2008 2008年1月18日

不死の問題について

発行: |カテゴリー: ニュース散文創造性 |

著者: ピンヘッド

この物語は、アリスの話ではありません。 それは非常に、非常に長い時間で書かれており、私は個人的に面白いと思います。

不死の問題について

レギュレーションから私の突然の出発新聞はこれが広く知られるようになった前に、それは長い開始したことを知らなかったので、明らかに、続くイベントに関係すると考えられていない1。 この事実は、彼女が考えているよりも、クリスティーナは、複数の専用の人々であることを示しています。

私は離れて私はむしろ稀なケースの一つでした。 私の個人的な存在があるため、ローカルブランチオフィスの頭、私の椅子の例外的な愚かさを必要としました。 彼の黙認は、レギュレーションによる自発的な反乱が惑星の割合を取得しているという事実につながりました。 反乱軍の指導者たちは、テクトニック武器に達し、地球を離れて分割すると脅しました。

クリスティーナは、彼らと交渉するために私を送ったし、限り、彼らは彼の自殺の脅威を行っていないように、完全な恩赦まで、譲歩をすることができました。 このような柔軟性は、通常、私の妻に特有のものではなく、レグルスとして、この場合には、必要があった - 非常に重要な戦略的な点は、繁栄私たちの星系のすべての北東正方形を結びます。

交渉はフルスイングにあった、と私の神経が失敗し始めていました。 反乱軍は3年前、刑務所から脱出し、半気違い犯罪者が率いるので、これは、我々のシステムのロジックから完全に異なると小惑星と非ヒューマノイド驚くべきことではなかったです。

中央コンピュータは、被験者のバレルの推論に意味を見つける私を助けるために、私はこの世の論理上のすべての主要なモノグラフをシャベルが、それは無駄にしました。

私は催眠術師の銀河の中で最高の会談に接続されており、私は私の妻から連絡されたときに最終的にいくつかの進歩を始めました。

朝現地時間で6でした。 私は棚に一緒に入れて、私のradiobrasletは、ホットラインをsqueakedとき、私はバスルームでシェービングしました。

「クリスティー! - 私は、自動的に刺激を返済、と思った - 同じ時間です "!

実際、ほとんどの妻はお電話のローカル時間に適合しないように使用されます。 もちろん、彼女と女王が、私は例外になるだろう。

私はバスルームから出てきたし、壁画面オン、せっけん顔をした銀河の支配者の前に現れました。 すべての種類は、私たちは微妙クリスティーヌであり続けなければならないことを強調しました。 しかし、彼女は私のとんでもないに注意を払っていません。 通常、彼女はすべてのものに気づきました。

私が先に彼女の言葉の取得するために彼女の顔に少し詳しく見ては十分でした。

- あなたは一晩中眠れませんでした。

その生徒の2回目の微弱な拡大は、彼女が私の観察を高く評価していることを教えてくれました。 そして、それがすべてです。

- ジム、センター小時のアドバイスで明日の朝。

そして彼女はオフにしています。

これは、あまりにも、彼女の癖の一部でした。 だから、どこからでも人を混乱させる1フレーズをスローし、画面を返済するためのワードの答えを与えることなく。

- だから何? - 私は彼女を激怒させる方法を知って、尋ねました。

実際に、私は完全に、もちろん、すべてを理解しました。 私のない小さなボード、女王のないチェスのゲーム、同じ事。 これは意味し、開始していません。

私は今、離れて飛ぶ場合でも、定期的に状況を整理するために私の毎月の作品は、ドレインを下に移動します。 私は彼の発言重いの引数を要求しました。

私の予想に反して、クリスティーナはスナップされません。 彼女はちょうど思慮深く私を見ました。 それは私を怖がらせました。 彼女は彼の顔の上に物思いに沈んだ表情を持っていませんでした。 女王は思慮することが許されません。 少なくともヒトで。

- ジムは、私はあなたを必要としています。

彼女は、「必要」と強調していない「私」。

これは私をぞっとされます。 私は、何が自分自身を認めることを恐れていたことに気づきました。 私たちの会話はすべて、クリスティンが混乱していることを明らかにしました!

