем занимаетесь (к Муравьеву)?

– М.: Эх, не успел схватиться за бокал! (смеется) Ну, чем можно заниматься? Детей воспитываю. Пытаюсь, что-то написать. Книжки новые. Сейчас пишу очередную книжку.

– Ф.: Художественную?

– М.: (морщится) Нет. У меня не те мозги, чтобы художественные писать. Научную.

– А.: А издаются книжки-то?

– Н.: Издаются. Я читала.

– М.: Вот, кстати, могу показать. Это перевод с арамейского языка одного из исторических циклов. Писателя Силина.

– А.: (рассматривает книгу) Ой-ой-ой. Открывает изображение древней фрески.

– Н.: Такой вот серьезный молодой человек с нами сидит.

– М.: Кстати, сколько трудов мне стоило эту икону на Фотошопе вывести. Это фреска девятого века из Ближнего Востока. Сейчас еще должна одна книжка выйти. Мои переводы с сирийского, параллельно сирийский текст и вступительная статья, текст с исследованием и т.д. Вторая половина четвертого века. Сейчас я закончил переводить один греческий текст. Так, что скучать не приходится.

– А.: А я заземленная абсолютно. В буквальном смысле заземленная. Земля – моя стихия по гороскопу. Я выращиваю цветы. Занимаюсь животными. Работала на программе замечательной, которую убрали почему-то с Первого канала. Работала с Максимом Никулиным – сыном Юрия Никулина. У нас была потрясающая программа «Форганг». По-немецки это занавес. С Максимом Никулиным работать – счастье. Вся моя жизнь это случай. (И с Павлом Оганезовичем я познакомилась случайно) А тут однажды стою, курю на лоджии, а моя соседка с другого этажа (она работала в цирке с Никулиным) меня увидела и говорит: «Лен, нам нужен гример. Пойдешь к нам в команду?». «А як же ш!» И так все началось. И эту программу мы два года снимали. Максим Никулин – это тот самый случай, когда на детях природа не отдыхает. Он потрясающий журналист. С головой все в порядке, с чувством юмора выше крыши. Мы работали – песню пели. Все хохотали и без слов понимали, что делать. Для меня это было ново. У меня за спиной два театра (Таганка, где бушевал Высоцкий; ТЮЗ) и киностудия Горького – кино. А тут цирк. Я помнила цирк своего детства, где был еще Юрий Никулин. А это сын. И меня так захлестнуло… А сейчас, я, к сожалению, зам председателя нашего кооператива – «хобби». Но учусь руководить.

romantiki_ru_arsenova_sm.jpg

– Ф.: Довольно серьезный вопрос. Хотели бы вы жить в будущем, показанном в фильме?

– М.: Это все равно, что спросить: «Хотели бы Вы жить в выдуманном, нереальном мире… В стране, например, где живут Мумми-Тролли». Конечно, было ясно даже в 1984 году, что все, что там изображается, это не футурология.

– А.: Я бы не хотела там жить.

– М.: Нет. Это какой-то абсолютно стерильный мир, который нужен был только для воплощения определенных идей. Он нечеткий, и нереальный. Как будто в центре фокус, а по краям все расплывается. Кстати в книжках у Булычева мир гораздо реальнее, но при этом этот мир носит, к сожалению, на мой взгляд (я не навязываю своего мнения), носит некий отпечаток этих утопий шестидесятых годов, из той же серии, что и Стругацкие. Кругом там наука, научно-технический прогресс рванул, все заняты наукой, маленькие дети занимаются наукой, в таком духе. А сейчас мы видим, что наука и у нас и за границей (а я работал в разных странах) совершенно не имеет тенденции к занятию ею того места, которое мечталось Булычевым и другими. Реальность состоит в том, что 85% интересуются не серьезными вещами, а всякой дребеденью. А остальные так завалены жизненными проблемами, что больше ни на что времени не остается. Поэтому вопрос поставлен некорректно. Жить в этом мире невозможно, потому, что он настолько нереальный…

– А.: Ну, то же самое, что в русских народных сказках жить.

– Н.: Нет, отдельные элементы хотелось бы иметь. Например, вместо того, чтобы 4 часа лететь в самолете, зайти в кабинку и…

– М.: На самом деле это как раз некое пожелание, которое было облечено в литературную форму. Вот и все.

