2008 2008年1月10日

N.Svetlov:詩

発行: |カテゴリー: ニュース創造性 |

著者: N.Svetlov

コンテンツ

物事の歌アリス
うわー!
別れ
ソング死に体のエコノミスト、数学者
アリスの成熟
彼女はBluķeました
イミテーションヴォズネセンスキー
私のアリス
被害者文学predilections
放棄された船のバラード
背景裁判所、検察官又は死亡
ディベート
ドレインを追い詰めます
21世紀の初めに台湾へ出向レターhronavta、
ホログラム
ソングハンタースナーク
ガイアップ
そして、まだそれは残念です...
11月
抗ロマンチック
科学的なロマンスで
デカルトと分岐について
Yeseninの他の模倣
グレート·祖父母が戦いに行く、あるいは険しい遺体安置所は、
即興
各支払わ
パロディーPinhead'a

===========================================

物事の歌アリス
(2002年8月)
「物事カサンドラの歌」ウラジミールヴィソツキーの曲に

包囲の状態の位置でその力
これは、難攻不落の山の高さを上昇させます -
ただぐったりと不名誉消え、
人々はアリスを信じていないので!

疲れを知らずに大胆不敵な女の子
来て - 私たちは来ることを確信しています。
しかし、誰がnesmyshlёnomu子を信じるだろうか?
しかし、私たちの時代の子供が誰であるか、理解できますか?

そして、この年齢、叫びであり、この時点で、
予言の嘲笑は十字架につけられたとき、
私たちは、どのように間違っているそれらの人を理解します
泥棒を捕まえるために法案を提示ません!

疲れを知らずに勇敢な女の子
私たちは、これからのことを言われて - きます。
しかし、誰が反抗的な子供を信じますか?
結局のところ、すべてが正反対になっ!

シンプルなの終わり - 悲劇的な、しかし、慣れていないけれども。
アリスは、唯一の神話がある - 新しいものは何もありません。
銀行の窓から闇の主は厳しく見ています
時間錆のホイール - と素晴らしいです!

早すぎる死の少女
来て - 私たちは、これからのことを説明しました。
しかし、誰が子供が絶望的であると考えていますか?
それは予言のsovretと考えるのは容易です。

うわー!
(2002年9月)
ウラジミールヴィソツキーの名を冠した曲の中

うわー! うわー!
闇と黄昏年の何世紀を経て
疑いと恥の私たちの世界では
それはないものでした。
何がここであなたを持ってきましたか?
運命のどのような? トラブルのどのような?
レッスンの良さ、あなたが与える私に言いました
イル価値のないナンセンスの話?

うわー! うわー!
あなたが住んでいないが、あなたはgryadёsh。
なぜあなたは時々傷つけます
鋭いナイフよりも痛みを伴う百倍で?
誰が、あなたは、私の子供であり、
私たちは何を冗談ドロー
サーフィンの星の輝き、
中生代入ってくる日のイリノイ州にありますか?

うわー! うわー!
その目の罪を隠してはいけません。
脳内の疑いのシリーズ -
あなたは私たちから何をしたいですか?
そして、あなたは、良いニュース誰
この年齢であなたを得る危険にさらしましたか?
なぜ私たちから非表示にするには?
あなたの静かな声は何になりますか?

うわー! うわー!
質問言う「安息日を!」:
アリスは一年を突破します
私たちの腐敗の時代に -
そして、障壁を知りません
地獄を介して、彼の友人にそれを
200年の「Hello!」叫んで -
そして、我々は答えた: "あなたはありません!"

うわー! うわー!
奇妙なことに泣く - パルス震えません。
あなたの運命は - 、常におとぎ話することが
そして、私はprichaschusありませんよ。
自分に戻ってくる - と私たちを許して、
私たちは途中ではないです
、お互いを理解していない - よく
私たちはあなたをnesёsh朗報!

うわー! うわー!
まつ毛悲しい光景に非表示にしないでください、
ない涙を行います! 戻ってきます!
二十世紀 - 地獄!
私たちは十分に成熟していないことを申し訳ありません。
私は申し訳ありません - 私たちはゼロを持っている脳で。
私たちの魂を変更しないでください。
このナンセンスのために私を許して...

別れ
(2002年10月)
ボリス·パステルナークの詩「ハムレット」は、

轟音が収まっ...私はタクシーを降りました...
私はあなたの苦しみを理解していませんか?
私は、古代世界を訪れているべきではありません -
私はどのように取り戻すことができますか?