それは起こりません。 ただ、原理的にはいけません。 彼女は常に問題を解決する方法を知っていました。

私は彼の妻の前でふりをし、それとは対照的に、それは必要とは考えていません。 私は第一の面から拭い顔クリーム髪を持って、静かにひび割れアイドルを見ました。

これは、画面が消灯されていません。

私は、即時の出発のために周りに移動するために使用される私のスカウト不可視を、準備を命じ - 銀河の中で、おそらく最速の船 - 朝食は彼らがボードせるために直接提供されることを指摘しました。

ときに私は私にゲートウェイ廊下をペースの10分は、急いで行くケリ襟にデュークRegulianskyに参加しました。 我々は、それはすぐに私が飛んだベッドサーバントproznavを降り参照してください。

私は彼が彼の口を開けないようにしてください。 私は破ることを恐れていました。

- 女王の注文 - 私は異議を退け、投げました。

- しかし、王子は... - 定規レギュレーションが始まりました。

私はブランドKristininu恐ろしい内部の顔をシミュレートしようとしました。

貧しいデュークがすぐに停止したため、明らかに、それは、出てきました。

クリスティーナがあっても間違っていたものを私に伝えるために気にした場合、私はそうは不十分道に時間を費やしたことがないだろう、と、代わりに無益な恐怖と不安のため、開発計画に従事すること。 しかし、これは私の妻ではありません。

今は、まだ彼女の永遠の陛下クリスティーナウィンザーの小さな先端であるかについていくつかの単語を言うために、おそらく、必要です。

接頭辞「永遠」は最近、完全なタイトルで登場しました。 それ以来、彼女は彼女自身は不滅になりました。

私は、なぜ単に "神"を書き込まないで尋ねましたか?

- すべての良い時間に、月シェール、 - クリスティンはその後言いました。

だから、小委員会。 小 - よりまだあるので。 しかし、通常の状態の本体ではなく名目束。 小さな同じアドバイス - 本物の教育、コア電源。

その時、離れて私から、そこには、以下の者が出席しました。

プライム - tridtsatitrёhletny男、ダンディの習慣で、名門大学の卒業生に似ています。 常にスマートで、彼の人について非常に深刻。 「世界は、「彼の名前はフランコMinkovichました。 もちろんデューク。 もちろん、彼は生活の中で彼の忍耐と努力のおかげを達成していると考えているピア。 彼は並外れたが、機能や君主アイデアに熱狂的にのめり込んでいました。 私は頻繁に彼は大きな問題を抱えていた、ユーモアのセンスとしてpodnachivat楽しみました。

閣僚ので、まだ軍でした。 デュークマクロ - 銀河の元帥。 サラブレッドスコット。 そのシェルでカニのようなイノシシ、ブル·テリアと限定されたような信者のような、狡猾と頑固。 しかし、軍事、そうでなければならないが、そうではありませんか? 特に空間での戦闘彼は同じを持っていた戦術、そして唯一の戦略は、私の小さな妻の肩の上に横たわっていました。

それ自体が独立した物語を必要とするポスト - そして銀河コーディネーターが来ました。 多くは、全体の銀河のような大規模な状態のシステムのすべての価値を理解することはできません。

彼女はdomergietsを開催しました - 彼の頭のターバンに似たものに奇妙なひげを生やした生き物をDolvash四先進触手の代わりに手。 ドマーグ-3 - クリスティーヌの長年の同盟国、まだそれは、銀河の支配者ではありませんでした時間を持ちます。

正式な議会、すべての文明に提示された - - 下院の大統領Urusのミケランジェロ、火星のネイティブだった、非常に忠実な人、いないため、その生来のタクトのちょうど惑星間gasivshy不愉快な事件。 17世紀を思わせる​​緑豊かな白髪のかつらが、それはばかげて見えませんでした。

小委員会の五他のメンバークリスティーナは、一度に、銀河の広大な地域の世襲所有に提示最高の貴族、です。 デュークスデネブ、パタリプトラ、ベガ、タイゲテウスとアクルックス。

私は時間アルナイラに9-OH-5に到着しました。 クリスティーナは、評議会に私を取ることを望んでいない、と私は怒っていました。

私は評議会室で起きたときに、すべてが収集されます。 私は、ロイヤルの右側にある椅子に座って、私の妻を待っていました。 私の外観はすべて立って、崇拝すると、人は彼の頭を下げ、誰低いです。 位置と自信に応じ。 私はそのようなささいなことに、任意の重要性を添付しません。

