2009 2009年8月19日

円形に

発行: |カテゴリー: ニュース散文創造性 |

最初の部分が掲載されましたここに。
第二- こちら。
第三部、第一章- こちら。
以前の日に。 第三部。
第二章。

ニコラスKartsevaのための次の日の朝が突然来ました。 しかし、いつものように。 すべての家と悲痛oravshim目覚まし時計の上を飛んの10分を運転した、ニコラスは精神的にどのように午前中にスリープ状態に普通の人を与えるものではありませんすべてを呪うしなければなりませんでした。 違反の恐れが希少植物と発音するために声を出して、彼は、あえてしないでください。 誰もが植物がその存在に誓うのは好きではないことを知っています。 彼らは、このくぼみからスタート。 そして希少な植物が、それは気まぐれや脆弱性があります。
とニコラスはシダデスクが住んでいました。 一つは、一度ニコラス道端公園を発見しました。 多くの研究の後、懐疑のErianにもかかわらず、それは公式の科学が、それはハイブリッドまたは変異体、および最も一般的なzatsvetshyシダではないことを発見し、シダは花をしないと主張しました。 混乱の中、隣の世界の周囲に形成された団体は、誰が冒険Kartcevは、ユニークな植物を掘り、彼の家に持ってきて、それ以来の世話や最愛のペットとしてそれを大切にするという事実に注意を払いませんでした。 ニコラスはシダがまだ開示されていない秘密を、保持していることと信じていました。 すべて手作りの、特に猫Vaskaは厳密に花をタッチすることは禁止します。 自身Kartcevシダは合理的存在として話をし、植物が葉を移動する「責任」であることを保証します。
トレーニングや水泳後にプールでニコライは、ビタミンやタンパク質のカクテルを飲み、新鮮なレタスの葉でジューシーなステーキのカップルを食べて、これまでの作業計画に目を通すようになりました。 中心点はGoessiyu旅行に記載されていました。 ニコラスは、特に彼は考古学者で「接触する」ことになるかについて考えていません。 彼は、所有者の不在下でシダの感じ方の詳細については心配していました。 しかし、彼は収集する必要がありました。
研究所に到着し、彼はなじみのない空気タクシーは赤と白の色を駐車気づきました。 車から短い毛で約10歳の女の子を跳びました。 シャカシャカは、ほとんど実行されている、彼女はGIAに行ってきました。
「うーん。 ビーゴの子? これは誰の子ですか? そして、何が起こった " - ?思想ニコラスを。 しかし、通過中。 意識、彼はほとんどGoessiiでした。