– Ф.: Странно, но один вопрос есть лично к Муравьеву. Наташа ответила уже на все вопросы… Товарищ из Феодосии спрашивает (Коллега Пруль): «Я знаю, что товарищ Муравьев художник. Вот и хочу спросить у него. Пробовал ли он иллюстрировать произведения Кира Булычева и других фантастов? Я тоже художник, но не профессиональный. Иллюстрировать пытался. Если же я не правильно понял, и тов. Муравьев тоже любитель, то я приношу свои извинения»

– М.: «Товарищ…»

– Ф.: Я привожу дословно.

– Н.: Это я сослужила тебе нехорошую службу. Выложила твои рисунки в Интернет.

– М.: Выдала!

– Н.: Выдала, и теперь они лежат на сайте!

– М.: Ну, это не я рисовал.

– Н.: Ты, ты. У меня сохранились оригиналы.

– М.: Нет, я вообще художником никогда не был и совершенно к этому делу никакого отношения не имею. Мой дядька был художником, да. Он был не только художником, но и реставратором. Он своими руками отреставрировал Успенский, Благовещенский собор в Кремле. Был главой всех реставраторов, которые реставрировали фрески Андрея Рублева. Вот это – да. Это был художник. Он приходил, меня чему-то учил… Конечно, ребенку в 13-14 лет хочется как-то самовыразиться. И петь хочется, и рисовать хочется и т.д.

– Н.: Получалось, получалось. И петь получалось, и рисовать получалось.

– М.: Ладно… Правда, однажды меня Павел Оганезович попросил: «Ты можешь нарисовать город будущего?» И я делал большие рисунки. Потом он говорит: «Мы тут обсуждали с художниками твои рисунки. Каким должен быть город будущего». Честно говоря, я эти рисунки делал, находясь под обаянием личности Павла Оганезовича, потому что он это попросил. А так бы, конечно, я бы этого делать не стал. Никакого зова души у меня не было. Поэтому ничего такого я не могу и не умею. Каждый человек должен заниматься тем, на что он поставлен.

– Ф.: Традиционный вопрос с сайта. Если бы у вас была машина времени, в какую бы эпоху вы хотели бы отправиться?

– М.: Ой! У меня есть как минимум, десять адресов.

– Ф.: Только один!

– М.: Как не странно… Из самых ближайших к нашему времени, наверное, я бы хотел отправиться в конец первой трети семнадцатого века.

– Ф.: (смеется) Это какой год?

– М.: 1634-1635 годы. Это конец царствования Михаила Федоровича и начало царствования Алексей Михайловича.

– Ф.: А почему именно это время?

– М.: Я считаю, что эта эпоха была осевая для России. Осевое время – это время, когда происходят какие-то глобальные перемены. Для России в то время произошел слом традиционной русской культуры. Когда благодаря последствиям смуты был сделан окончательный выбор в развитии России и был запущен процесс весторнизации. Я сам, честно говоря, скептически отношусь к этому процессу. И мне как историку было бы интересно посмотреть, как это все происходило.

– Н.: Вот, что значит историк.

– М.: Да, мне в прошлом интересно. А еще много других дат. Но в будущем мне совершенно не интересно. В будущее я никогда не хотел попасть. Это все равно, что подглядывать во что-то, во что не нужно подглядывать.

– Н.: Мне было бы страшно. Вдруг я увижу что-то такое, что и жить не захочется. Как потом жить всю оставшуюся жизнь, зная все это вот.

– М.: Да, это не нужно. Мудрость состоит в том, чтобы не глядеть туда, куда не надо.

Мудрость состоит в том, чтобы не глядеть туда, куда не надо Далее Романтики выражают благодарность Елене Арсеновой, Алексею Муравьёву и Наташе Мурашкевич , которые нашли время для беседы и подарили нам прекрасный вечер.
Пора расходиться.
Свет в кафе гаснет, оставаясь лишь на портрете с Алисой.
Ее взгляд в неведомое спокоен и открыт.
“Гостья” по-прежнему хранит свою тайну.

1-я часть встречиФотографии со встречи

У нас 18 комментариев на запись “Главные герои – 2”

Вы тоже можете высказать свое мнение.