フェイスマクロは心配していたと総理が集め見てみました。 それは私が起こっているか起こることができるすべてについて、最も総合的な情報を得ることができることを彼からのものであるが、コーディネーターは、絶対に不可解に見えました。 デュークスDenebianskyとTaygetsky低い声で説明したものは、他の人が私は彼らが何も知らないと結論付けているから退屈顔で座っていました。

これらすべての本の中で、一つだけは私に何かを求めるのに十分なナイーブでした。 それはピースメーカーUrusました。

- あなたが私たちの会議の目的を知らない、王子を教えてください?

首相は、彼の唇をカールし、元帥を眉をひそめました。 「忍耐を持って、彼女の威厳を待つ! ":ああ、彼らは貧しい人は、のようなものが言ったと思います

しかし、私は言いました:

- 私は知りません。

そこに文字死のような沈黙があった、と私は追加するには急いで:

- 私はあなたが知っている、離れてきました。

小委員会の八角形のホールの各壁面にレリーフパネルから岩ヘッドそのうちゴールデンヒョウの口の中で力学に建てられました。 私は投票のを待って、壁を見ました。

最後に彼が来ました。

- 女王陛下クリスティーナウィンザーは永遠!

私たちは起きました。

彼女は、スミレの香りと一緒に行きました。

ここで私は、後に女王に弓を観察するために必要としました。 時には、このようなささいなことは、将来の反乱を認識する。

今日では、しかし、何のアンサーバックは意図していないされていません。

- 神は女王を保存し、 - 彼女は座って、私は、言いました。

それから彼女は私たちにダウン2本の指でサインをしたし、私たちも、座りました。

私は、公式イベント中に、彼の妻をよく見ていなかった(クリスティは「凝視」とも呼ばれる)が、現在の例外を作りました。 私はどのような形で表示し、必要に応じそれを維持したいと考えました。

私は、それが行の二晩寝ていないように見えるという事実によって落胆しました。

彼女は警告で私を見て、他の人になりました。

- 私のローズは、最悪の事態に準備する必要があります。

沈黙は、これらの言葉に答えました。

- 私たちは秘密の覚書を受信一昨日。 その日の残りの部分と夜のために我々は、その正当性をチェックするために行ってきました。 我々は間違いないがあると確信していたら、私たちはすぐに今日のための小さなヒントを招集しました。

銀河系の自然衛星 - - 電源私たちのスターシステムのような中央集権についてきたもちろん、小マゼラン雲があることを知っています。 この銀河は、生活のために選出された君主によって統治されています。

はい、すべては、この事実をよく知っています。 クリスティンは専制支配の一部として任意の星系の自然な発展に私たちの隣人の例を強調する機会を逃したことはありません。

- あなたは、よく私の領主を知っていますか、それは私たちがデュークUinchesterskimを持つ個々の生物学的な不滅の現象です。

そして、彼らは多くの異なる方法で処理するが、しかし、彼らの忠誠心を振とうしていなかった、あまりにもそれを知っているが、。

- そして今、あなた、紳士ことは、知られていません。 平均、同じ技術の宇宙の平均知性、よりももっと大規模の法則によります。 と現象のbiobessmertiyaは私たちと同じ時期に私たちの隣人から受信されました。 しかし、彼らは異なって、この発見を命じました。 紳士、それらはすべて不滅作りましたよ! あなたはこれが何を意味するか理解していますか?!

- これは、変性への直接のパスです! - 一度首相は述べました。

- まあ、はい、 - 私は元帥マクロを不平 - どこかに数十年、数千ののカップル。 とその前に、彼らが到達することができますどのようにすべてのものを、勝ちます。

率直に言って、私はほとんど頭をつかむと悲鳴を上げるする誘惑に抵抗することができませんでした。 それはすぐに私たちを脅かす危険性の全範囲を実現することが困難であったが、一般的に、それは透明でした。