一方、アレックスMaryushkinはベロニカと嵐の説明の後に来ます。 彼女はヴィ​​ックはまだ別のスペースに行くには余りにも若いと思っていました。 センターは、母と子の普通の生活のためのすべての条件を提供することができるという事実は、ヴェロニカが原因の不確実性の疑問を呈しました。 最後に、アレックスは一人で行くことになった、とすべての外交手続きが決済されたとき、家族はMaryushkinyhを再会しました。 彼の神経を静めるために、アレックスは、TIGの足に行ってきました。 すでに白青の建物の近くに、彼はタクシーvymahnuvshego Kartsevaに気づき、裾の端に白のストライプと白の「リングレット」襟と青いドレスの小さな身長とむしろ壊れやすいボディの女の子の研究所に実行されます。
- こんにちは! - アレクセイは、強力な図形ニコラスに達した、と述べました。 図は、少し尻込みし、周りになっています。
- 素晴らしいです! - 猫 - ニコライが正常に吠えるの習慣としての彼の自然の均等特性だった心遣いを克服します。
- どうしましたか? - アレックスは心配しました。
- あなたは、そのある娘がわかりませんか? または孫娘? - ニコラスは女の子zadvinuvshiesyaドアにうなずきました。 - それは私が覚えていないようです。
- あなたは、家族の写真のための私達の従業員のすべての面で知っていましたか? - アレックスは笑いました。
- さて、行きましょう、 - ニコライは言いました。 - ひそかにそれはまだ残っています。
友人は広々としたホールは非常に落胆バッタを迎え次元間の関係、彼の「ホーム」部門に行ってきました。
- 何かありましたか? - アレックスは挨拶の後に尋ねました。
- Erianは来ませんでしたの? - 推測ニコラスを表明しました。
- 遅延 - 簡単にバッタに答え。 Kartcev Maryushkinとうなずいたが、研究室に漏れたためとバレルのためにため息をつきました。 そこに彼らは彼らの上司オレグProshkinaを見ました。 彼がそこにありました。 しかし、彼のそばに女の子が立っていました。 彼らは入り口で会った1。 Kartsevaの面では、Proshkinは妙に挙動しました。 彼は百年は彼女を知っていたかのように、女の子に話していた、と子供のように話すことはありませんでしたが、同じような。
- だから、教えて? - 少女ソフト、クリアな音声と述べました。 彼女は晴れやかな、オープン、柔らかすぎ微笑みます。 「手のひらに魂は " - Maryushkinu思いました。
- もちろん、SIAは - オレグは答えました。 - 我々は現在それに取り組んでいます。 その後、彼は含ま気づいた - ...場合、それは素晴らしいことです。 - そして、みんな! こんにちは!
- こんにちは、 - 少女は言いました。 - それは、私は申し訳ありませんが、私は時間を持っていることは事実です。 しかし、我々は...ので、再び会うことにしよう - と彼は終了していたものの、彼女は、オレグを見ました。
- おはよう! - ユニゾンではアレクセイとニコライは述べています。 少女はドアに来たが、一部の従業員が遅く到着しました。 男性の困惑顔を見ると、刺し明るく、ちょうど謎めい微笑んで、研究室の外に走りました。
- どなた? - 驚きに私はKarzを尋ねました。
- シア - Proshkinは彼の額から、彼のロックを投げ、言いました。 - 美和から。 非線形アロタイプの問題...よく、すべての時間に - それは彼らがそれを知っているものです。
- 赤ちゃん? - アレックスは驚きました。 Proshkinは厳密に彼を見て言いました。
- 同僚。 私たちは、あなたがカレンダーの年齢に比例しての合理性の程度を知っていますか? 大人に優れ、さまざまな方法で子供たち。 彼らは感情的な方法の面で豊かな世界を知覚しています。 正直なところ、それに反応します。 それは大人を行うことなどであるように、人間性の有害な資質に起因するクラッタの問題を構築しないでください。 そして、赤ちゃんの口から...ああ、それは時間のあなたではない、アレクセイポリャンスキーは教授への訪問を支払いますか?
- ああ、それは、時間です! - ニコライが歌いました。 - 最高の電子遅延の破断における民俗知恵の研究は容認していません!
- そして、考古学goesskoyの謎への導入は - あまりにも - プログラマをレトルト。
- そう! - Proshkinは卓上の上に手を置きます。 - 十分な話。 あなたの両方が移動します。
ブリーフィング·検査装置 - - 必要な手続きの後、両方の従業員の部門のMPSのターンは青みがかった光る長方形「ウィンドウ」のステップをとっています。 最終的なローカライゼーション·パラメータは手首の皮膚に移植小さなチップのメモリに設定された、遷移の影響が敏感なセンサーと、「ウィンドウ」と接触するバイオフィールドの特定の特性に依存する:移行が必要とされません。