日の十字線で、十字架につけるために -
私は、ええ、あなたの夢を無視しましたか? -
、と私は再び来ることを知っている - 私を待ちます
偽の真理から保護します。

あなたが期間をmetedことは悲しいことはありません。
あなたの動機を続ける人どれ。
恐れることはありません。 確認してください。
私はそこにあなたと思います。 時間 - 神話。

ソング死に体のエコノミスト、数学者
(2002年10月)
をテーマに、「歌は死に体」ウラジミールヴィソツキー

モスクワの上、泥を引き起こし、雲を吊るします。
浸水都市絶望的な憧れ、
金型、空のように、秋と停滞...
のみ一緒にこの奇妙な世紀パスの生活に。

どのような計画 - 私はそれを台無しにヒットし、
そして、構築したことすべてが、ゆがんで来ました
フレーズは、骨のように私の喉で立ち往生:
二十世紀では、私が生まれる機会がありました。

優しさのZaseesh平日の種 -
そして、彼らは雑草のように成長し、交差しています。
泥棒のように、何年にもわたって歴史をゾッと、
無視して善意と夢。

世紀数二十から二前に、私は成長しませんでした。
私はBrastakもChumarozが表示されません。
運命は、氷のように、存在する中で凍結されています
そして、今まで私kosmolёtを開始しないでください。

私が住んでおり、呼吸、そして好きではないしません、
そして、ちょうど赤の王を持っていました。
誕生と死のグリップでは、私が挟ま
そして、前方と後方のない方法はありません。

海外で運命の瞬間に流れ、
私が目を覚ます...レッドモナーク
ただの夢で見ることができるように夢は、叶います:
アリスここで唯一の "ノー"とだけ "ではありません"。
それだけで「いいえ」とだけ「いいえ」に行く時間です。

アリスの成熟
(2002年10月)
次回の第十四アリスSeleznevaの機会に。 旅行者のウラジミールヴィソツキーの讃歌」をテーマに

この日はいつでもどこでも初めてとなります。
あなたは友人を笑顔、車の中に入ります。
私たちは白紙の物語を書きます -
あなたは私たちに適切なワードを要求され​​ます!

、私たちは無知として広い概念と信念で約ノックしてみましょう
そして、彼らは無慈悲な戦いで父親の世代に倒れます...
しかし、過去のエクスプロイトは、あなたが希望を持って外出しています、
しかし、真実で、私たちは私たちの夢である、あなたに到着します。

あなたの運命 - この世の不思議、
私たちの運命 - 奇跡を待っています。
我々は叶うおとぎ話の間であり、 - あなたが呼び出します
傍受するRvёmsya時間!

あなたが育っている - と遠くと遠く離れて私たちから行きます。
あなたたちのdocentsの成人の14。
成長しません! 秘密の優しい目を保ちます、
彼の笑顔が私たちのために道を照らします!

おとぎ話あなたの電子メールでは、疑いもなく、よく知られている理由は、次のとおりです。
それはちょうどあなたに対応して、私はトラップされてしまったではありません。
しかし、アリスは、私を信じて:祖先は、その良心を知っています -
これが私たちの心に反映さ、人生の目的です!

我々はまだ反抗的要素、
我々の進歩は、その後、含浸されています:
あなたの運命 - この世の不思議、
私たちの運命 - 創造​​の奇跡。

どこまでとロマンス世紀のフル
時間と空間を使用すると、設定しています!
11月と美しい花束来ます
私たちは、墓の捕囚から立ち上がり、あなたにプレゼント!

私たちはあなたを待って! istleemないと灰はしません -
式、詩や問題など汝ozhivёmの底に。
、アリスを心配しないでください! 我々は、忘却の川をカヌーません
私たちは、影のように溶けません。良い友達のために離れて行っていません。

何世紀もの間、私を圧迫しないでください、
その後、よく - あなたが参照してくださいしないでください!
日は自分自身を準備してきます -
我々はあなたを知っているため、
私たちは、あなたがそこに住んでいることを知っているので!

彼女はBluķeました
(2003年1月)
曲ウラジミールヴィソツキーの曲に「彼女はパリにいました」

私は毎日退屈で死亡している必要があります。
私はギターの弦を三連双晶レクイエムを歌いました。
ここで私は彼女にしていますか? 彼女は、Bluķeました
それが最後にGovorun保存した場合。

いたずらな笑顔と秘密がいっぱいの外観
私のような捕虜、おそらく全体の連隊、
彼女はそれが大人である必要はなく、年齢を左に、
ここで、各瞬間に感謝と友情について多くのことを知っています。

私はkosmolingveに詩を書くことをしようとしています。
それを試してみました誰 - を理解する:容易ではないパスを!
アリスは、将来に浸透し、それらを読んで...
しかし、これはただの夢である:私達はそこに行くことができないからです。

まあそれは、地球上ではなく、パタリプトラで。
翌日戻ってくる - とのはVsikに行ってみましょう。
思考は、私が決​​める:なぜ彼女は頭を粉末ましたか?
私は確かに慣れていないようなペース。

結局、私は彼らの野蛮だ、私はすぐに、それに飽きてしまいました
注意がケージのオウムのように囲まれています。
ああ、私の目的地にそれら - 事故。
私は戻る、私の友人、あなたが知っている "、と言います!

