2006 2006年10月28日

短編小説のコレクションから「片道の旅」

発行: |カテゴリー: ニュース散文創造性 |

短編小説「旅片道のコレクションから。 イントラ季節ノート牡羊座生まれのライト - 調和世界研究所」の次元間の関係の学科の研究者。

木の週末
ストーリー(イベントの壮大な転写産物
「花の惑星の歌」で説明)

1。

あなたが興味深い仕事をしているとき、あなたは自然と少しギャンブル中毒しているとき、あなたは何をすべきかに充填している平日は、あなたはまだ行う必要があり、何をすでに行っているが、今私たちがさらに深く開発する必要があります。
出力より難しいからです。 それは、これらの日は残りの部分に置かれているようですが、それが何を意味するのか - 休ませますか?
私は、例えば、これらの異なると。 時には何か面白い科学的問題があった(例えば、深海での次元間の遷移は、 - それはすべての必要な物理的およびバイオエネルギーの選択肢を持っている)、あなたが素敵な日曜日の朝にもかかわらず、最後にそれを決定するまで停止することはできません。 あなたが知っているときにどのように何かが気を取らことができるためと感じ:今、もう少し - 宇宙震えるの別の謎、そして、厳格な叔母のように、「だから何があっオーケー」軟化へのアクセス不能の顔にマスクを交換してください。 と許可 - 管理するために - 知っているし、学ぶために。 そして、時には、私はビーチで基本嘘をしたいか、若い映画作家trёhmernikovの仕事に捧げ祭り「ブリリアントオレンジ」、のためにギリシャに飛ぶこと。


しかし、金曜日の夜ということ状況は、別の作業割り当てと残りの部分を組み合わせることが可能になったようなものです。
実際に私の作業タスクには直接の関係がありませんでした。 ビーゴの私たちの部門は、遷移の実用的な側面を研究してきました。 それは我々自身のために非常に平行ではなく、他の世界、に浸透する機会を確認し、あります。 これは、異なる方法で行うことができ、それぞれが独自の条件を必要とします。 これらは、各mezhprostranstvennikが供給されている特殊な装置で固定されています。
すべての実用的な情報は、データが一般的なスキームに適合するか、新しい現象を表しているかどうかをチェックし、それを分析し、中央情報提供ウィガンと理論家に伝達されます。 宇宙研究センター、文明の研究のための研究所、人類学アカデミーや他の多く:当然のことながら、我々は他の科学機関と緊密に連携する必要があります。
だから、その夜、私のオフィスは私たちのプログラマアレクセイMaryushkinました。 彼は十分なデータを持っていない、あなたが見る、ので、彼は、観光案内所のための新しいプログラムを終えることができなかったことを訴えました。 小さな黄色矮星の周囲に土星-4からパーセクでキャンプ場下の再定住に適したいくつかの小さな地球型惑星を回転させます。 この時点で、アレックスは悲しげに沈黙と私は午後のおやつのために自分を準備していたビスケット、上の不在ひたすら咀嚼を開始しました。 最後の包み紙に到達した、彼は彼の感覚に来て、ため息​​をつきました。 私は彼に、ジュースのグラスを手渡し、尋ねました:
- 私はあなたをどのように役立つことができますか? そして、あなたが問題を持っているもの、という事実から始めましょう。
- データの欠如 - アレックスは、その曖昧な文言を繰り返します。
: - 私は始めたが、Maryushkinはすぐに追加された - あなたは私のコンピュータをと思いますか
- いいえまあ。 一つの惑星が検討されていません、
ええと?