* * *

朝はアリウス派は奇妙な考えを襲わ。 いいえ、それも考えていませんでした。 不明です - 不明な内部感情の絵画、たるみ、頭の上に柔らかい海の波のような、目...。 彼らは鳴った - 多くの場合、おなじみの曲を織り、時々 - 一見不明遅いコードを。 長い、ビロード、ソフト...それはなぜですか? なぜ急に忘れてはならないもののことを思い出しましたか?
牡羊座生まれの天才の前に罪悪感を振り払うことができませんでした。
それは信じられないほどでした。 論理的には、罪悪感を感じるためにわずかな手がかりがありませんでした。 彼女は文明の主流を、芽で悪を殺す、国全体を保存オンにするユニークな機会を与えられた...そして、彼女は天才の顔にすべてのヘッドと戦った、ない...アリウス主義は、彼の手の中に、彼の頭をあぐらをかいて座っていました。 ... ... ...殺す曖昧な不安で戦った文字列、zvenevshayaチャンスが与えられ、心の鋭よう歩きました。 彼女は他人の意志のパフォーマーであったことを感じ、それが成長しました。 アリウス主義は飛び上がって、ウィンドウに駆けつけました。 そこでは、空の青の明るい青色の背景に白い火花のカモメをキラリと光る... ...どのように、その後、戦いの後。 いいえ、間違って存在することができませんでした。 戦いの悪は常にすべてのvigovtsevのための仕事よりもされています。
しかし天才...この時点で、推論壊れた黒ガラス面の不安、罪悪感と何かが間違っているという感じのコヒーレントと正しい行。
「私は社会的観点から右ですが...」。
「私は...正気、理由、義務を持っていますが、 "。
「私が勝った、永遠に失ってしまいました...」。
Erianは突然静かに引っ張らサッシ窓を適用しました。 今のところ、彼らは太陽の反射液体金を反映しています。 十字線2は、牡羊座生まれの盲目に一瞬光線を反射し、彼女は目を閉じました。 距離の - 彼は彼の目を開けた次の瞬間、彼女はもう一つのゴールデンホワイトフラッシュに気づきました。 つまり、誰かが家の反対でサッシ窓を開けました。 偶然による光「応答」のこの種のは何とか安心とErianを奨励しました。 彼女は、必ずしもすべてを把握することを考えました。
ここでは、留守番関与し、それは研究所で収集するための時間であることを述べました。 これは、二次リマインダ牡羊座生まれたと動作するように急ぎました。 まあ、少なくとも彼女は後で来るバッタを警告しました。 私も話を読み続けるために彼を頼みますよ...
通りに出て、彼女が活発に笑って、サイトmalyshniはしゃぐで叫んで聞いたその背後に緑のフェンスに沿って歩きました。 太陽は光と熱の倹約されていません - 焼成し、すべての生き物を魅了するかのように雲のない空に燃えます。 Erianは遮光レンズを入れて:彼女は彼が地球のために光ファイバのこの人生ことを知っていたにも関わらず、光線を灼熱、明るい好きではなかったです。 クリストファーと何年も、太陽エネルギーの流れのない生活を想像することはできません、それは元に戻すことはできません。 私はバッタを依頼する必要があります...
しかし、その後どのような彼女は、牡羊座生まれのバッタをお願いしたいと思い、彼女は思い出しました。 と誰かがスリングから石を投げていたかのようにアリウス主義は、後ろに、シャープな強いと重い打撃を感じた - 突然恐怖と注意を混入誰か薄い叫び、があったので。 落ちる、彼女は暗い周囲の空気と夕暮れのような小さな揺れが自分自身スプリンター想像することを見て驚きました。 その後数秒間深め暗がりが燃えるようなフラッシュを大幅に削減し、すべてが最終的に浮上消えました...

倒れた少女によってすぐに少数の人々を実行しました。 「速い」とライトグリーン車と呼ばれる人は静かに静か分に芝生の上で計画しました。 すぐに送料はビグは、緊急入院の従業員を報告するために、電子パスポートの犠牲者を介して、勤務中の健康センター、旅団に接触飛んでいました...

* * *

Goessiiで冬を治めました。 S-彼は前に見たことがない寸前のような冬。 ニコライの憧れは、道端にそびえる、踏ま道路や雪の青白色流れるようなラインをした、最高級の針が映える凍結雪のように白い威厳に(見前日濃霧だった)つや消しの木を調査し、痛烈なきれいな空気を吸い込みました。 楽しみのために冬のようなどこにでも魅了された白は紺碧のベールとウェディングドレスを試着することを決めました。
町は小さいが、長い歴史とありました。 任意の履歴のような、数多くの謎、謎、あいまいさに興奮想像素朴な町の住民と専門家の関心は、科学者を呼びました。 と科学者の一部にニコラスを満たすために持っていました。 ロマンチックな考古学者アリウス派Goessiiと無料Sopredelyaの関係についての仮説の確認や反論のための材料を収集するために、見ることを、学ぶことが、ニコラスは、クリエイティブの割り当てを処理することが好ましいとは全く様々な自発的なプロセスを回避 - 共同解決歴史の謎は、監督の狙いだったの順序を提供していませんでした愚かな考え。