あなたはすべての場所で​​泥を持っている - 私たちは、どこにでも持って反転させます。
それは撃墜見える - あなたがそれを置く場所」?
...この時点で、私は粘着性の汗で目が覚めました。
看護師は、一方、決定した:IL待ちを刺します。

これは、エスケープしていない:連れ去らでもパンツ:(
医療ディレクターは嘘つきが、厳しいと威嚇するような必要があります。
ここで私は彼女にしていますか? 彼女は、Bluķeました
彼女は頭のGovorunどこを言っています。

イミテーションヴォズネセンスキー
(2003年2月)

ないsklissaないmielofon、
ブロンテは、速度を反転れていません -
、私の主よ、アリスを送信:
彼らは私と議論してみましょう!

離れている間の祖先にその年齢を聞かせて、
無知キャッチ睡眠
雪崩は、知識を抑制します
モルタルの火のような!

恥、科学の上にしてみましょう
、理由の怠惰を非表示にします
唇は熱烈Aleesk
明日笑います!

そして、すべてがこのldinistoyの夜です -
フルアラーム先祖のために、
時間を通じてタッチをクロール -
私たちはそれを後悔してみましょう!

私は私の気まぐれを許します。
私は私の泣き言を許します。
、私の主よ、アリスを送ってください!
まあ、それなしの人生は何ですか?!
私のアリス
(2003年2月)
ウラジミールヴィソツキー「マイハムレット」の詩です。

私はほんの少しの詩を説明します。
についてすべての私はないあえて - hronobezopasnostを。
苔でキノコのようなフラクタルの秘密、
シェルター明日。 たぶん無駄

私はスパイの韻をバックささやくについて
あなたの時代の思考は出発しています...
ホープの子! 時間征服、
あなたは彼が障害を克服している唯一の武器じゃありませんか?

私はずっと三十年を知りません、
これは運命の猶予を与えます。
しかし、それは禁止の時代を通じて魅了します
あなたの手の手のひら。

冒険と闘争に傾いていません
ロマンスは私の精神はインスピレーションを...
そして、私は何を私の運命だろう
ALISIN選択を所定の?

幸せの涙はあなたのハイテクを満たしました -
しかし疑い地獄監禁のようなものです。
そして、私は音かどうか、疑問に思います
叫びの答えは: "なぜあなたはこれを必要なのですか?

何神経を打つと、ビーチを疑います
ときに現実 - 想像を絶する?
どうしてそんなに不思議沈黙していますか?
何があなたを待って - 勝利のIL敗北」?

しかし、暗闇の中で心のALISIN光をフェード
冷たい散文を取得私たちの生活の運命の周り -
「我々は、すべてのトリッキーな答えを置きます
そして、我々は適切な質問を見つけることはありません。」

被害者文学predilections
(2003年3月)
ウラジミールヴィソツキー「刑法」の漫画の曲の曲に

ソルジェニーツィンの詩人、私はいけません。
冷や汗で「収容所」を私にキャストしないでください。
私もマスターマルガリータに触れていません -
しかし、「100年先。」のように
とき抑圧計算と表
または彼らの心の子供たちをたたきます -
私は、任意のページで、あなたの話を教えてくれます
そして - 私はできません! - 私は最後までお読みください。

私はありません、パイロットや詩人のいずれか、
そして、ドアが確実にスペースをロックされています -
しかし、あなたは、右、それについて夢を見ることができます。
私は「百年」を読んで - どのような美しさ!
そこの入り口では、私は世界の半分を与えているだろう。
将来的に居住 - 本当の理想的な:
kosmolёtovからアイスクリームに - すべてがあります。
ここで私はヒットしませんでし本にちょうどウェルテルあります。

そして、ここで私は韻やミス、座っ...
「nerayskyエッジ」で、悲しいかな、ない道路はありません。
スパムのゲストのために、
まさに百年:私は時間を平手打ち。
今、私は囚人です。 私の時代 - ゾーン。
スローライフで、私は運命にありました。
マイテミス - 物語Bulycheva、
そして、私のKerberの - 物理法則。

意志を忘れ、私は長期的に振ります。
時間は機関銃のようにしゃべっ。
それは煙のように、人生を取り...
...何のために - 私は知りません
しかし、私は「100年先。 "好き

放棄された船のバラード
(2003年5月)
ウラジミールヴィソツキーの名を冠した曲の中

パルスを早めます、
ノズルから破裂炎、
詩魔法vestersky風
見て、歌って:
私の最後のフライト
それは親愛なる地球から私を分離します!