2。

- それでは、どのよう? - 私は驚きました。
- まあ、私は意味ではなく、終了時まで
これは、調査しました。 彼らは、地質学者を訪問し、
惑星や小さな生物。
- ちょっと待って。 生物学者は少し得るような
惑星を訪問!
- 彼らは彼女を調べたが、ほとんど動物相。
小さな捕食者は、彼らが森の中で、ほとんどです。
スパタイプの平和な惑星。
しかし、それは細菌叢から明らかではありません。 私の知る限りでは、彼は非常に単調です。 そして、それは、在庫決定基種ではありません。
おそらく彼らは、その後...そして、そこの上に置きました。 一般的に、あなたは限り調査が終了していないとして、惑星を扱うない旅行代理店が持っていないだろうことを実現します。
- 明らかに、 - 私は言いました。 - それがあったと物質cosmobiology残るので、しかし、私をしましょう​​。 私はmezhprostranstvennik。
- はい、 - アレックスは彼の髪を波打ち、急いで言いました。 - 私は、彼らはすべてのひどく忙しい判明しました。 あなたは、その後すぐに、この小惑星に注意を払う場合。 そして、ほとんどの場合、支払うことはありません:新しい何も言わないし、さらに興味深います。 自動にZashlyutのrazvedbot、それは背景情報...、すべてを収集します。
- あなたはそれを必要としませんか? - 私は彼をからかいました。
- どのようにすることができます! - 苦い憤りと彼は乱れたプログラマを叫びました。 - すべての惑星は男を必要とします。 リビングの魂、衆生ビーイング - 私はそれを意味します。 惑星は退屈と空のようであっても...
- そして...
- まあ、私は何ができますか? - 混乱と何とか幼稚な彼のアレックスをすくめました。 サムは喜びに飛んだが、アップ縫っ。
コンピュータがすでにその私を不平を言っています
私は車にも必要であること、それをオーバーロード
人道的に扱わ...それにフィー! 私は後悔自身、および鉄のこの作品をしたありません...
- そして、まだプログラマ。 あなたはすぐergologます
必要、 - 私は言いました。
- 動物のどのような?
- はありません動物、と科学者。 Robotopsiholog。
アレックスは口笛とに入れて
彼はあなたが知っているこの心理を見たことを意味します...
- 簡単にそれを取る - 私は警告しました。 - 私は彼の名物の一つでも心理学者でありますよ。 子供だけ。
- ごめんなさい。 だから何? たぶん、あなたはこの週末で飛びますか? そこにいくつかのケース終日:でも休日で。 同時にそれ自体が非常に好きなようにこの惑星と呼ばれること!
- 吸うしないでください。
- 私は真剣です。 これは合法的になります
右。 今、何か彼女は唯一の数 - 51から82。

3。

どこかに飛んで - それは考えられていました。 私はもはや空間ではなかった:私は十分な連続スペース、バスルームが備わっています。
目的を持ってどこかに飛んで - それは良いアイデアでした。 すべてを一度にそれが特定の意味で満たされ、そしてあなたは、いくつかの特別な割り当てにしていることをふりをすることができます。 しかし、あなたは子供の頃からすべての私の心を愛する生き物の会社内の任意の場所に飛ぶことが...まあ、次のようになります。
突然、彼がやっていましたか? 一般的には、それだけではありません
素晴らしいアイデア、それは本当の木の週末です!
ツリーが入って来ない長いです。 学科週報Proshkinaの頭を通過する彼急いで、私は、全社員がバッタと呼ばれる私の光の手ロボットウェルテル、(彼は一時的に私たちの義務で働いていた)の変わり目に走りました。
- こんばんは! - グラスホッパーと、言いました
慎重に私を調べ、彼は加えました:
- 自宅でProshkinが、5分を待つように頼みました。
私は普通の人が待機し、誰に依頼しないであろう、それは金曜日の夜だと思いました。 明らかにバッタ言わない何か。
- あなたは私が何かを伝えたい - 私は推測しました。
- 何が起こりましたか? - 彼は無邪気に尋ねました。 私は決裂したと笑いました。 バッタは微笑んでなく、神秘的に黙っていました。
- まあ、 - 私はあきらめました。 - 明日に飛びました
土星-4。 それは、地球51から82の植物相を検討する必要があります。 そして、私はヘルパーを必要としています。 あなたがビジー状態でないなら...
- 私は忙しくないです - 彼は喜んで言いました。
- その後、我々は飛びますか?
- ル·チーム! - 喜びと彼はまだありませんでしたときのように、一度(配置に
アドバンスト) - バッタは言いました。
躊躇と尋ね、
- あなたは今Proshkinをどう思いますか
解放?
- 確かに、 - 彼の頭をお辞儀、バッタと述べ、ゆっくり通過を解放し、移動しました。
私はレポートでProshkinaに走り、彼女
楽しいイベントが突然発生し、なぜ私は疑問に思いました、トラブルは通常感じ。 しかし、いずれにせよ、明日は惑星、有用なものだけ面白い旅を持つことになります。