考古学研究所の長い三階建ての建物を発見したが、ニコラスは警備員証明書ジャーナリストmezhprostranstvennikaを示し、二階の梯子を少しみすぼらしいを登りました。 左回し、彼は「ホークスKS」、軽金属板に黒のドアを見つめていました。 これはErianが言った考古学チームのオフィスマネージャーの検索であった: "古い名前はコンスタンチンです...」。 ニコラスはノックしました。
- はい! - キャビネットの深さからの固体が、優しい声がありました。 ニコラスは、ドアを開けて入りました。 あなたの目を引く最初のもの - 空間の豊かさ。 部屋は空が、非常に広々としていないようでした。 壁に沿って中央にはいくつかのキャビネット - 机は書類、フォルダ、ブック、日記、ディスク、フラッシュドライブやその他の文具、労働や雑貨で高積ま。 短い黒髪を持つ背の高い、薄い男 - 簡単に回転椅子のテーブルでオフィスの所有者を置きました。
- こんにちは、 - ニコライ優しいと述べました。 - 私が特派、午前「レイ」。 合意により、広報コーディネーター学科からスペースを隣接。
ホークスは公然と、単に、その後、彼の顔を明るくし、彼によると、一瞬考えました:
- はい。 私が言われてきました。 、してください - 彼はテーブルから斜めに少しで快適な椅子を指摘しました。
- 私はあなたのグループについての材料をしたいと思い、その作業の方向とは - 得られた結果 - Kartcev希望のタッチで楽しいイントネーションをpodbavit。 中間少なくとも。 それはあなたの男だったという事実は、常に問題を抱えた人を手招き球で開発されてきました。 食べてもほんの少しのある人は、仕事、家族的責任と週末に公園を散歩に行きます。 要するに、ロマン。
ホークスは微笑みました。 Ciaのを - Kartcevは、その少女の目が光り、ええような、幼稚な熱意と薄手の輝きを表示さコンスタンティンの目には笑顔で言いました。 外側に、彼​​らは全く似ていなかったが、彼の目には微妙に均等に真珠何かを輝いていました。
- 私は、協力して嬉しい - ホークス言いました。 - 私たちのグループのすべての年半なので、非常に多くのではありません。 最初に検索します。 しかし、それだけで刺激し、あなたが、考えて見て、行動することができます。
- そして、あなたは何を作業していますか? 具体的に。
- 私たちの専門 - Goessiiの謎。 この比較的小さな球の歴史全体を横切って、国の根幹のでとても優しく、話すことを、開発しました。 あまりにも - 主要な戦争は、クーデター、革命ではなかったです。 隣人と平和に住んでいるが、軍の順序で。 なぜ? 凝集社会ためではなく、ご注文で、ちょうどすべての必要性を理解し、さらにそこから彼らの感情的な快適性を高めます。 いいえ、チームみんなで「自分のためにすべての人が「全体の一部を感じるがあります。 ユニークな、かけがえのない、重要な。 はい、少なくとも私たちの確立を取ります...
「私はあなたが牡羊座生まれのを持って聞いた! " - 彼自身Karzに笑いました。
- そして、我々は単純で開始 - ホークスを続けました。 - 私たちの先祖の古代集落のサイトでの発掘調査は、すでに異常な結果を得ました。
Kartcevは身を乗り出しました。
- 誰かの冗談 - 一見。 しかし、それは歴史的なフォーメーションのバイアスを印加することができる - コンスタンティンは一時停止し、その後、私は目にニコラスを見て、言いました:
- そして、私はジャーナリズムの「扇情」を好きではないだろう 私たちは仕事を始めました。 それは、それを完了するために分析するために、結論を出す、および、関連する記事を公開することが必要です。 検証されたデータ、信頼できる情報を持ちます。 わかりますか?
- もちろん! - Kartcevを激しくうなずきました。 - "レイ" - 深刻な問題。 あなた自身を見てきました。