不滅の兵士との戦い - それはヘッダ壁をノックしようとしているようなものです。 それは動作しますが、遠くより悪い行うにはいかないでしょう。

- その覚書 - クリスティーナは議論に上昇を与えていない、継続 - 私はみんなに読んで、フランコがあなたを請います。

彼女は、文書の初演を手渡しました。 彼は眉の最初の行が上がったと、彼は女王を見て走りました。

- 、読む - と彼女は言いました。

- 姉妹 - 道を称えることは、私は申し訳ありませんが、私たちは本当に兄と妹と位置、および永遠の命のようにあなたを訓練 - 彼は、震える声で始まりました。 あなただけの私の教区内の数「黒い羊は、「我々は、単純な方法で管理することが大好きです。 私たちは、私の人々から不可分です。 私は銀の大皿の上のすべてのprepodnёsに素敵な贈り物を持っています。 私たちは家族のように、今始まりました。 私が知っている、私は変性が来て、彼らが言う、と言います。 そして、我々の意見では、それが少しでも良いですが、完全なプ​​ログラムのために。

だから、私たちに参加。 私たちの兄弟に参加。 気軽に私たちをみましょう。 天の川のすべての会社と。 だから、それはあなたが彼らのスパイラルを拡大しているようですか? しかし、私はobessudません。 私自身が行くために使用される司令官は、少し脇にあります。 恐れてはいけない、私たちの条件のほんの一部が満たされて、怪我をしない、すべてが解決されるものとします。

よく - としたくありません! 不滅のあなたがそれについてできることは何もありません。 しかし、我々は招かれざる客を歓迎するために持っているので、怒られません。

私は、私はあなたを収集し、あなたの答えのためにビットを待っています。 だから友情の後期症状になることはありません。

ブラザー。

- さて、あなたは誇張された敗北 - フル唇マーシャルをすぼめ - 私は彼らから何かが残っていることを言わないだろう。 ちなみに、のみNerianskoyの戦いの後、彼は私たちの用語の平和を作りました。 しかし、すべての偏心にもかかわらず、それを認めざるを得ない、Nlch - 星の戦場の達人。 おそらく、他のそのような可能性は低い検索。 私は彼に賭けをしただろう。

私は計画が受け入れ可能であることを考えました。 のみNlchem​​との交渉は、クリスティーナにつながります。 彼は誰を信じ、すべての殺人を見て、本当に妄想でした。 唯一のクリスティンは彼女がいたことを彼を説得するために管理 - 友人ではなく、敵、そして彼女だけに、彼は耳を傾けるだろう。

- 我々は関係でそれを取得します - akruksets言った - 彼が勝利した場合。

彼は失った場合でも - - denebianetsを追加しました - 私たちはすべてが死んでしまいます。

- 必ずしもすべて - 彼は我々がクリスティーヌに座ってテーブルの最後を見て、デュークベガを修正しました。 私は彼が4分割たかったです。

- はい、すべてではない - denebianetsを合意した - しかし、個人的に私は慰めていませんでした。

マクロは再び笑いました。

- そして、あなたは戦争なしで行うことができないのですか? - 私はUrusに尋ねた - 私たちはNlchem​​と提携した後、馬鹿に圧力をかけることができますか?

- 驚きの全体のポイントがある - Nlchがその拠点を広げます、私たちは何かを考える時間を持っている - マクリーは小さな子供のように、スピーカーを参照して、言いました。

- 私たちが理解しているように、 - あなたは解決策を発見したと信じて - クリスティーナは言いましたか?

- いずれにしても、一度に - コーディネーターは言いました。

- 誰にも話したいんか、詳細を議論するために行きたいですか?

- 私は、この狂人を信頼しないでしょう - 首相は言ったが、それは彼が、特に気にしないだろうことが明らかになりました。

- Nlch利点を活用するために失敗しません。 私 - に対する - akruksetsを言いました。

- もちろん。 「はい」の残りの部分?

貴族は満足げにうなずきました。

- まあ、私は、紳士をあなたの申し出を受け入れ...

この時点で、コールはkoordinatorskoy聞こえました。

- 緊急事態とは何ですか? - 発生した音声は、机にクリスティーヌに尋ねた - あなたが知らないことを、私たちは、小さなボードを持っています?!