世界の草履の数百
私の記憶を記憶します。
大気カバー
私は車のように引き裂きました。
あなたの紫色の目
私はプロットしました。
私は、若くて自慢していました
何があなたと一緒に働いています!

すべてが行ってきました。 グリップのように、
アフリカサンズ
怠け癖私は私の心を失います。
旋回星座ホスト -
さて、メモリ内の生きています
妹sirenevoglazoy視線。

キラーを逃してはいけません -
ブラッディ海賊、
そして、穴が軌道
星を見てください。
私は砂漠に根ざしています。
私はもはや価格の午前。
流星の涙
空は私のために泣いています。
空は黒と青 -
スカイウェスター、地上の空。

私は砂のささやきを聞きます:
早く足音
Kosmolёtov最新のマリーナ。
私の銀の裏地 -
子どもたちのこの群れ:
アリスを知ることは不可能ではありません!

彼女の優しさで
私は無駄に期待しました。
ハンズパシャ圧縮
半分死んホイール。
私の傷は治癒します
マジックサンゴ。
愛と暖かさで
私は無駄に期待しました!

著作権侵害をきっかけに
4便。
とアリスは裏切ります
悪党Dikodim -
しかし、私の女性、
私は、私たちを助けて、知っています。
私は呼吸していない、約束が、
ライラックの目を探しています...

それは海賊の終わりです -
悪党をお楽しみいただけます!
クラウンプリンセス
アリスは直面します。
私は地面をはがします、
リンギング喜び:
もう一度、私の青春のように、
空は私を取るでしょう!
空は永遠の空生きています。
スカイウェスター、地上の空。

背景裁判所、検察官又は死亡
曲M.フラドキンとR.クリスマスの曲は、「その男のために。」 代わっMayakOrkskogoに出演。
(2003年5月)

刺傷は、ヘビのように韻
刺します。
鋼のような私の傷を詩
ナイフが、
私のユーモアで何か
そうでした:
私は笑い、最も
病気!

私の鎧から金型を引っ張ります。
骨は、ボックス内に埋葬されました。
さびた、200年間のぬるぬるメール。
ない運命を知っています。
私はあなたの春は表示されません。

私はより多くのプロ持ち上げないでください
取ります。
彼は私の傷のためにあなたの世界になりました
塩。
私の記憶で何か
そうでした:
それは今までありませんでした -
私は覚えています!

私は槍マントルを交換しました
とテミスの目隠しnatseplyu -
アリスは責任が私の目の前で自分自身を聞かせて感じました、
さて、その後 -
hronopetlyuでSunuヘッド。

雨に浸しボーンズ -
彼らのために申し訳ありません。
私の二世紀を上げないでください。
しこり。
何かがバックを考えました
バラ:
上の代わりに上向きゲスト
ラック?
自分が信じていません
イオタ、
私は彼の寺院に指ましょう
ツイスト。
リトリート? 私は、終了していません、
あなたは何者ですか?
私達の両方は明日ではありません
意志!!!!!!!

私は彼女に彼女の不朽のを許してはいけません!
私は、シャックルの彼女の愛を許してはいけません!
墓Underdark私に現世の世界ダイブから -
しかし、それを
私は、何世紀nenastavshih暗闇の中に隠れます。

ディベート
N.スベトロフ、Mayakorksky
(2003年8月)

N.スベトロフ(悲しそうに):
私は海のように見える、私
あなたの目で悲しいです -
悲しみを克服しないでください。
あなた - 名なし川、
終わりのない手紙、
地平線までの距離はありません。

その目は私を温めます
私はbezbrezhe時間を探しています -
ここではありません、ないそこに、ではないこと!
あなた - 永遠の質問、
解決せずに作業、
シールドなしのパラス。

私の運命のシートを洗浄しないでください
涙詩
永遠にお別れ。
あなたは - 、実現せずに思いました
交換せずに気になります。
なぜ、なぜ、なぜ?

Mayakorksky(いらいら):
そして、誰かが苦しんでいること
友人のIL 1と;
だから、将来を見て、
唾液が来ました、
記憶喪失にその
切り株の状態に...
はい、あなたはそれを知っています
それ以上に私なし。

リチャード·テンペスト(動揺):
はい、ヴラド。 物事は吸います。
私は、右のかわかりません
健康な生殖を植える方法
これにより切り株。

災​​いだ、ではない世代。
すべての私のgnilё、
その障害のすべてに
彼女をノックしました。

労力とお金の湾の多く
戦争の出費。
...それはTormansについて読む方が良いです -
唾液セーバー!

(怒りで)Mayakorksky:
テンペスト、テンペスト、右の単語、
例えば、気性で、
それはあなたのクソ牛ではありません
申し訳ありませんが、MOO!

あなたの恵みに座って -
彼女の背後に、
寛大に発疹のヒントはテーブルクロス -
池の倍以上の!