- はい、私はいくつかのコピーを読んでいる - ホークスはうなずきました。 - だから、事件について。 私たちの人は5世紀前の和解を発掘しています。 面白いことの多くは、それでも、一般的には、既存の概念の枠組みの中で。 のものを除きます。 そう遠くない家の1からピストルを発見されました。 タイプ、モデル、武器のさえ「年齢」は、時代に対応しています。 しかし、合金 - 合金不明! 要素のいずれも満たされない、と私たちの世界で自然に発生しません。 そして今日それが最大の謎です。
- 仮説? - その思考ブラウン運動の状態に入って来るようになったニコラスは、言いました。
- まあ、いつものように:外国人; アトランティスの地球のような強力な祖先; でも、時間旅行者。 私たちの子孫が未知の化学物質を受け取るか、またはそれらが過去の原始的な火を配置するためにどこかに飛んで、なぜしかし、後者のオプションは不明ですか?
- そして、あなたが紛失した場合? - ふりオプションの真実に近いことにするが、通常、幻想のような場合には拒否されます。 それが子孫や先祖ではないので、言うことはありません...
しかし、ホークスは冗談として、そのキューにそれを取りました。
それはオフィスのドアのように出てくるつもりだったので、会話は、Kartcevが親切に別れた後、別の半時間を継続し、オープン振っと出てきた - と言うことではない場合は、走った - 金髪と青い目の別の男、少し若いコンスタンティンを。 ホークスは彼の最初の言葉を未然とKartsevaを発表しました。
- 非常に満足して - 新人は言いました。 - 私の名前はコンラッドです。 私はコンスタンティンにビジネスを持っていますが、あなたがする必要がある場合は、ニコラスは、私は、常に支援する準備ができています。 恥ずかしがらないでください。
- はい、私は実際に出てお辞儀をするつもりだった - 私は、ワークフローに干渉したくない - ニコラスはつぶやいた、それは非常に説得力を見ていません知っています。
- あなたは干渉しません。 すべての注目と尊敬に値する、私たちの人々の仕事は、間違いなくに関連する問題の任意何でお問い合わせ - コンラッドは答えました。 このような武装解除やす面食らっKartcev少し。 コンラッドは言いました:
- 私たちは、ニュースMethodiusを持っています。 ガンについて。
- だから私たちは銃にしている - 忙しくコンスタンチンは言いました。 - だから何Methodius?
- 彼は、ハンドルとバレルに指紋を回復することができました。 Без сомнения, они принадлежат девушке, – ответил Конрад, обращаясь к Константину и Николаю одновременно. – Теперь остается внести их в глобальную дактилоскопическую базу данных и произвести идентификацию. Если это шутка, то мы обнаружим шутника, вернее, шутницу, в настоящем. Если факт имел место в истории – пошарим в прошлом. Если это мистика, то мы ничего не найдем, – и Конрад мягко улыбнулся.
– А кто это – Мефодий? – спросил Николай.
– Так, – произнес Константин. – По отпечаткам дайте запрос, а для Мефодия захватите новую программу для его персоналки, он заказывал. Заодно Николай увидит всё своими глазами.
Карцев начал осознавать, что его как будто приняли в бригаду. Без заявления.
– Отлично, – ответил Конрад. – Идемте, Николай.