- すみません、あなたの威厳は、 - 義務に身を寄せ合って - 私はあなたができるだけ早く科学センターのニュースを聞きたいかもしれないと思いました。

私は、少し後にこのフレーズコーディネーターを分析しており、ひどい疑いは私の心の中に忍び込ん。 そして、かつて私は理解していませんでした。

- 話します。 私は待っている - でも、私はwincedようにクリスティーナを述べました。

- 私は、覚書の偽のことを陛下にお伝えするように指示されています。 それで全部です。

そして始まったかを説明するのは難しいです。

私の妻は、小委員会の会場に隣接する大ホール、中に入ったときに、テーマにfiksianskihチェンバースは、クリスティーナは私になりました。

- あなたは裏切り者を逮捕するつもりですか?

- 誰が、誰が?

- 初めてこの言葉を聞いたかのように、あなたは、王子のこの種の何をしているのか?

- 私はあなたが考えて誰を逮捕する必要がありますか?

- あなたは、より静かに話すことができ、畜生!

過去の従業員が生き生き話していました。 私の口の「逮捕」を聞いて、会話がすぐに停止しました。

- さて、その後? - 私は下の口調で言いました。

- あなたは盲目と耳が聞こえていますか? しかし...あなたはすべてを知っていません。

- 私は、クリスティがわかりませんか? えっ?

- うーん...それは問題ではありません。

- この覚書をしたところ、教えてください?

- あなたは私を求めている、月シェールは、 - クリスティーナは、負傷した無罪の空気と驚きました - それはどこから来たのか、私はあなたに依頼する必要があります。

- 彼はあなたにどうでしたか?

- 袋からすべての文書として。

- 、ここで私の愛する小さな妻を見て、あなたは他の人の愚か者を作ることができるではなく、私。 あなたは正しい、このいまいましいメモを書き上げていますか?

- あなたは、ジム·クレイジーです。 間違いなくそれ。

- 私は非常によくあなたを知っています。 あなたが本当にそのような覚書に来る場合、あなたは人のこと、できるだけ範囲を知るためにしようとするだろう。 と、とにかく、あなたはこのレスキューコーディネーターに専念する必要はありません。 あなたはできるだけ早く知らせを聞きたいこのフレーズそれ。 彼はただ、文書の内容を知ること、そのようなことを言うことができます。

- 彼はそれがすべてです、ただバカです。 どのように彼の言葉に自分の疑惑をベースにすることができますか? 私はあまりを失うしないように、それはタワーに送信しています。

この時間は、周囲に「塔」は女王の口から出て既にある言葉を聞いたことがあります。 На этой тюрьме-астероиде из заключенных делали настоящих зомби. Неразумных рабочих машин.

– Если ты это, сделаешь, Кристи, он попадет в руки моих людей, и тут я и узнаю все. Впрочем, я допрошу его в любом случае.

Кристина фыркнула. Она была в бешенстве.

– Вы, милорд, стали просто невыносимы!

Она стремительно развернулась, собираясь уйти. Я-то знал, что никуда она не уйдет.

Сделав два шага, она остановилась и посмотрела на меня уже совсем другим взглядом.

– Пойдем, – сказала Кристина, загадочно улыбаясь.

– Черт с вами, принц, – согласилась она, когда мы сидели в своей спальне, – я действительно сама написала это послание, – она усмехнулась, – неужели вы все могли поверить, что можно быть таким идиотом, управляя целой галактикой?

Я вспомнил свои переживания, видя состояние Кристины (как она притворялась!), ту ненависть и бессилие, которое испытал, когда услышал содержание меморандума, и меня охватил гнев на мою жену.

– Проклятье, Кристи, ты что, не могла меня предупредить?! Я же переживал за тебя. Я думал, как тебе должно быть тяжело, я чуть с ума не сошел, слушая твою писанину!

– Ты сам виноват, тебе следовало сразу догадаться, что это – “липа”.

– Дьявол, я привык тебе доверять!

– Ну, ты же знаешь положение в Малом Облаке. Тебе прекрасно известно, что открытое там бессмертие только в стадии разработки. Ты слушаешь ежедневные доклады. Ты обязан был засомневаться.

– Ты сорвала мои переговоры на Регуле!

– А! – она махнула рукой, – никуда они не денутся. Зато мы разоблачили предателя. Кстати, не думай, что я забыла твою намыленную рожу и твои наглые вопросы по связи.