しかし、現地の発
むしろ、翼で -
だから - dosudiliありません -
私は非難しないでください!

Malyutaスクラートフ(憤然):
何ダニロフ、子として、
Noeshではなく、自分自身?
ハイキング-KAあなた、子孫、
プラウのプレンティ

はいモミ足をpozhuyます
代わりにソーセージの、
はい、病気、靴を置きます、
-KAを投げる見てください!

リーン、詩人、彼のスタッフに -
地下鉄を入力しないでください。
寒さの中、単一チョップ薪 -
さて、兄弟、真剣に?

家賃の-KAを座って、
Barshchinaプラウ、
目の前のマナー
クラコビアークのsplyashem!

ビーチは彼の背中を撫でてみましょう、
鼻の穴は空のプルアップ...
ときにそれはだ、私の愛します、
着手正当化します。

そうでない場合 - 許されません!
やっちまえ! Vyazhi!
彼の詩のための
粉々に!

病気の間に、シラミヘアスタイル、
炉の煙で
の取得、Mayakorksky、
フル手数料!

子孫は脂肪食べ、見て!
、邪悪な悪魔を参照してください!
...そして、アリスが到着しました
そして、彼は救われました...

注意。 レプリカMayakorkskogoは当然Mayakorkskim、残りの文字化を書か - N.スベトロフ。

ドレインを追い詰めます
サイクル」アリスではない言葉"; 曲ウラジミールヴィソツキー「狩猟オオカミ」の曲に
(2004年2月)

透明ウッド。 帯電した銃。
火薬の乾燥。 無関心リード。
Компромиссов не будет: нам нужно
Обратить волчью стаю в овец!
Крут мороз – глицериним прицелы,
Чтоб без промаха бить по врагу.
Кумачовой чертою оцепим
И подвергнем зачистке тайгу.
Рога ревут: настал черёд большой охоты.
Лес ощетинился, как ёж, стернёй стволов.
Кумач светила красит кровью час восхода,
И красит кровью белый снег кумач флажков.

Под напором багрянца и стали
Волки сгинут. Теперь им конец,
Раз по-тихому не пожелали
Превращаться в нормальных овец!
Раскалились стволы от азарта,
Стынут серые пятна на льду.
Волки в панике. Бита их карта,
Раз пошли у флажков в поводу.
Рога ревут: сегодня день большой охоты.
Волкам сегодня быть мишенью для стрелков.
И красят кровью снег пред смертью волчьи роты,
И красит кровью красный снег кумач флажков.

Серый зверь вжался в снег под прицелом:
«Никуда не уйдёшь, сатана!»
В чащу ринулся остервенело –
Но флажки для него как стена.
Только вдруг, поседевший от страха, –
Ведь кумач пострашнее, чем смерть –
Он ступил на флажок, как на плаху.
Миг – и пуле за ним не успеть!
Рога ревут: закончен день большой охоты.
Трепещет лес, набитый трупами волков.
И красит чёрным смерть останки волчьей роты,
И красит кровью чёрный снег кумач флажков.

Коль обложен – не будет пощады.
Раз обложен – считай, истреблён.
Был в лесу образцовый порядок:
Всем волкам этот писан закон!
А ему, понимаешь, не писан!
Он главней – поглядите, каков!
Видно, вскормлен лисою; а лисы
Не подвластны гипнозу флажков!
Ушёл, зараза, – и насмарку вся охота.
Флажки бессильны – скрыл щенка студёный лес.
Не спровоцировать теперь переворота,
Не обратить волков в послушненьких овец.

Письмо хронавта, командированного на Тайвань в начало XXI века
На мотив песни В. Высоцкого «Письмо из Парижа»
(апрель 2004 г.)

Ах милый Ваня, я гуляю по Тайваню.
Зачем гуляю – оставлю в тайне,
А то визит мой оплатившие китайцы
Её узнают – и удивятся!

Ах, Вань, экзотики навалом на Тайване:
Представь, здесь доллары в ходу, а не юани!

Здесь океан ласкает вычурные скалы,
А воробьёв тут на диво мало.
Для нас поэзия бамбук – для местных проза,
А вот берёзам претит Формоза.

Ах, Вань, экзотики навалом на Тайване:
Здесь осьминога можно скушать в ресторане.

Здесь есть гуава, авокадо и папайя,
Но почему-то я здесь скучаю.
Жду-не дождусь, когда отправлюсь в путь неблизкий –
В свою эпоху, к родной Алиске.

Ах, Вань, экзотики навалом на Тайване:
Заря купается в бескрайнем океане…

Голограмма
Цикл «Ни слова об Алисе»
(октябрь 2004 г.)

Время устроено странно:
Здесь осень – где-то весна.
«Я» – просто фрагмент голограммы,
А голограмма – одна.