4。

名前のないことで、したがって、私には思えました
51から82まで悲惨な惑星我々は、高速で信頼性の高い、惑星間のボートに行ってきました機動、少し刺します。 彼らは、バッタ、ほとんど(私はそのため、覚えていない)最初から口論が、最終的に、グラスホッパー」は上記のすべて」であることを決定し、ボートが停止怒ら。
一方、私は写真を見て、
科学者によって作られた、すでに51から82にされています。
それは、地球のように見えた宇宙からの写真では、それに対する唯一の緑色が素晴らしかったです。
三大陸:赤道で2、1、
小さい - 南極で。 モーレイのほとんどが、湖や川の豊富さ。 しかし、すべての静的および動的なホログラムに目をキャッチする最も重要なことは、vikadah - この緑の森の王国、緑の草原、フィールド、牧草地、さらには緑の山々を。 私は疑問に思いました。 何かが緑の王国ことがありませんでした。 何?
- 写真では、今年のそして、何時間? - 私は、グラスホッパーの声を聞きました。
- 夏と春の終わり。 ここに、
例えば...
- なぜ咲いていないのですか?
- すべてが薄れている、と誰もがどこにも行かない - むっつり船は沈黙のどの明らかに疲れて、言いました。
- どこでこのような表現のほとんどをピックアップしていますか? - バッタは厳しく尋ねました。
- 私はかつてあなたの好みに飛びましたで
以前に一時的な労働者の人
20世紀の終わりまでに特化。 なぜ私は十分に聞いたことがありません!
- それKrupitzynとムイシキン、何? すなわち、それらはその後、解雇ものです...
- 十分な、十分な! - 私が介入しました。 - 大丈夫。 惑星が色を欠いている、私は理解していません! すべての針葉樹やオープンスペースで唯一の草...
- たぶん、今年の異なる時間に咲く植物はありますか? - バッタが示唆されました。
- 最新の遠征は - 重々しく言いました
ボートは - 惑星の表面全体の3次元ホログラムを作った - 彼が画面になりました。
- はい - 私は地球を見て、言いました。 - 奇妙な。 緑色の点灯毛布。
我々は理解するだろう - 自信を持ってバッタは言いました。
- 51から82の惑星 - - 飛行の最終的な目標は、視界内にある - 正式に船を通知しました。 - 40分後に軌道に終了します。
画面上の緑の点をつけました。