* * *

По дороге зашли перекусить, из чего Карцев сделал вывод, что распоряжения начальства здесь имеет, скорее, рекомендательный характер.
– Нет, – ответил Конрад, хотя Николай не спрашивал. – Мы обязательно всё сделаем. Но – поймите – мы ведь не трудодни отрабатываем. Иногда за день сделаешь столько, сколько, скажем, чиновники и за год не упахивают. Но всё по возможности.
– А насчёт пистолета есть мысли? – не удержался Карцев. Ну не дипломат он! Марьюшкина посылать надо было! Конрад, впрочем, улыбнулся.
– Действительность порой намного фантастичнее, чем кажется, – сказал он, отхлебывая компот. – Кто знает, может быть, это и впрямь гости из будущего. А может, из прошлого.
Карцев чуть не подавился квасом с баранками.
– Допустим, нашел какой-нибудь мальчик в прошлом временной портал, попал в далекое будущее. Там по какой-либо причине завладел пистолетом из музея. То есть, потомки сделали копию старинного оружия, но из своих материалов. Ну вот, прихватил этот горе-путешественник игрушку и назад. А по дороге потерял пистолет. Или делал “пересадку” в той эпохе. Да мало ли какие ещё варианты могут быть.
Николай выпустил из груди воздух. С облегчением. Спросил тоном заинтересованного репортера:
– А можно будет взглянуть? На игрушку.
– Да конечно, – просто ответил Конрад.
Выйдя из кафе, новоиспеченные коллеги прошли метров двести по неширокой, но многолюдной улице. За это время по обеим сторонам улицы Николай насчитал шесть зданий старинного вида, несомненно памятников архитектуры – храмы, замки. Расспрашивать было неудобно, да и некогда, потому что Конрад в это время посвящал его в тайны гоэсской археологии. Свернув на перекрестке налево, они вошли в первый подъезд первого дома после перехода.
– Осторожней, смотрите под ноги, – предупредил Конрад, и не зря: за старой исцарапанной дверью начиналась очень старая крутая лестница с узкими ступенями. Ступени были обиты линолеумом, который местами напоминал кружево. Поднялись на второй этаж, и Николай ткнулся было в двери, но Конрад сказал: “Выше”, и они продолжили путь. Пройдя всего один лестничный пролет, Конрад остановился, повернулся лицом к стене и толкнул её рукой. К удивлению Николая, в стене образовался прямоугольный проход – оказалось, там тоже была дверь, только металлическая, выкрашенная той же синей краской, что и стены, и потому незаметная. Шагнув за порог, Николай изумился. Он как будто попал в один из отделов ВИГа. Светлый коридор, пластиковые панели, двери на сенсорных элементах, со сканерами… Слышалось гудение многочисленных компьютеров. Конрад свернул направо и крикнул:
– Мефодий! Мы пришли.
Николай заглянул в кабинет. Там были компьютеры. Они стояли в четыре ряда: вдоль двух противоположных стен и по обеим сторонам перегородки, разделявшей помещение пополам. По правую руку, на новеньком столе в форме палитры художника стоял самый большой компьютер, а за столом сидел рыжий человек с усами, бакенбардами и в очках.
– Приветствую! – сказал он. – А я тут вот… примус починяю, знаете ли…
Конрад представил Николая и протянул Мефодию диск.
– Журналист? – переспросил тот. – А я тут на досуге сам статейку написал, надо бы проверить… окинуть профессиональным взором, так сказать. Не соблаговолите? – он протянул листок Николаю.
– Мефодий, человек ненадолго приехал. Ты вот что, – проговорил Конрад, немного смущаясь, – дай запрос…
– Эту статью, – важно сказал Мефодий, перебивая, – написал знаменитый археолог и подающий большие надежды писатель! Она имеет право быть отрецензированной профессионалом!
– Я не очень силен в грамматике, – неуверенно проговорил Карцев, – но, по-моему, после союза “но” не надо ставить запятую без особой необходимости.
– Оставьте мне мои старые добрые заблуждения! – воскликнул Мефодий, принимая оскорбленный вид. И Николай вспомнил… Ваську. Да, своего кота, оставленного в опасной близости от папоротника. Мефодий тоже чем-то забавно напоминал кота, только рыжего. Карцев не смог сдержать улыбки.
– Я прочту, – пообещал он, пряча листок в карман.
– Мефодий, – Конрад решил возобновить недосказанное предложение, – Константин дал добро на идентификацию. А не покажешь находку Николаю?
Мефодий, кряхтя, полез куда-то под стол и извлек небольшую коробку. В ней, в прозрачной пленке лежал пистолет Эриэн.
Николай сглотнул. Ну, вот и всё. Идентификацию они, конечно, проведут, но вряд ли смогут получить вразумительные результаты. И так всё ясно. Растяпы из отдела экипировки не учли, что здесь своя “таблица Менделеева”. Да, но как же тогда… Николай почувствовал, что ему срочно нужно связаться с Марьюшкиным.
Вежливо распрощавшись с археологами, Карцев поспешил в свой гостиничный номер.