Не правда ль, смешно тараном
Ломиться сквозь времена?
Ты тоже фрагмент голограммы,
А голограмма – одна.

Твой мир – далёкий, желанный –
Для нас что-то вроде сна.
Он тоже фрагмент голограммы.
А голограмма – одна.

Зовём, но не слышим ответа –
Взамен нам надежда дана.
Привыкли мы видеть фрагменты.
А голограмма – одна.

Песенка охотников на Снарка
Цикл «Ни слова об Алисе»; на мотив песни А. Макаревича «Охотники за удачей»
(март 2005 г.)

Доживём мы, друзья, едва ли
До полётов к иным мирам.
Но судьба нашей звёздной спирали
Почему-то не по фигу нам.
Не страшны нам ни дождь, ни вьюга,
Ни напалм, ни тяжёлый танк:
Мы – охотники за зверюгой
Под чудным названием – снарк.

Мы, друзья, зазубрили навечно
Пять конкретных и ясных примет,
По которым поймём, конечно,
Есть ли рядом снарк или нет.
Нас дефолтом не подкосило,
Не добрался спецназ до нас,
И Грядущее нас манило
Грустным взглядом бездонных глаз.

Этих снарков ловить интересно.
Но такой вот, ребята, факт:
Кто б хотел просто так исчезнуть,
Коль буджумом окажется снарк?
Не теряй надежду в тумане.
Помни: время теперь не то.
Но вдруг Грядущее нас поманит
Сизым взмахом крыла Додо?

Гай-До
На мотив песни В. Высоцкого «Бег иноходца»
(март 2005 г.)

Я – лечу. Но я лечу иначе
Сквозь Вселенной вековую тьму.
Я – корабль разумный. Это значит,
Я соображаю, что к чему!
Мне булыжник гибелью грозит:
Взрыв – и смерть; но что машине смерть?
Не страшит меня метеорит.
Я решаю сам, куда лететь!

「コース - 東北! キール下七千マイル!
ガンズ - 闘うための、およびボードに "!
あなたとバトルクルーザーが、
私たちは、脅迫に屈することはありません!
パイレーツ - 核電荷、
I - 脳、と私は臆病者ではないです。
彼は奴隷に情熱だ - よく、私
自身がプロットしました。

I - 生きている、まだ生き希望。
ノズルの暗い炎を引き裂かれました。
それは巨大だ - そう、もちろん - 満たしています。
Lは滑っ - 誰が知っていますか? しかし、私はあきらめないでください!
閉じます。 撃て! 不平等な戦い:
オンボードのレーザーは私の左を光りました。
I - ガイアップ。 私は痛みを気にしないでください!
私が仕える自分を決めます!

ねえ、海賊! 不毛の計画を残します:
Giperergogenは無駄に費やしています。
私はラッシュ海賊の自由度ではないです。
私の自由な選択 - イリア!
プラストの - シンプルで光 -
私の最後のprozhzhёtの思考:
彼女が住んでいる場合 - 私は死んでいませんよ!
彼女はまだ生きている場合 - それは来ます!

もう一度、私たちは広大な広がりを受け入れるます。
新たに宇宙の闇を刺し。
I - 生きている、まだ生き希望。
私はそれが何だ、と思います!

そして、まだそれは残念です...
歌オクジャワの曲に「過去を取り戻すことはできません"
(2005年8月)

そして、日、およびペース必死ラッシュの開口部。
平面に入ると、誰もが空を飛ぶことができます。
そして、まだそれはあなたがアリスSeleznevaでできないのは残念です
Brastak上の友人に時間を少なくとも四半期にドロップします。

私たちを脅かす母親の年齢に物理学の法則
しっかりプロメテウスのように、連鎖し。
私たちは、フリップが街​​の上にマウスを移動しないことは非常に悲しいです
子供たちのためにKosmozooその扉を開けないでください。

私たちは、地球の子であるが、我々は成長します。 私達はべきではないため、
時代の発祥地に住んで - よりZiolkowskiは言いました。
そして、まだそれは残念です。私たちは前のように、夢、理想 -
我々は理想的なと呼ばれるかを理解スクラップ。

時代の精神から、みんな、今まで洗濯しないでください、
現地時間と誰か他の人の下着として私たちを交わしています。
アリスに時々かなり近いこと痛いほど面白いです
それより上にある台座スタンド。

心の力は切り札となっています:
それは、私たち自身がpogrebёmコインの層の下に表示されます。
そして、私たちは自分の時間に住んでいる人間であれば、
私やあなたはいずれも、そうでない場合は悲しいである必要はありません。

将来的に訪れることができません。 これは苦い真実です。
しかし、突然、私はわかります。私はこのすべてを書いている間、
フリップはSeleznevaアリスと雲をスイープ!
そして、私は困惑し、当惑したクラウン規模です...