5。

ボートは密に、フィールドの真ん中に沈みました
高いソフト草と草に覆わ。 草が薄いと狭かったです。 そう遠くない森のストリップを伸ばしました。 深い青色の空が小さな明るい黄色の太陽が燃えていました。
雲がいくつかありました。 まあ、何もありません
面白いです。 アイデアに定着に加えて:
なぜ花はありませんでしたか?
私はプログラムでボートをダイヤルしました
彼は地球全体に数回丸期待は、植物のすべての種のサンプルを収集し、それらを開花の中かどうかを確認しています。
- そして、あなたは何をするつもりですか? - 私は不審船を尋ねました。
: - 始め、それは、バッタだったが、私は彼を停止した - どのように...あなたをあえて
- 私たちは、あなたが知っている、休暇のためにここに到着した子供たちは、美しい花を鑑賞し、それらの花輪を織ることができません理由を見つける必要がありますか?
- いじめ?
- しかし、それは謎です! そして、あなた自身のことができフローラのサンプルを取ります。 タッチであること。
- はい、 - 言っ素っ気なくボート
彼は垂直に静かに立ち上げました。
- 不十分な教育を受けたマシン、 - 注目
バッタ、ときに我々は一人でした。
- 注意を払ってはいけません。 さあ、辺りを見回します。
参照してください、しかし、それにあまりありませんでした。
しかし、これはある - 客観場合。 など...
太陽の光、新鮮な空気、風、一部の貴族で育ったが、今メンターの慎重な目を脱出し、心からオープンで戯れる少年のような...と草の着色された波の広い広がり、距離に離れて巨大なキャンバスを実行しています。 はい、マルチカラー! 緑の色がほぼ無限に見えた色のような様々な、ここに具体化されたため。 そこに少し砂色、 - - 金、少し遠く - 明るいアクアマリンあなたは風景を描く場合はここで、それは青、ここを追加することが必要となります。 森の端の近くにいくつかの灰緑色の新芽を暗くし、足の下からは、うれしそうな口調サラダに40メートルを転がり、すべての方向に銀色のエメラルド色の絹を散乱していました。
私たちは、称賛、この素晴らしさによって歩いて撮影し、ほとんど厳密に科​​学的と呼ぶことができない仮説の多様性を、構築されました。 まだその日の気持ち、景色の変化に影響を与えた...バッタは、動植物の進化の分岐は、それぞれの時間を逃していることを示唆しました。 それは、方法によって、ここにあるそのうちの動物、である、かなり、植物よりも速く成長しました。 動物界ではすでに哺乳動物であった場合や、対処する顕花植物の領域に達していません。 そして、私は、単一のカラーパレットの様々な賞賛、言いました:
- あなたが知っている、おそらく補償されます。
色の欠如は、この惑星を交換し
緑の様々な。
バッタは考えたと言いました:
- しかし、ここの人々は、花のすべての種類を成長することができます。
私は私の頭を横に振りました。
- 任意の複雑なシステムの自然な発展中の非介入の原則は、任意のフラクタルは、任意の科学における最も重要なの一つです。 また、エコロジーで。
- しかし、大規模な存在になる場合
観光地、モーテル、花壇の様々な人工的に作成されます。 そして、確かに誰かが誰種子が地面に取得しなかったことをそれに表示されますか?
- 一般的に、あなたは正しいです。 それが発生した場合でも、それは事故になります。 つまり、ある程度まで、イベントの自然経過です。 もちろん民衆扇動、...
グラスホッパーは、彼の目を伏せ、そっと微笑みました
自分自身にいるかのよう。 ここに私のブレスレットをbeeped - ボートと呼ばれます。 私は、触覚ディスプレイに触れました。
- 何が起こりましたか?
- pingを実行。 レポート。
- まあ、接続が安定しています。 レポート - みましょう。
- 53%を対象とします。
私たちは、北半球と赤道を検討しました。
それは、植物の27168種を同定し
コミュニティ。 顕花植物まで
見つかりました。 私は仕事を続けています。 あなたも?
- 大丈夫。 現地調査、建物作業仮説と他のすべて。
ボートはぶつぶつとハングアップ。
バッタはすぐに私がしなければならないことを思い出しました
昼食。
- 早すぎます - 私は手を振りました。
- はありませんあまりにも早いです。 あなたがリラックスする時間。
- バッタ、よく、私は子供ではないです。 とそうでありません
弱い患者療養所。
- そして、まだ、 - 彼は頑固に言いました。 これは、常に彼の最後と決定的な論拠となっています。 フォームがフォーカスされたと面白いなっていました。 笑いました:
- まあ、少なくとも森の中zaydёm。 そして、その後、太陽の天頂でバッタは失意のうちにため息をついて肩を下げました。

6。

森が混合しました。 しかし、同じように多くの草が着色されたよう。 地球カラマツの非常に連想させる柔らかな光針、と木がありました。 拡散冠と背の高いストレート松。 不思議は食べた - その枝が空に上げて、地球上のように下方に傾斜されていませんでした。 さらには実際の強大な杉! また、与えることをまだ持っていた名前そのうちトニック、低木や針葉樹、ofintsii惑星のように、木がありました。 そして、それは、エッジに、言うことができます。 空気がありました! 実際、唯一の療養所の建物!
しかし、彼らの厳格を満たす上で
私の健康の保護のための責任と
バッタの寿命は執拗でした。
- そのクリア - 彼は言って、私を見ました。
- ええ、 - 私は、はい...ぼんやりと言って、
空き地をクリアするが...その非常に
真ん中は少しヘリンボーンの増加となりました。 最も
通常のクリスマスツリー(偶数枝ダウン)が、2トップで。
- グラスホッパー! - 私は息しました。 - 彼女はどこからです
ここに?! これは、同じヘリンボーンです...
- 彼のクラスでどのあなたは彼の学校の中庭に植え? 私はあなたが言った覚えています。
しかし、ほとんどの場合、それは違う、彼女は同じように...またはではないのですか?
- 問題の事実は、私にはわからないということです。 私は彼女が見て正確にどのように覚えていないが、最初は皆と同じようで、一年後、私は彼女の2トップを見ました。 そして、彼らは絶対に同一でした。 もちろん、これらの変異は、孤立した現象ではありません。 しかし... ...私たちは、ビーゴにし、経験豊富であります。 おそらく、この惑星 - 私はから来て、世界の開発のための選択肢の一つ。
- しかし、その後の文明が存在しなければなりません!
- 必要はありません。 このオプションは、万が一51から82の運命は私の世界の進化から外れているという事実上の最小の影響​​を生じたかもしれないとき。 そして、私は自分のやり方で開発を始めました。 そして今、この惑星はただの男を待っています。 クリスマスツリーは岐路に立って両方の、二つの世界で成長します。 たぶん彼女は役割のいくつかの種類...やミッションを持っていました。
- じゃあ、それは念頭に置いておく必要があり - ない冗談、真剣バッタは言っていません。
私は、クリスマスツリーに行ってきました、彼女のクールな弾性針に触れ、細い足を振りました。
何も起こりませんでした。 そして、それは起こることになっていません。 むしろ、バッタの権利、それは単なる偶然です...
私たちは、クリアでキャンプし、私はベルトポータブルランチから引き出さ。 私の気分は、いくつかのマイナーな色合いを持っていることを気付か、バッタは最近、アンティーク磁器のモスクワ展で開か話で私を楽しませるためにしようとしました。 そして、これらの製品は、さらに中国、細かい繊細で壊れやすい材料の故郷に輸出されました。
- そして、何百年前に、誰かが与えました
ショーのこの種の値はありますか? -
私は驚きました。 -asファー私は一方で、覚えて
ほとんどの人は、少数の人々が注目しただけでお金とパワー、文化、芸術について考えました。 しかし、についてのいくつかのクズネツォフは思い出しました。
- いいえ、いくつかのケースがあった - バッタは慎重に言いました。 - そして、百年前に開催された展覧会では、正確には2006年5月、モスクワの議員からでも誰かを明らかにしました。 それは、文化に関する特別委員会の委員長、そうです。
- うわ - 私は言った、彼女のコーヒーを終えました。