  1. 1 07.01.2007, daddy :

    спасибо всем за материал.
    доброе дело делаете.

  2. 2 09.01.2007, Odinochka :

    Спасибо за интересный материал!

  3. 3 13.01.2007, strannik :

    “И я совершенно тащилась от этого фильма.” Ну что тут скажешь?
    -Шпрехен зи дойч?
    -Дойч – это немец…
    В голову пришла неожиданно мысль: а не была ли “ГиБ” ответом на чешский фильм? Он ведь тоже был многосерийным, да и показывали его как раз в году 1983? А? Этакий “по заказу гостелерадиофонда”

  4. 4 14.01.2007, Trifon :

    В этом году в телеэфире появится детский телеканал, руководить которым бутет Борис Грачевский. В одном из недавних интервью он сообщил, что на канале будут показано можество детских отечественных и 3арубежных фильмов.
    Будет, видимо, показана и “Гостья из будущего”, не раз!!!!

  5. 5 14.01.2007, Trifon :

    Странник, чешский фильм назывался “Арабелла”. Это какая-то чушь собачья и ни в какое сравнение с ГиБ не идёт.

  6. 6 16.01.2007, Lunaket :

    Суперр интервью!!!

  7. 7 16.01.2007, strannik :

    Trifon, я не согласен. Арабелла – это сказка. А тут речь идёт о фильме. Главная героиня прилетела на Землю, а точнее, сбежала с космического корабля, чтобы узнать, почему люди смеются или плачут – на их планете этого нет. Их цивилизация нестарше нашей, но они обогнали нас, потомучто у них никогда не было войн, в ходе которых много чего разрушается и сжигается. За ней на Земле охотится “мистер Стамп” чтобы завладеть технологиями. Его шпион передвигался на надувном велосипеде. Надеюсь, что Б. Грачевский покажет этот фильм. В Союзе его, по-моему, только один раз и показали.

  8. 8 20.01.2007, Sovyonok :

    Спасибо, очень интересно и красиво.

  9. 9 22.01.2007, pivonaft :

    Тот самый фильм который упоминает Наташа называется “Приключения в каникулы” 13-ть серий. Но самая длинная из них не превышает 32 мин.
    Наверняка Вы все его помните. Если мне не изменяет память, то ту девочку-инопланетянку звали Майкой (по фильму)

  10. 10 22.01.2007, strannik :

    Видимо, не все. А как интересно получается: мы им “электроника”, они нам “каникулы”, а мы в ответ “гостью”. 2:1 в нашу пользу :)

  11. 11 23.01.2007, pivonaft :

    Конечно интересно только они нас ещё засыпали Кржемеликами и Вахмурками :))

  12. 12 09.02.2007, Sotov :

    Спасибо, очень интересный материал!

    “потрясающая программа «Форганг». По-немецки это занавес.”

    ФорГанг (Vorgang) это действие
    ФорХанг (Vorhang) это занавес

    Так что или программа называлась “Действие” или ФорХанг! :)

  13. 13 29.04.2007, softhacker :

    Народ, а будут ли видео очерки?

    Дайте услишать голоса ангелов 😉

  14. 14 12.11.2007, Nod :

    очень интересно,
    окунулся в детство, в ту эпоху, такой же трепет….
    спасибо романтикам…

  15. 15 22.11.2007, Oleg :

    Спасибо, друзья. Алисоманам просто бальзам на душу.

  16. 16 18.08.2013, ovod :

    Да-да, так хотелось бы видео…
    За материал спасибо огромное!

  17. 17 26.11.2013, Спецэффекты в кино: «Гостья из будущего» - Технологии onliner.by :

    […] теперь уже взрослого исполнителя роли Бори Мессерера спросили, хотел бы он жить в будущем, показанном в фильме, актер […]

  18. 18 28.11.2013, Спецэффекты в кино «Гостья из будущего» : НОВОСТИ В ФОТОГРАФИЯХ :

    […] теперь уже взрослого исполнителя роли Бори Мессерера спросили, хотел бы он жить в будущем, показанном в фильме, актер […]

コメントを残します

Вы должны войти , чтобы оставить комментарий.

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係