11月
(2005年11月)

サンセット。 Ryabinka新鮮な銀。
私たちは、11月に新年を満たしています。

まあそれは、とんでもない気まぐれ必要です!
何切り株ラックフレームの伝統を?
おそらく、単にExcelに?
まあ、そこにあるべきで、私たちは1月を待っていませんでした、
ピーターのように語った - アリスは彼らにとって重要です。

完全はい、ピーターを覚えています。
しかし、新年は11月に会います。

サークルへのステップ。 Горяч и жарок, слепит свет.
Над пультом, как паук, висит молчанье.
Робеем: вдруг Алисочка обманет?
Вдаль позовёт ещё на сотню лет –
И в сером затеряется тумане?

Нас встарь могли б поджарить на костре:
Мы новый год встречаем в ноябре.

Стихает гул. Выходим. Кто нас ждёт?
Алиска? ИнтерГПол? Иль санитары?
То ль год не тот, то ль вовсе и не год…
Держась за пузо, ржёт зелёный чёрт
Над грудой опустевшей стеклотары.

Решётка. Стол. “Макаров” в кобуре.
Мы новый год встречаем в ноябре.

Свернулся, словно свиток, яркий свет.
Немой вопрос петлёю шею давит:
“Она не здесь. Но где-то есть же, да ведь?”
Летим назад на сто пятнадцать лет:
Ещё не поздно что-нибудь исправить!

Рассвет. Рябинки в свежем серебре.
Мы новый год встречаем в ноябре.

Антиромантическое
Цикл «Ни слова об Алисе». По мотивам одной дискуссии на форуме «Романтиков» и одной пародии Льюиса Кэрролла.
(декабрь 2005 г.)

«Папа Вильям, — спросил любопытный малыш, —
Голова твоя белого цвета.
Между тем ты при имени русов дрожишь.
Как ты думаешь — правильно это?»

«В ранней юности, — сыну ответил старик, —
Пил я с русами водку хмельную.
Развязал сей напиток мой грешный язык,
Дал мне чувство, что всё сокрушу я.

И как начал крушить, как пошёл я ломать —
Как я думал — всё зло мировое!
Ты бы знал, до чего было стыдно хромать
Мне домой с головою больною.

Повидал я немало за долгую жизнь.
Не боюсь ни боёв я, ни пыток.
Только, сын мой, от русов подальше держись:
Страшен тот, кто глотнёт их напиток.»

О научной романтике
Цикл «Ни слова об Алисе»
(январь 2006 г.)

Мечты, как бешеные кони,
Сквозь мрак учёного влекут.
Но кто сказал “наука – подвиг”?
Наука – это просто труд.

Не Музой знания даются.
Всё это – сказки для детей!
Химерой долго ль обмануться,
Не обуздав табун страстей?

Учёный муж! не верь в удачу.
Будь каждодневно начеку.
Табун страстей – коней горячих
Останови на всём скаку!

Гранит наук кайло обломит:
Надёжно скрыт открытий клад.
Расправив крылья, чудо-кони
Уже над пропастью летят.

К суровому призвал ответу
Того церковный трибунал,
Кто высочайшую планету
Звездой тройною наблюдал.

Был век Чаянова недолог.
Сократ – отравлен. Бруно – труп.
Но кто сказал “наука – подвиг”?
Наука – это просто труд.

О Декарте и бифуркации
(январь 2006 г.)

Началась бы иная эра,
Коль Декарт после многих дум
Выдал “cogito ergo spero”
Вместо “cogito ergo sum”.

Там иначе б раскинулись страны,
Не бомбили бы Штаты Ирак,
И другие царили б тираны,
И стонали б жертвы не так.

Не учили б китайцы английский,
Стал иным бы веков отсчёт.
Неужель там и вместо Алиски
Вдруг родится кто-то ещё?!

Там не смёл бы взрыв Хиросиму,
Не тонула б Россия в вине.
Может, был бы тот мир счастливей,
Только, братцы, зачем он мне?

Ещё одно подражание Есенину
(февраль 2006 г.)

Никогда я не бывал на Блуке,
Потому не спрашивай о нём.
Но не грех погрезить на досуге
Рыжим небом, голубым песком.

И, мечты доверившись объятьям,
О зарядке начисто забыть,
Позабыть к чертям о сопромате,
Чертежи чернилами залить,

В сладком сне забыть о чувстве меры…
Но увы! таких, как я, в полёт
Ни на Вестер, ни на Шешинеру
Капитан Зелёный не возьмёт!

Доставлять “Пегасом” ананасы
Предстоит потомкам, а не нам.
Вольно им летать по звёздным трассам
И бродить по голубым пескам!

Путь меж звёзд по силам их науке –
Ну, а мы с тобой не доживём…
Остаётся грезить на досуге
Рыжим небом, голубым песком.