7。

私の夕食の料理とナプキンの残りの部分は跡形もなく姿を消したとき、彼は船を通信するために再び出て行きました。 Сообщил, что заканчивает работу (осталось 4,7 %), но ничего интересного по-прежнему сообщить не может.
Я отключила передатчик и озадаченно
взглянула на Кузнечика:
– По-моему, мы сегодня пробездельничали.
Скоро вечер, а насчёт цветов так ничего и не прояснилось.
– Вовсе нет, – возразил Кузнечик. – Виды описаны и классифицированы, на основе этих данных на обратном пути составим перечень-определитель. Мы сделали дополнительные видеоматериалы, катер собрал все образцы местной флоры. А что касается цветов – мы же думали. И будем думать. Это тоже труд. И, кроме того… – он показал глазами на ёлочку. Я грустно улыбнулась.
– Пора возвращаться.
– Подождите, – попросил Кузнечик. – Ведь вы же рассказывали, что тогда, в своём мире, вокруг ёлочки вы ещё сажали какие-то цветы.
Помните?
– Да, – я на секунду задумалась. – Ирисы, кажется… Точно, ирисы.
– А… может, и нам тоже здесь самим посадить цветы? Вокруг.
– Ой, Кузнечик, я даже не знаю. Наверное…нет, я даже уверена, нельзя: ведь у нас нет специального на то разрешения.
– Верно, – согласился Кузнечик. – Тогда идёмте.
– Постой. А чего ты собрался сажать? Мы ведь не взяли семена, они, по-моему, в катере.
– Нет, – задумчиво ответил он. – Не в катере.
Я взял их с собой на всякий случай: если мы найдём здесь цветковые растения, то сможем на месте сделать анализ. Чтобы лишний раз в катер не ходить.
– Покажи.
Кузнечик вынул из нагрудного кармашка
плоскую металлическую коробочку, открыл.
Там и вправду были семена полевых цветов, которые я захватила с собой на всякий случай. Я хотела забрать коробочку, но Кузнечик неожиданно заупрямился:
– Я вынимал их из отсека, я и верну. Вам они всё равно не нужны. Вы же не собираетесь сажать…или сравнивать.
– Кузнечик!
Он как-то лукаво посмотрел мне в глаза, но коробочку продолжал держать перед собой.
– Отдай немедленно! – я потянулась к ней, совершенно не ожидая, что Кузнечик, подобно щенку, способен затеять игру в «Ну-ка, отними!». Он увернулся, попытался подняться, но не успел. В короткой борьбе коробочка была перехвачена (поддавался Кузнечик совершенно бессовестно и откровенно), но от неосторожного жеста часть семян просыпалась в траву. Я ахнула:
– Что ты наделал!
– Я?!! – он весело смотрел на меня.
– А кто же?!!
– Это случайность. Ни вы, ни я не собирались этого делать.
– Вы подумайте! Я и не знала, что ты на такое способен!
Кузнечик будто не слышал:
– А раз случайно, значит, естественно! Вы же сами говорили.
– Ты авантюрист и хитрюга!
Тут Кузнечик весь как-то просветлел. Он
смотрел мимо меня, вниз. Потом встал и помог подняться мне. Я тоже взглянула под ноги, и пришлось ахнуть ещё раз. Семена, будто политые катализатором, прорастали стремительно. Скоро у наших ног золотилась россыпь одуванчиков, засинели незабудки, колокольчики, васильки, поднялись стрелы Иван-чая, пушисто распустилась медуница, наполнив воздух таким земным, сладким ароматом… И, что самое удивительное, поднявшись из земли за какую-то минуту, цветы вовсе не собирались так же быстро увядать. Они просто выросли и теперь спокойно и уверенно покачивались на своих стебельках, словно всегда здесь росли. И не только здесь! Цветные волны постепенно разливались во все стороны от того места, где стояли мы и росла ёлочка. Всё новые и новые цветы вырастали на этой планете, будто она, опомнившись от долгого сна, принялась наряжаться в самые красивые одежды, какие только могла придумать. Сама земля здесь стала катализатором красоты, добра и того доброжелательного покоя, который охватывает, когда из шумного города вдруг попадаешь на тихий цветущий луг.
– Видишь, она сама долго этого ждала, –
словно угадав мои мысли, проговорил мне на ухо Кузнечик. – Мы должны были прилететь. И мы прилетели.
Я взяла его за руку. И хотела было что-то сказать, но тут отчаянно зазвенел сигнал вызова на браслете связи. Подлетавший к точке исходного приземления катер решил, что он сошёл с ума… 8.