* * *

夏の夜に秋の公園を歩いてオレグProshkin。 公園は、気候の状況を着用しているという事実。 В таких парках воссоздавались и поддерживались разные времена года, чтобы каждый отдыхающий мог выбрать по своему вкусу и настроению. Только что звонил из Центра Алексей Марьюшкин с отчетом. У него всё было в порядке. Полянский принял его с распростертыми объятиями, и уже начались приготовления как экспериментально-технической базы для совместных исследований, так и апартаментов для Вероники и Вика. Прошкин, ожидая теперь выхода на связь Николая Карцева, с удовольствием собирал букет ярких разноцветных осенних листьев, вдыхая их крепкий и свежий аромат. Это было его давнишнее детское увлечение. Выйдя на рябиновую аллею и собравшись уже сделать голографический снимок тяжелых коралловых гроздьев, Прошкин заметил краем глаза немую сцену. В конце аллеи стояла группа мужчин и юношей. Это были те самые вольные романтики, с которыми в последнее время сдружился Николай. Олег знал некоторых из них – поэта Монадригеса, художника Медведева, бывшего разведчика Волферта. Остальных он изредка видел в компании с Карцевым, а некоторые были ему незнакомы. А навстречу им, немного впереди Олега, шла Сиа. Она была всё в том же сине-белом платье. С романтиков можно было бы писать жанровую сцену: они совершенно замерли и как натурщики были бы идеальны. Высокий худощавый брюнет улыбался, рыжий мужчина с усами и бакенбардами снял очки и “забыл” их в нагрудном кармане другого мужчины – голубоглазого блондина с трепетным взглядом. У поэта горели глаза. Сиа улыбалась и шла к ним. Олег не мог видеть её улыбки, но он её чувствовал. Сиа приблизилась к романтикам и о чем-то спросила. Они ответили, выходя из оцепенения, она снова что-то сказала… Постепенно они окружили её, и завязалась беседа. В конце концов компания направилась в сторону костра, который всегда разводили романтики, когда собирались вместе на природе. Олег не стал им мешать. К тому же, у него запищал коммуникатор.
– Да, Николай, – сказал он, коснувшись кнопки ответа.
– Олег! – голос Карцева был, по меньшей мере, взволнован. – Срочно дай мне связь с Алексеем!
– А подробнее? – невозмутимо спросил Прошкин, набирая код Марьюшкина.
– Пистолет! – фонтанировал Карцев. – Они нашли пистолет Эриэн!
– Ты задание-то помнишь? – поинтересовался Олег. – Это они или не они? Археологи и романтики, в смысле.
– Да они, они! – отмахнулся Карцев. – Дело не в этом.
Тут наконец откликнулся Алексей и пожелал узнать, какого лешего его отвлекают от праздничного ужина.
– Алексей! – заорал Карцев. – Твой Полянский – прохвост!!
– Объяснись, – попросил Олег. – И не эмоционируй так.
– Гоэсские археологи откопали пистолет Эриэн, который она тогда выбросила в море. Ну, не в море, в воду у берега. Но ведь Полянский сказал, что она повернет ход истории с самого начала, если одержит победу в поединке с Гением! А значит, пистолета там быть не может! В новой истории не было тех событий с партизанами! Значит, Полянский врал!!
– Или заблуждался, – вставил Прошкин.
– Да ну вас, – сказал Алексей. – Обычный артефакт. Бывает. Чего сразу на человека накидываться? Я, конечно, поговорю с профессором на эту тему, но ты, Николай Первый, попридержал бы свою горячность.
– Вот и поговори! И узнай! – всё ещё кипятился Карцев. – Для чего он её туда посылал, если от исхода поединка всё равно ничего не зависело?!
– Но этого не может быть, – сказал Олег. – Ведь мы знаем, каково было положение дел Гоэссии, когда Эриэн отправлялась туда на задание. С тех пор всё кардинально изменилось. Подождите-ка, – Олег увидел, как к нему подъехал маленький робот-курьер со свернутым в трубочку бумажным свитком. Прошкин развернул листок, пробежал его глазами и побледнел.
– Алло! Олег, ты где? – в два голоса вопрошали его друзья.
– Ребята, – сказал Прошкин. – Эриэн в больнице. Травма. Без сознания.
* * *
Гений подошел к распахнутому окну. Тревожная зябкость вечерней непогоды беспокоила нежный серо-синий тюль просторных занавесей. Эриэн внутренне усмехнулась, но усмешку адресовала в большей степени самой себе. Воздух пронизывали матовые лучи голубого и белого света, рассекая черно-серый полумрак на широкие косые пластины, иногда казавшиеся стеклянными. В калейдоскопе призрачных граней звенела всё та же тревога. И ожидание.
– Как случилось… – проговорил Гений, и голос его знакомо резанул, казалось, всю изнанку души всё тем же широким импульсным веером, что и десять – или миллион? – лет назад. – Как случилось, что ты здесь?
Эриэн слегка приблизилась. Он стоял опершись руками о подоконник и нагнув голову вниз. Эриэн боялась даже думать о том, что он там видит. И боялась, что сейчас он обернется и устремит на неё свой наполовину колдовской, наполовину королевский, влажно-бархатный, пронзительный, блестящий взгляд, от которого нет спасения…
Он обернулся. И посмотрел. Сама не замечая движения, Эриэн подходила всё ближе. Ей хотелось – ближе. Но сейчас было ясно, что ранены оба. Гений смотрел с усталой тоской, словно ждал чего-то неотвратимого, словно волен был этого избежать, но сам не хотел. Эриэн… В её взгляде нельзя было ясно прочесть её мысли. А вслух она ничего не говорила.