- 彼女は非難私にはあえてまだです! Какое свинство! И объясни мне, наконец, что ты имеешь в виду, говоря о предательстве, коли ты сама всё это придумала?

– Ну, так я же не просто так придумывала, чтобы посмеяться над всеми вами. Мне казалось, что в Малом совете предатель.

– У меня нет никаких данных по этому поводу.

– И у меня не было данных. Я же сказала, мне казалось. Понимаешь? Я чувствовала предательство.

Такое заявление меня не удивило. Подобные выходки были у неё не впервой.

– А почему Облако?

– Логичней всего. По многим причинам. Политико-пространственным, так сказать.

– Так кто же все-таки?

– Ну, представь, ты – предатель, работаешь на Облако. Ты, лучше, чем кто-либо другой осведомлен о тамошних делах. Когда я прочитываю меморандум, тебе прекрасно известно, что это – неправда! С другой стороны, вдруг тебя не поставили в известность, чтобы сохранить полную секретность, и документ подлинный? Как быть? Если меморандум фальшивый, налицо явный подвох с моей стороны – проверка. Значит надо показать себя как можно более лояльным. Даже лучше – пламенным патриотом, отстаивающим с пеной у рта интересы Галактики. Короче, быть святее папы римского. С другой стороны, надо не забывать о действительных интересах своего хозяина. То есть, если все его угрозы – правда, постараться торпедировать действительно дельные предложения, прикрываясь при этом, заботой об империи. Какой образ появляется перед глазами?

– Акруксианец!

– Разумеется. Ты только вспомни его самое первое предложение – отправить в отставку весь Малый совет. Какая наивная забота о чистоте рядов! А как он пытался выспросить у маршала про секретное оружие! Наш тупой шотландец и рад поразлагольствовать. Если бы я его не прервала, удалой герцог разузнал бы наши главные военные секреты. Конечно, это он. А тебе бы, наверное, хотелось, чтоб это был герцог Веги.

– Ты заметила?

– Ну, это трудно было не заметить. Видишь ли, ему просто не по душе бессмертие, как таковое. Вот он и бесится.

– Мне плевать, что там ему не по душе! Если он будет продолжать в том же духе, я найду на него материал.

– Успокойся. Я постараюсь ему объяснить некоторые вещи. По-своему, он очень неплохой слуга. А вот столкновение между Франко и координатором мне совсем не нравится.

– Скажи, ты действительно согласна с тем решением, которое они нашли?

– Да, я пришла к такому же выводу. Но, по сути, они свалили всё на меня. Кстати, предложение поговорить с Нлчем внес именно координатор. Я всегда говорила, что домергийцы умней людей.

– Кристи, неужели ты не могла предупредить меня заранее? Я бы тоже поучаствовал в анализе.

– Ты бы просто устроил мне скандал и посоветовал не заниматься глупостями. К тому же, я проверяла Малый совет.

– Ну и что?

Она улыбнулась улыбкой невинной девочки.

– Ну, вы же тоже член Малого совета, mon cher.

– Знаешь, Кристи, какого титула тебе не хватает в твоем длинном списке?

Она вопросительно посмотрела на меня.

– Отвратительная бабёнка!

– Ничего иного я и не ожидала от вас услышать.

У нас 3 комментария на запись “К вопросу о бессмертии”

Вы тоже можете высказать свое мнение.

  1. 1 25.01.2008, Theodor :

    Спасибо, симпатичный рассказ. Правда, финал, на мой вкус, несколько смазан, не вполне убедителен. А в самом конце к словам персонажей я бы добавил какую-нибудь фразу рассказчика, какое-нибудь действие: он ее привлек к себе, поцеловал, что-нибудь подумал или вспомнил при этом. Впрочем, не мне Вам давать советы.

  2. 2 25.01.2008, Н. Светлов :

    Сюжет филигранен, как шкатулка Лемаршана. Ни добавить, ни отнять.

    Читая СЛТВ: “Эх, не доживу…”. Читая КВОБ: “Ура! Не доживу!”.

  3. 3 26.01.2008, Pinhead :

    Про Кристину я понаписал много в свое время. Собственно, всю историю, как она туда попала. Но выложить это невозможно, ибо графомания несусветная.

コメントを残します

あなたがする必要がありますログインコメントを残して。

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係