Перед окончательным отлётом мы сделали ещё несколько витков вокруг планеты 51-82, что в системе Сатурна-4. Сомнений не было: мы «заразили» цветами всю материковую поверхность, даже те области, где по всем правилам должны быть осень и зима. Но всюду царило лето. Яркое, солнечное, разноцветное…
Потерявший свои основополагающие
жизненные позиции катер даже перестал
ехидничать. Он как-то робко отвечал на все вопросы и ни разу не повздорил с Кузнечиком. А тот предложил подарить наконец планете название, поскольку считал, что именовать такую красоту простым числовым номером, по меньшей мере, недостойно.
– Как же её назвать? – я задумалась. И
Кузнечик, и катер уважительно примолкли:
всё-таки давать планетам имена имеет право лишь человек.
– А пусть так и будет: Планета Цветов, – после недолгих раздумий решила я. – Фантазировать можно сколько угодно, но ведь в названии должно быть отражено самое главное.
– Ну, самое главное, по-моему, – начал катер, но Кузнечик поспешно спросил у меня:
– А почему ты не хочешь назвать планету
своим именем? Многие учёные давали свои
имена своим же открытиям.
Только тут я заметила, что он обращается ко мне на «ты». И сказала:
– Ну, во-первых, планету открыла не я.
– Планету Цветов – ты.
– Мы.
– Нет, ты.
– А во-вторых… Я не тщеславна, Кузнечик.
Главное – дело.
– Я так думаю, – вмешался катер, – что планета под названием «Эриэн» появится в космосе тогда, когда Кузнечик сам её откроет и соответственно назовёт.
– Катер!!! – воскликнули мы хором, а катер, уже достаточно пришедший в себя, расхохотался.
Ещё через два часа диспетчер Земли дал
разрешение на посадку маленькому экипажу, возвращающемуся из экспедиции на Планету Цветов…

29-30 мая 2006 г.

У нас 3 комментария на запись “Из сборника рассказов “Путешествие в один конец””

あなたも自分の意見を表現することができます。

  1. 1 29.10.2006, ViSor :

    Хорошая, очень добрая сказка! Судя по непринужденному оперированию названиями растений Совенок «в миру» – биолог.

  2. 2 30.10.2006, Odinochka :

    Очень добрая и светлая сказка! Понравилось :)

  3. 3 31.10.2006, Sovyonok :

    Большое спасибо! “Совёнок” в миру – логопед и педагог-психолог ( но биологию изучали много и глубоко, по разным отраслям, от методики преподавания биологии до нейрофизиологии и нейропсихологии).

コメントを残します

Вы должны войти , чтобы оставить комментарий.

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係