… Может, она вспоминала первую встречу… Может, оценивала, кем он был для неё… Может, старалась сделать вид, что боль, пережитая из-за него, была ничтожной – ведь это делало её сильнее в собственных глазах. А может, хотела понять, каким стал он сейчас и что скрывается за его внешностью, тоже как будто бы отгороженной от мира тонкой стеклянной оболочкой. Эриэн не подозревала, что сама она сейчас выглядела так же.
Из окна ощутимо подуло. Не только воздухом, но и всей наступающей ночью. Темные пряди Гения всколыхнулись, глаза засияли ярче, и одновременно сильнее проступила в них безнадежность. Или это были волосы и глаза Эриэн? Они по-прежнему были единым целым, исполняя странное предопределение, и с этим ничего нельзя было сделать – что бы они ни чувствовали, куда и к кому бы ни стремились, о чем бы ни помышляли. Только теперь для Эриэн это было досадной тягостью. А для Гения… Он ничего не говорил. Иногда Эриэн казалось: о чем бы она ни рассуждала, он знает её всю лучше, чем она сама. Ведь он один мог свободно заглядывать в её мысли и душу, читая их, словно книжку с крупными буквами и яркими картинками.
Оба понимали, что ничего нельзя вернуть или исправить. И нельзя было стать прежними. Что же тогда не давало уйти, что держало рядом? О том, что думал Гений, ничего нельзя было сказать наверняка. Эриэн же чувствовала, что не все долги ещё были розданы и что в прошлом… да, в прошлом она была отчасти неправа. И несправедлива.
– Прости меня, – сказала она, глядя ему в глаза.

Окончание следует.

コメントを残します

あなたがする必要がありますログインコメントを残して。

によって作成されたフラッシュウィジェット時間イーストヨークの簿記係