Прадеды уходят в бой, или Невесёлая покойницкая
(март 2006 г.)

«Танк в бою – это ж так отрадно!
Нам милее не жизнь, а смерть.
Мы, романтики, очень складно
Можем битвам осанну спеть.

Драка славу мужчине стяжает.
Супермены! Отчизны сыны!»
Очень весело тот погибает,
Кто подсел на наркотик войны.

«Вырвем с корнем вражью заразу!
На подмогу, резерв! Шагом марш!
Мы их всех…” – подавился фразой
Лейтенант, размочален в фарш.

Парни в пекло идут, как бараны.
Скулы сводит от воя мин.
Вместо крови хлещет из раны
Закипающий адреналин.

Марс с Танатосом спелись дуэтом.
Канут в омут Стиксовых волн,
Как гнилые орехи, планеты,
Что сидят на колёсах войн.

«Вот он, братцы. Мёртв. Опоздали.
Зря сожгли миллиард мегаватт. –
Охреневший от пороха гари,
Храбреца хоронит хронавт. –

Да плевать мне, чей это выстрел!
Что уставились, в гроб вашу рать?
Лейтенант стал бы предком Алисы.
Нам здесь некого больше спасать».

Экспромт
По мотивам одного стихотворения Маякоркского
(ноябрь 2007 г.)

С упрёком незлым поминаю нередко
Нерайские ваши края
За то, что руки ошалевшего предка
Коснулась ладошка твоя.

Угрозы, утраты, побед ликованье –
Всё это должно миновать.
И тысячу раз пережившим прощанье
Придётся прощаться опять.

И нам, словно очередью автомата,
Прошитым тоской неземной,
Алиса промолвит: “Спасибо, ребята,
Что я возвратилась домой”.

Каждый заплатил
На мотив песни В.Высоцкого «Так оно и есть».
(декабрь 2007 г.)

Каждый заплатил – словно встарь, словно встарь.
Если полюбил – побольнее ударь!
Коль, отняв, увёз – по моргалам огрёб,
А если всё всерьёз – где любовь, там и гроб.

Потянулись года обречённой надежды
Без вестей и без встреч.
Сколько мёртвых душой год за годом прилежно
Пишут в печь, пишут в печь!
Пусть листами шуршит календарь безалисья,
Жизнь сквозь пальцы течёт.
Неприснившийся сон, нераздавшийся выстрел –
Незачёт, незачёт.

Каждый заплатил – словно встарь, словно встарь.
Если полюбил – побольнее ударь!
Коль, отняв, увёз – по моргалам огрёб,
А если всё всерьёз – где любовь, там и гроб.

Потянулись года без никчёмной надежды.
Кто сечёт – тем почёт.
Меч отточен, у всадника в ратной одежде
Смерть сквозь пальцы течёт.
Не дожить, не допеть: ваша песенка спета.
Ни стихов, ни атак.
Такова уж банальная участь поэта –
В Орган-банк, в Орган-банк.

Каждый заплатил – словно встарь, словно встарь.
Если полюбил – побольнее ударь!
Коль, отняв, увёз – по моргалам огрёб,
А если всё всерьёз – где любовь, там и гроб.

Пародия на Pinhead'а
(декабрь 2007 г.)

Мечты и страсти за нос нас водили,
Тянулись мы за ними сквозь года.
Мы столько на дороге наследили,
Что не ступить туда, где нет следа!

Запутавшись в замызганных загадках,
Мы путы тщимся рвать, но сил уж нет,
Чтоб выведать то странное заданье,
Что зад наш вклеивает в табурет!

Рожаем без ничтожнейших усилий
Вязь строчек: ведь удел любви – рожать…
И чем бы нам за это ни грозили,
Что стоит нам от критиков сбежать?!

А где-то там у моря сохнут пальмы,
А где-то тут – экран и интернет,
И Солнце светит пропорционально
Холодному сиянию монет!

………………………………………………………….
Вернуться в раздел “Поэзия”.

У нас 3 комментария на запись “Н.Светлов: Стихи”

あなたも自分の意見を表現することができます。

  1. 1 27.04.2008, Алиса Мигунова :

    Очень понравились стихи! Но сказать в данный момент нечего – эмоции захлестнули так, что слова испарились. Сижу вот сейчас и реву перед монитором…

  2. 2 06.05.2008, Н. Светлов :

    Всегда приятно получать комментарии именно от Алисы :-)

    Правда, я стремился вызвать у читателей скорее улыбку, чем слёзы. От улыбки в небе радуга проснётся… (с) 😉

  3. 3 02.10.2012, veselchaky :

    Крус читал и рыдал, и говорил: «вот до чего субъектность доводит». Еле-еле отпоил кефиром.

コメントを残します

Вы должны войти , чтобы оставить комментарий.

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係